花神 (NHK大河ドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
花神 (小説) > 花神 (NHK大河ドラマ)
NHK大河ドラマ > 花神 (NHK大河ドラマ)
花神
ジャンル ドラマ
放送時間 日曜20:00-20:45(45分)
放送期間 1977年1月2日-12月25日(全52回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本放送協会
製作総指揮 成島庸夫
演出 斉藤暁 他
原作 司馬遼太郎
脚本 大野靖子
出演者 中村梅之助
中村雅俊
篠田三郎
米倉斉加年
西田敏行
田中健
大竹しのぶ
秋吉久美子
志垣太郎
尾藤イサオ
東野英心
夏八木勲
岡本信人
大滝秀治
金田龍之介
草笛光子
田村高廣
加賀まりこ
宇野重吉
浅丘ルリ子
高橋英樹
オープニング 林光
テンプレートを表示

花神』(かしん)は、NHK1977年1月2日から12月25日に放送された15作目の大河ドラマ。周防の村医者から倒幕司令官に、明治新政府では兵部大輔にまで登りつめた日本近代軍制の創始者・大村益次郎を中心に、松下村塾吉田松蔭奇兵隊高杉晋作といった、維新回天の原動力となった若者たちを豪快に描いた青春群像劇。

概要[編集]

司馬遼太郎の小説『花神』(主人公:大村益次郎)、『世に棲む日日』(主人公:吉田松陰と高杉晋作)、『十一番目の志士』(主人公:高杉晋作と天堂晋助[1])、『』(主人公:河井継之助)、『酔って候』の「伊達の黒船」(主人公:伊達宗城前原巧山)の五作品を、脚本家大野靖子がドラマ化した。(前記以外にも『燃えよ剣』等の司馬作品からの引用も散見される)

「火吹きダルマ」と称された風貌で、技術者的な無骨さを最後まで崩さない大村益次郎を前進座歌舞伎役者・中村梅之助が演じ、もう一人の主人公とも言うべき高杉晋作を、時代劇初出演の中村雅俊が演じた。梅之助の演技に、原作者の司馬は「梅之助さんは見事に演じきってくれた。演芸史に残る演技だ」「滅多におかしがることのない蔵六も『梅之助氏の演じた蔵六こそ私です』と顔をゆがめるだろう」などと賛辞を送った。

最高視聴率は25.9%、平均視聴率は19.0%と、大河ドラマの中では決して高くないが、後に『新選組!』の脚本を担当した三谷幸喜は、この作品を支持している。

なお、翌1978年の『黄金の日日』以降は、原則として正月三箇日の放送開始を避けるようになった。このこともあってか、年間52回放送は本作を最後に途切れている。

あらすじ[編集]

周防国の村医者の子として育った村田蔵六は、22歳の時蘭学修行のため大阪にある緒方洪庵適塾の門を叩く。持ち前の努力が実を結び、めきめきと頭角を現していった蔵六はやがて塾頭にまで成長。そして多くの人間に惜しまれつつ、修行年限を終えた蔵六は帰郷し、村医者として平穏な日々を過ごそうとしていた。しかしそこへ黒船が来航する。時代は蔵六をただの村医者で終わらせようとはしなかった…。

そして今一人、若い長州人がこの事件に血をたぎらせていた。吉田寅次郎。彼もまた、その後起こる波乱の中に自らの人生を埋めようとしていた。やがてその思想は高杉晋作桂小五郎ら弟子達に受け継がれ、蔵六という技術者と結託し、日本を維新回天の大偉業へと導くのであった…。

出演[編集]

主人公とその家族など[編集]

村田蔵六(大村益次郎)
演:中村梅之助
最下層の百姓の子として生まれたが医術を学ぶため適塾に入る。しかし対人関係を結ぶのが苦手なことで医師として挫折。語学と数学に関して才幹があり技術力を買われて造船技術者、さらに軍人になる。楽しみは豆腐と独酌。適塾の同窓である福沢諭吉は互いに気に入らないがその才覚は認めている。堅苦しい武士の世界にあって物理のみ信じる異色の人物であり、政治家としての西郷隆盛や革命家としての高杉晋作に対しても謙譲の色を見せないため周囲の反感を買う。狂信的な攘夷主義者である神代直人に襲われて重傷を負い、自分を認めてくれた数少ない友人で恋人の楠本イネに見取られながら息を引き取る。
お琴
演:加賀まりこ
蔵六の妻。軽い気鬱の病がある。蔵六が宇和島に行く時もその症状が出たが、最終的には宇和島へ赴くことを認めた。しかし、自らは武家になることを嫌がり、鋳銭司村から出ることを拒んだ。
イネ
演:浅丘ルリ子
楠本イネ。シーボルトの娘で蔵六の愛弟子。父親のことを「山のオランダ人」と思っていたが、実際はドイツ人であることを知り衝撃を受ける。
おたか
演:竹井みどり
イネの娘。
藤村孝益
演:浜村純
蔵六の実父
お梅
演:戸田千代子
蔵六の実母

長州藩[編集]

藩士とその家族たち[編集]

吉田寅次郎
演:篠田三郎
吉田松陰。江戸滞在中に宮部、江幡たちと東北への旅行の約束をする。しかし、藩の重役に過書手形が必要といわれ、発行まで待つように諭されるも他藩の友人たちとの約束を果たすため、脱藩する。その後、ペリー来航の際に下田より門人の金子と共にアメリカ渡航を志すが、今は時期でないと断られ、萩に幽閉される。松下村塾を開き、多くの門下を育てるが、通商条約の締結に反対し、老中間部詮勝を京で待ち伏せすることを企て、野山獄に投ぜられる。その後も伏見要駕策を唱え決起を唱えるが、門下生との間には溝を生じる。その後江戸に送られ安政の大獄で処刑される。
杉百合之助
演:久米明
寅次郎の父。
杉民治
演:小野泰次郎
寅次郎の兄。
お滝
演:津島恵子
寅次郎の母。
桂小五郎→木戸孝允
演:米倉斉加年
寅次郎からは、明倫館の講義を受けたことがあるが、松下村塾の塾生ではない。寅次郎の考え方に理解を示しているが、寅次郎と門人の過激な行動をうまく押さえようとしている。
幾松→木戸松子
演:波乃久里子
京の芸妓であったが、桂小五郎(木戸孝允)の妻となる。
周布政之助
演:田村高廣
伊藤俊輔
演:尾藤イサオ
後の伊藤博文。留学経験があり通訳とされたが、語学力は高くない。かつて寅次郎の元で学んでいた。
井上聞多
演:東野英心
後の井上馨。
久坂義助(玄瑞)
演:志垣太郎
松下村塾の塾生で、晋作と共に寅次郎からその才を評価されている。蛤御門の変で、長州藩としての立場を嘆願する為の上洛が戦争を引き起こしてしまい、多くの仲間を戦死させ、藩を朝敵にしてしまった責任を取り、寺島忠三郎と共に自刃する。
寺島秋介
演:森次晃嗣
寺島忠三郎
演:池田秀一
松下村塾の塾生。蛤御門の変で久坂玄瑞と共に自刃。
入江九一
演:今村民路(現:藤川矢之輔)
蛤御門の変で、久坂玄瑞や寺島忠三郎と共に自刃しようとするが、二人から生きて長州に戻るよう諭されるも、逃げ切れずに戦死。
来島又兵衛
演:石橋雅史
七卿落ちを受け、晋作の制止も聞かず藩兵を率いて強引に上洛を図る。
佐世八十郎
後の前原一誠。
演:江原正士
野々村勘九郎
演:山本昌平
山田市之允
後の山田顕義。
演:武田洋和
野村弥吉
後の井上勝。
演:岩切しげき(現:岩切慶暉)
品川弥二郎
演:荒川太郎
吉田稔麿
演:山口純平
池田屋で新選組の斬り込みを受け死亡。
山尾庸三
演:井上鉄男(現:井上鉄夫)
遠藤謹助
演:島井助国
長嶺内蔵太
演:村上正次
前田孫右衛門
演:渡辺厳
椋梨藤太
演:内田稔
俗論党の首領。俗論と言われても、幕府の長州処分に従う事が藩を守る道だと考えている。
佐世主殿
演:草薙幸二郎
来原良蔵
演:西園寺宏
三宅一蔵
演:斉藤真
粟屋菊絵の許婚。脱藩を図った天堂晋助を斬ろうとして逆に殺害される。
粟屋菊絵
演:范文雀 
許婚・三宅一蔵の仇である天堂晋助を追って新選組を頼る。
尾寺新之丞
演:津田恵一
飯田正伯
演:真田五郎
福原乙之進
演:粟津號
堀真五郎
演:千葉宏
野村和作
演:田辺しげる
国貞直人
演:久世龍之介
高橋熊太郎
演:本田博太郎
根来上総
演:宮城進
毛利登人
演:菅野忠彦
山田宇右衛門
演:小栗一也
第二次長州征伐の際の長州の名目上の責任者。蔵六の立てた作戦に不安を抱き、蔵六から落ち着くように求められる。
山県半蔵
演:三升家勝二(現:三升家小勝 (8代目) )
佐々木男也
演:中村靖之介
高杉晋作
演:中村雅俊
奇兵隊を組織。神道の信者。四国艦隊下関砲撃事件の講和に際して国産み神話を語る。功山寺挙兵では中心人物となり,長州藩内の俗論派を武力で破り,藩論を討幕へと導いた。第二次長州征伐では自ら指揮をとり,小倉などの幕府軍を破った。しかし持病の結核が悪化してその後,死去。葬儀は神式で行われた。
お雅
演:岡江久美子
晋作の妻。
おうの
演:秋吉久美子
晋作の愛妾
高杉小忠太
演:下元勉
晋作の父
お道
演:岩崎加根子
晋作の母
山県狂介
演:西田敏行
後の山県有朋。奇兵隊を留守にすることが多い晋作に代わり、隊の実権を握る。
天堂晋助
演:田中健
十一番目の志士』の主人公で架空の人物。桂小五郎や高杉晋作に武術の腕を見込まれ、京での諜報活動を行う。戊辰戦争にも従軍し函館で戦死。
お里
演:大竹しのぶ
晋助の恋人
白石正一郎
演:瑳川哲朗
奇兵隊の支援者。
時山直八
演:松平健
奇兵隊の参謀。長岡で戦死。原作の登場シーンは少ないが、ドラマの中では重要人物の一人として初期の放送から登場していた。
赤根武人
演:溝口舜亮
奇兵隊の運営方針を巡って、高杉晋作と対立。後に斬首される。
御堀耕助
演:堀勝之祐
先鋒隊隊士
演:森居利明
長州藩士
演:大浜詩郎沖田弘二
キャプテン
演:小沢忠臣(現:小沢象)、久米冬太(現:久米勝也)、山崎一雄
晋作達から軍艦を引き渡すように求められると、幕府に渡すよりはと進んで協力する事を申し入れる。
政事堂役人
演:田村錦人

藩主[編集]

毛利敬親
演:金田龍之介
14代藩主。家臣の進言に「そうせい」と答えることから「そうせい公」と呼ばれていた。
毛利元徳
演:坂東正之助(現:河原崎権十郎 (4代目))
15代藩主。

宮・公家[編集]

中川宮
演:武内亨
三条実美
演:永井秀和
鷹司政通
演:川部修詩
岩倉具視
演:西本裕行
東久世通禧
演:森井睦
四条隆謌
演:坂本由英
三条西季知
演:飛騨昇

将軍・幕閣・幕臣[編集]

徳川慶喜
演:伊藤孝雄
徳川家茂
演:小林芳宏
井伊直弼
演:加地健太郎
板倉勝静
演:稲垣昭三
永井主水
演:中田浩二
小笠原長行
演:真弓田一夫
福地源一郎
演:前田昌明
井戸対馬守
演:金内吉男
池田播磨守
演:久松保夫
安政の大獄時の江戸町奉行。
本庄伊賀守
演:加藤新二
戸川鉾三郎
演:露木護


新選組[編集]

近藤勇
演:竜崎勝
土方歳三
演:長塚京三
沖田総司
演:森田順平
原田左之助
演:十部利春
藤堂平助
演:高橋享
永倉新八
演:畠山善之
新選組隊士
演:佐次和宏森蔵人

諸藩[編集]

越後長岡藩[編集]

河井継之助
演:高橋英樹
攘夷派が多い世にあって異色の開明論者(但し吉田寅次郎とは考えが異なる)。幕府にも新政府にも従わない独自路線をとろうとする。
牧野忠恭
演:有馬昌彦
11代藩主。河井継之助を上席家老に任命し、全権を委ねる。
牧野忠訓
演:中島久之
12代藩主
梛野嘉兵衛
演:垂水悟郎
二見虎三郎
演:松田茂樹
外山寅太
演:松田茂樹
松蔵
演:青山哲也

薩摩藩[編集]

西郷吉之助
演:花柳喜章
後の西郷隆盛。
大久保一蔵
演:高橋長英
後の大久保利通。
海江田信義
演:中丸忠雄
彰義隊討伐の方法を巡って大村益次郎と対立する。この事で益次郎を恨むようになり、京都弾正台となった際、神代直人らに暗殺を教唆する。
中村半次郎
演:速水亮
後の桐野利秋。
寺島徳太郎
演:塚本信夫
後の寺島宗則。

土佐藩[編集]

坂本竜馬
演:夏八木勲
長州と薩摩を同盟させて倒幕の準備を進める一方、幕府開設以来政権を担ってきた徳川家は存続させようと考えていた。
中岡慎太郎
演:横光克彦
岩村精一郎(岩村高俊)
演:伊東平山(現:吾羽七朗)
土方楠左衛門(土方久元)
演:北相馬宏
本山七郎(北添佶摩)
演:三上剛仙
田中顕助(田中光顕)
演:亀谷雅彦
お龍(坂本龍馬の妻)
演:島本須美

宇和島藩[編集]

伊達宗城
演:大木実
宇和島藩8代藩主。蔵六と嘉蔵に砲台と蒸気船を造ることを命じる。
松根図書
演:庄司永建
宇和島藩家老。蒸気船が動いて喜んでいると、「船が動くのは当たり前です。動かない方が驚きです。当たり前にするのが技術というものです。」とたしなめられた。
嘉蔵(前原巧山)
演:愛川欽也
宇和島城下の貧しい提灯貼り替え職人であったが、器用さを代われ蒸気船を造ることになる。

佐賀藩[編集]

大隈八太郎(大隈重信)
演:久富惟晴
中牟田倉之助
演:原康義

熊本藩[編集]

宮部鼎蔵
演:高橋悦史
吉田松陰と親交を結び、共に東北地方を遊学する。池田屋で新選組の斬り込みを受け、自刃。

南部藩[編集]

江幡五郎(那珂通高)
演:三ツ木清隆
吉田松陰と親交を結び、共に東北地方を遊学する。

桑名藩[編集]

立見鑑三郎
演:吉田豊明

学者・塾生・医者[編集]

緒方洪庵
演:宇野重吉
緒方八重
演:阪口美奈子
洪庵の妻。
緒方惟準
演:小林勝也
二宮敬作
演:大滝秀治
佐久間象山
演:南原宏治
石井宗謙
演:小松方正
福澤諭吉
演:入川保則
小林寅三郎(洪庵の門弟)
演:伊武雅刀
金子重之助
演:岡本信人
寅次郎の門弟で、下田からアメリカ渡航を志すが、失敗する。江戸の牢にいる時から病となり、萩の獄で獄死する。
金子の母
演:森康子
小山良庵
演:寺尾聰
東条英庵
演:森塚敏
小寺陶平
演:中井啓輔
吉富音之助
演:小野武彦
三瀬周三
演:鵜沢秀行
山田善次郎
演:北村晃一
塾頭
演:南治

外国人[編集]

アーネスト・サトー
演:ケン・フランケル
マシュー・ペリー
演:フレッド・ボサート
グラバー
演:ディーン・テイラー
ジェームズ・ヘボン
演:ブライアン・ヘジャー
エドワード・スネル
演:ジェリー伊藤
アラン・クーパー
演:ジェイソン・フェラー
ウィリアムズ
演:エリック・ガンター
ガール
演:E・H・エリック
ラウダー
演:クリスチャン・ハス
ボードウィン
演:トーマス・スティール

その他[編集]

沼崎吉五郎
演:草野大悟
伝馬町の牢名主。吉田寅次郎から処刑の直前に遺書でもある「留魂録」を長州の門人たちに託される。
安達幸之助
演:山本紀彦
平太郎
演:小島三児
田原七左衛門
演:日恵野晃
山田浅右衛門
演:北島和男
新右衛門
演:前沢迪雄
演:斎藤友子(現・斉藤とも子)
松陰の妹で久坂の妻。
野村望東尼
演:草笛光子
安田多膳
 演:戸沢佑介
楠本瀧(イネの母)
演:月丘夢路
神代直人
演:石橋蓮司
三瀬高子
演:石井尚美竹井みどり
竹院(寅次郎の伯父)
演:志村喬
千斎
演:河原崎国太郎
天堂義助
演:天本英世
紅屋木助
演:橋爪功
岡崎恭助
演:河原裕昌(現・河原さぶ)
鳥山新三郎
演:勝部演之
団伸二郎
演:浜田晃
伊豆倉貞次郎
演:島田順司
横浜の貿易商人。
甚助
演:小鹿番
菊ヶ浜
演:石堂淑朗
吉村清子
演:白石幸子
山本半弥
演:北島和男
永井金三郎
演:國井正弘
松野孫八郎
演:八木秀司
橋役人
演:山野史人
遊女
演:金子幸枝
幕吏
演:大矢謙臣
人夫
演:富永高敏
獄卒
演:曳地伸之
僧侶
演:坂田金太郎
紙屋の亭主
演:二見忠男
町人
演:松島真一
桶久の主人
演:照内敏晴
女中
演:小林テル
船頭
演:中村武巳
末社
演:須永庸夫
芸者
演:高野知子峰田智代五十嵐九三子福山祐子佐々木友子
三味線
演:豊藤美豊藤京
壷振り
演:松崎真
おさん
演:ふくまつみ
その他
演:草村礼子奥村公延西村知道渡部猛大塚周夫加藤正之矢崎滋桑山正一江幡高志大竹まこと久保晶谷津勲金井大依田英助

スタッフ[編集]

オープニング[編集]

林光が作曲した舟歌風(8分の6拍子)のテーマ音楽[2]。映像は海の上空の雲の中から太陽の方角を色々な角度で撮影したものである。

放送[編集]

放送回 放送日 演出
第1回 1977年1月2日 三条木屋町
第2回 1977年1月9日 旅行けば
第3回 1977年1月16日 寅次郎脱藩
第4回 1977年1月23日 ペリーが来た
第5回 1977年1月30日 黒船を作れ
第6回 1977年2月6日 長崎の女
第7回 1977年2月13日 遙かなりアメリカ
第8回 1977年2月20日 わが師わが弟子
第9回 1977年2月27日 イネの恋
第10回 1977年3月6日 萩の乱暴者
第11回 1977年3月13日 討幕幻想
第12回 1977年3月20日 ほととぎす
第13回 1977年3月27日 春夏秋冬
第14回 1977年4月3日 あとを継ぐもの
第15回 1977年4月10日 長州へ参る
第16回 1977年4月17日 万延元年の男たち
第17回 1977年4月24日 妻を愛す
第18回 1977年5月1日 逆さひょうたん
第19回 1977年5月8日 上海みやげ 斎藤暁
第20回 1977年5月15日 夷人館燃ゆ
第21回 1977年5月22日 秘密留学生
第22回 1977年5月29日 にわか坊主
第23回 1977年6月5日 馬関海峡波高し
第24回 1977年6月12日 奇兵隊
第25回 1977年6月19日 江戸に別れを
第26回 1977年6月26日 火ふきだるま
第27回 1977年7月3日 京あらし
第28回 1977年7月10日 たった一人の長州藩
第29回 1977年7月17日 馬関攘夷戦争
第30回 1977年7月24日 三人党
第31回 1977年7月31日 月明功山寺
第32回 1977年8月7日 霧の絵堂
第33回 1977年8月14日 消えた小五郎
第34回 1977年8月21日 蔵六上海へ
第35回 1977年8月28日 人斬り往来
第36回 1977年9月4日 益次郎誕生
第37回 1977年9月11日 亀山社中
第38回 1977年9月18日 おたずね者蔵六
第39回 1977年9月25日 周防の人々
第40回 1977年10月2日 三兵塾
第41回 1977年10月9日 百姓大将
第42回 1977年10月16日 四境の敵
第43回 1977年10月23日 晋作の死
第44回 1977年10月30日 風雲に賭ける
第45回 1977年11月6日 鳥羽伏見の戦い
第46回 1977年11月13日 京の軍務官
第47回 1977年11月20日 徳川の城
第48回 1977年11月27日 決戦前夜
第49回 1977年12月4日 彰義隊
第50回 1977年12月11日 最後の武士
第51回 1977年12月18日 暗殺者
最終回 1977年12月25日 世に棲む日日

総集編[編集]

放送回 放送日 時間
第一回 1978年3月18日 革命幻想 120分
第二回 1978年3月24日 攘夷の嵐 90分
第三回 1978年3月25日 崩れゆく長州 90分
第四回 1978年3月31日 徳川を討て 90分
最終回 1978年4月1日 維新回天 120分

前年までは総集編は前後編二部構成が通例だったが、内容的に盛りだくさんの今作では纏めきれないという判断もあってか、初めて五回に渡る総集編となり以後数年は五部構成の総集編が通例となっていく[3]。なお現在までで総集編としての尺数は今作が最長である。

関連商品[編集]

  • 総集編: 4枚組 (DVD)

映像の現存状況[編集]

NHKには総集編と第19回「上海みやげ」の現存が判明しており、時代劇専門チャンネル「大河ドラマアーカイブス」において第19回を2009年4月に放送した。しかし、近年になって、1976年放送の『風と雲と虹と』が2インチVTRのままNHKの倉庫の奥深くから発見されたこともあり、全編を収録したテープがNHKのどこかに存在する可能性も否定できない。

また、本作が放映された1977年は、既に普及型家庭用ビデオデッキが発売されており、一般視聴者が録画した映像を今日まで保管している可能性が見込めるため、NHKアーカイブスでは本作の映像提供をサイト上で呼びかけている[4]ほか、2009年11月22日放送の『三つのたまご』でも同様の告知がなされた。

脚注[編集]

  1. ^ 架空の人物。
  2. ^ 現存する総集編第1回冒頭では原作の記述を脚色した「一人の男がいる・・・」から始まるナレーションの後にテーマ曲が始まる構成となっている。このナレーションは総集編第2〜5回の冒頭では流れない上に、同じく現存する本編第19回冒頭でも使われていない事から、本編第1回のみの特別バージョンもしくは時間調整の為に何度か使われた可能性も考えられる。これは翌年の「黄金の日日」のオープニングでもしばしば使われた手法である。
  3. ^ 翌1978年の「黄金の日日」〜1981年の「おんな太閤記」までは五部構成。
  4. ^ 番外編「お宝発掘キャンペーン」第2弾募集のお知らせ”. お宝発見ニュース. NHKアーカイブス. 2013年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月閲覧。

外部リンク[編集]

NHK 大河ドラマ
前番組 番組名 次番組
花神