春の波涛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
春の波涛
ジャンル ドラマ
放送時間 日曜20:00-20:45(45分)
放送期間 1985年1月6日-12月15日(全50回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本放送協会
製作総指揮 松尾武
演出 清水満 他
原作 杉本苑子
脚本 中島丈博
出演者 松坂慶子
中村雅俊
風間杜夫
檀ふみ
柴俊夫
藤岡弘
村上弘明
小林薫
かたせ梨乃
東てる美
春川ますみ
岸部シロー
尾藤イサオ
ケーシー高峰
山本學
山口崇
小川知子
名取裕子
滝田栄
江波杏子
米倉斉加年
伊丹十三
淡島千景
小林桂樹
ナレーター 柳井恒夫
オープニング 佐藤勝
テンプレートを表示

春の波涛』(はるのはとう)は、NHK1985年1月6日から12月15日に放送した23作目の大河ドラマ。全50回。

概要[編集]

中島丈博の脚本で、原作は杉本苑子の小説『冥府回廊』『マダム貞奴』。「近現代三部作」の第2弾である。日本の女優第一号である川上貞奴を中心にした群像劇で、明治・大正期を文化や世相からとらえた意欲作である。貞奴の夫である川上音二郎福澤諭吉の娘婿で「電力王」の異名をとり、貞とのロマンスでも知られる福澤桃介、芸者時代に貞を水揚げした伊藤博文など幅広いキャラクターが登場したが、視聴率では低迷した。平均視聴率は18.2%、最高視聴率は24.7%[1]

2013年に『八重の桜』が放送を開始するまでは、昭和期まで生きた実在人物を主人公とした唯一の大河ドラマ作品であった。また、明治以降生まれの実在人物が主人公になった作品としては現在も唯一の作品でもある(『八重の桜』の主人公である新島八重1845年生まれ)。ただし、主人公の最期まで描かれているわけではなく、大正時代の描写で終わっている(貞奴が亡くなったのは1946年)。

涛の字は本来は「濤」である。まれに濤の字を用いていることがある。

山口玲子に著作権侵害を訴えられたことから、「春の波濤」事件という著作権裁判で問題となった作品だが、NHKが勝訴しているので再放送及びDVD化が望まれていた。2007年11月からホームドラマチャンネルで放送され、2012年11月よりNHKオンデマンドで総集編の配信が始まった。 また、2017年2月24日に完全版、総集編DVDが発売される。

スタッフ[編集]

  • 原作:杉本苑子(「冥府回廊」「マダム貞奴」より)
  • 脚本:中島丈博
  • 音楽:佐藤勝
  • 演奏:東京アート・ビューロー
  • テーマ音楽演奏:NHK交響楽団
  • テーマ音楽指揮:尾高忠明
  • 時代考証:尾崎秀樹
  • 風俗考証:中田幸平
  • 衣装考証:小泉清子
  • 舞台指導:松本克平、乾譲
  • 振付:藤間康嗣
  • タイトル文字:望月美佐
  • 語り手:柳井恒夫アナウンサー
  • 方言指導:大原穣子、池田成志渡部猛
  • 擬斗:新実
  • 茶道指導:西原暉子
  • 英語指導:松浦邦子
  • 仏語指導:渡邊佳子
  • ダンス指導:石原市三
  • ヘラヘラ踊り指導:尾石季世子
  • 踊り指導:藤間伊佐舞
  • 三味線指導:杵屋勝国
  • 邦楽演奏:杵屋勝一佳、杵屋勝佳恵、杵屋勝静香、杵屋久美子、福原徹彦、鳳声美智子、望月博美、望月すみ子、望月直子
  • 資料提供:戸板康二倉田喜弘、川上富司、福澤直美、御荘金吾牧村史陽コレクション早稲田大学演劇博物館慶應義塾福澤研究センター博物館明治村
  • 制作:松尾武
  • 美術:鯛正之輔、足立正美、宮井市太郎、太田礼二
  • 技術:佐藤孝、大沼伸吉、石川泰宏、堀井貞治
  • 効果:村田幸治、浜口淳二、久保光男
  • 照明:五十嵐義行、布野俊明
  • カメラ:後藤忠、三浦国男
  • 音声:平野公一、近藤直光、小林健一
  • 記録・編集:高村晃三郎、東浦弥生
  • 演出:清水満、田中賢二、竹本稔、松本守正、一柳邦久、末松緑朗

キャスト[編集]

放送[編集]

放送回 放送日 演出
第1回 1月6日 自由は死せず 清水満
第2回 1月13日 馬上の女 田中賢二
第3回 1月20日 遊戯会 竹本稔
第4回 1月27日 母と子と 松本守正
第5回 2月3日 獄のうちそと 清水満
第6回 2月10日 養子縁組 田中賢二
第7回 2月17日 小奴狂乱 竹本稔
第8回 2月24日 門出の宴 松本守正
第9回 3月3日 孤独な日々 清水満
第10回 3月10日 オッペケペー 田中賢二
第11回 3月17日 めぐり逢い 竹本稔
第12回 3月24日 川上一座旗揚げ 松本守正
第13回 3月31日 小田原の夜 田中賢二
第14回 4月7日 東京初公演 竹本稔
第15回 4月14日 もんちゃく続き 松本守正
第16回 4月21日 女ごころ 田中賢二
第17回 4月28日 自由民権のゆくえ 清水満
第18回 5月5日 華燭
第19回 5月12日 壮絶快絶 田中賢二
第20回 5月19日 思惑ちがい
第21回 5月26日 日本一!音二郎 松本守正
第22回 6月2日 華麗なる幕開け
第23回 6月9日 危うし!川上座
第24回 6月16日 好きも嫌いも 清水満
第25回 6月23日 音二郎錯乱
第26回 6月30日 日本丸出航 竹本稔
第27回 7月7日 おお、サンフランシスコ
第28回 7月14日 アメリカ御難日記 田中賢二
第29回 7月21日 女優誕生
第30回 7月28日 洋行中の悲劇 清水満
第31回 8月4日 パリで切腹
第32回 8月11日 母と子の別れ 松本守正
第33回 8月18日 巨星堕つとも
第34回 8月25日 揺らぐ心
第35回 9月1日 女優第一号 竹本稔
第36回 9月8日 吹きすさぶ嵐 一柳邦久
第37回 9月15日 女優学校は… 田中賢二
第38回 9月22日 ふるさとの山河は遠く
第39回 9月29日 その名は須磨子 清水満
第40回 10月6日 ただ独り立てる者 松本守正
第41回 10月13日 幕が下りて
第42回 10月20日 女の戦い 清水満
第43回 10月27日 川上一座解散 末松緑朗
第44回 11月3日 醜聞 田中賢二
第45回 11月10日 桃介座
第46回 11月17日 カチューシャの唄 一柳邦久
第47回 11月24日 女の中の夜叉 清水満
第48回 12月1日 抱月、逝く 松本守正
第49回 12月8日 愛のわかれ路 田中賢二
最終回 12月15日 波路も遠く 清水満

総集編[編集]

  • 前編
  • 後編

放送日はともに12月22日

ソフトウェア[編集]

2017年2月24日、完全版、総集編DVDが発売された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ビデオリサーチ NHK大河ドラマ 過去の視聴率データ

外部リンク[編集]

NHK 大河ドラマ
前番組 番組名 次番組
春の波涛