金内喜久夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かねうち きくお
金内 喜久夫
本名 金内 喜久夫
生年月日 (1933-01-29) 1933年1月29日(86歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県
身長 170cm
職業 俳優声優
ジャンル テレビドラマ映画・吹き替え・舞台
所属劇団 文学座
受賞
1975年 十三夜会奨励賞
1985年 十三夜会助演賞
2008年 第43回 紀伊國屋演劇賞 個人賞

金内 喜久夫(かねうち きくお、1933年1月29日[1][2] - )は、日本の俳優[1]声優[2]。本名は同じ[3]福岡県出身[1][4]。身長170cm[1][4]文学座所属[4]

経歴[編集]

1963年に文学座研究所へ入所し、1967年に座員に昇格[4]

受賞歴[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ラジオドラマ[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

CM[編集]

  • Canon EF LENS「月の歌人」篇

舞台[編集]

1965年

  • 初舞台『花咲くチェリー』(文学座本公演)都市センターホール

1972年

  • 『飢餓海峡』(本公演)東横劇場

1973年

  • 『熱海殺人事件』(文学座アトリエ公演)

1975年

  • 『五番町夕霧楼』(本公演)東横劇場

1976年

  • 『夢・桃中牛右衛門の』(本公演)東横劇場
  • 『ハムレット』(本公演)パルコ西武劇場

1982年

  • 『黄昏のメルヘン』(本公演)紀伊國屋ホール

1984年

  • 『ジェルソミーナ』(本公演)パルコ西武劇場

1985年

  • 『芝居―月もおぼろに―』(本公演)三越劇場

1988年

  • 『藪原検校』(地人会)紀伊國屋ホール

1992年

  • 『一人芝居 中村岩五郎』(地人会)紀伊國屋ホール
  • 『マイ チルドレン! マイ アフリカ!』(アトリエ)

1997年

  • 『夜明け前』新国立劇場

2002年

  • 『月夜の道化師』(本公演)紀伊國屋ホール
  • 『ビギン・ザ・ビギン』(東宝)帝国劇場

2004年

  • 『千年の三人姉妹』天王洲アートスフィア

2005年

  • 『コミュニケーションズ』新国立劇場

2006年

  • 『飢餓海峡』(地人会)紀伊國屋ホール

2007年

  • 『雪まろげ』(フジテレビ)帝国劇場
  • 『フェイドラの恋』(シアターX)
  • 『錦秋演舞場祭り・夜の部』(松竹)新橋演舞場

2008年

  • 『長崎ぶらぶら節』(本公演)東京芸術劇場
  • 『城塞』(リーディング)シアタートラム
  • 『真実のゆくえ』俳優座劇場
  • 『夜と星と風の物語』シアター1010
  • 『舞台は夢〜イリュージョン・コミック〜』新国立劇場

2009年

  • 『ヘンリー六世』新国立劇場

2010年

  • 『麦の穂の揺れる穂先に』(本公演)紀伊国屋サザンシアター
  • 『1960年のメロス』(unks)サイスタジオコモネ
  • 『ダーウィンの城』(アトリエ)

2011年

  • 『月にぬれた手』(舞台芸術学院)東京芸術劇場小ホール2
  • 『にもかかわらずドン・キホーテ』(アトリエ)
  • 『連結の子』(本公演)吉祥寺シアター
  • 『欲望という名の電車』(青年座交流プロジェクト)世田谷パブリックシアター、キラリ☆ふじみ

2012年

  • 『雪やこんこん』(こまつ座)紀伊国屋サザンシアター

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 金内喜久夫”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年5月25日閲覧。
  2. ^ a b 『日本音声製作者名鑑2007』小学館、2007年3月25日、35頁。ISBN 978-4-09-526302-1
  3. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年8月10日、411頁。ISBN 4-415-00878-X
  4. ^ a b c d e f 金内喜久夫”. 文学座. 2017年5月25日閲覧。
  5. ^ 第43回紀伊國屋演劇賞について”. 新国立劇場 (2008年12月22日). 2017年5月25日閲覧。
  6. ^ 紀伊國屋演劇賞”. 紀伊國屋. 2017年5月25日閲覧。
  7. ^ エブ★ラジ 〜夜の連続スマホ小説〜”. E★エブリスタ. 2014年11月7日閲覧。

外部リンク[編集]