男たちの旅路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

男たちの旅路』(おとこたちのたびじ)は、1976年2月から1982年2月までNHKにて放映されたテレビドラマ。全13話。

概要[編集]

1975年から放送が開始されたNHK総合テレビ「土曜ドラマ」シリーズの第三弾として始まった。ガードマンという仕事を題材にして、さまざまな場面での人間の価値観、信念というものを描いている。戦争を実際に体験した世代と戦後生まれ世代との価値観の違いに対する戦中派の強い憤りがドラマ制作の大きな原動力となっている。また、実際に戦争の惨禍を体験した世代で、自身も特攻機の整備士であった鶴田浩二が主人公に選ばれている。鶴田は一度はこの仕事の依頼を断ったが、山田太一との面会をプロデューサーに求め、山田に特攻崩れとしての自分の経験・思いを脚本に投影するよう求めた。出来上がった脚本を見て、鶴田はこの仕事の依頼を快諾した。当時、鶴田とNHKは絶縁状態にあったが、本作への出演を機に再びNHKの番組に出演する様になった。また山田脚本のドラマにも頻繁に出演し、遺作も山田太一脚本のNHK総合テレビの『ドラマ人間模様シャツの店』であった。

シルバー世代の寂しさを扱った「シルバー・シート(第3部)」と身体障害者の問題を真正面から捉えた「車輪の一歩(第4部)」は特に評価が高く、繰り返し再放送がされている。この「シルバー・シート(第3部)」は1977年度の芸術祭大賞を受賞している。

1978年7月に、日本コロムビアがLP「男たちの旅路 オリジナルサウンドトラック」(ミッキー吉野グループ)を発売。2008年にリマスターされ、紙ジャケCDとして復刻された。

2003年5月3日から11月15日まで、NHK BS2BS思い出館」にて再放送された他、2014年1月5日から3月2日までBSプレミアムにて再放送される。

あらすじ[編集]

世代も背景も異なる警備会社の社員たちが、仕事の中から拾い出した疑問に対し真面目に向き合う姿を描く。主人公の吉岡司令補(鶴田浩二)は特攻隊の生き残りであり、戦争はどこから始まったのか疑問を持ち続けて生きる彼を中心に杉本(水谷豊)、島津(桃井かおり)、鮫島(柴俊夫)、柴田(森田健作)が時に激しくやり合いながら出口を探す道筋が語られる。

若者たちは様々な観点から問題を検討するが苦しむ側へのやさしさに流れてしまう若者に対して、吉岡は常に他人を受け入れることが難しい点と、だからこそ何を弱者に求めるのか、弱者とは何かを指摘しつづけ両者の葛藤が繰り返し描かれていく。最初に提示された問題が弁証法的に説明された結果、更に大きな問題が浮き彫りになったところで一話形式の物語が閉じられる。

車輪の一歩[編集]

脊髄損傷による身体障害者(車椅子)の女性(斎藤とも子)は母親の監視の元、自由に外に出ることが出来ない。そこに同じく身体障害者(車椅子)の男性6人が女性に対して「外に出よう」と誘いかける。女性はためらいつつも一緒に外に出る。が、平面交差の踏み切りで車椅子が線路の隙間に嵌ってしまい抜け出せなくなる。遮断機が降り、すんでのところで女性は健常者に救出されるが、帰宅途中に失禁してしまう(脊髄損傷による尿失禁)。

母親は誘った男性たちを責め、主人公(京本政樹古尾谷雅人)たちは母親にわびる。母親は、もうそっとしておいてくれ、とつっぱねる。女性は「母に逆らいたくないわ」と言うが主人公は「君はそれでいいの?」と問いかける。女性は決意し、ある朝ついに皆の見守る中、駅に行き「誰か私を(階段の上まで)上げてください」と助けを求める。

一方、車椅子生活の若い男性(斎藤洋介)は、親公認でトルコ風呂(当時の呼称)に行くが、車椅子ゆえに入店すらできず屈辱感にまみれることになる。

感動的なラストシーンでゴダイゴの4枚目のアルバム「OUR DECADE」に収録されている「THE SUN IS SETTING ON THE WEST」という曲が効果的に使われている。

レギュラー出演者[編集]

  • 吉岡晋太郎 - 鶴田浩二
  • 杉本陽平 - 水谷豊(第4部第1話まで出演)
    一見不真面目で口調も乱暴なため、特攻隊員であった吉岡のみならず年が近い同僚と対立することも多い。しかし、的を射た発言をすることが多いこともあって、心底周囲から嫌われているわけではない。ムードメーカーになることも多い。行方不明となっていた吉岡を警備会社へ連れ戻した後、手紙を残して姿を消してしまう。
  • 島津悦子 - 桃井かおり(第3部まで出演、第4部第1話に回想シーンで出演)
    自殺の名所になってしまった非常階段を警備している時、自殺しに来た。結局、吉岡に止められて未遂に終わるが、これがきっかけで彼女はこの会社のガードマンに就職する。
    吉岡とは対立することも多かったが、次第に一定の親近感を持つようになり、それは恋心へと変わっていった。しかし、不治の病で命を落とす。
  • 浜宮聖子 - 五十嵐淳子(第1部・第2部に出演)
  • 田中先任長 - 金井大
  • 柴田竜夫 - 森田健作(第1部のみ出演・第1部での主人公)
  • 竜夫の母 - 久我美子(第1部のみ出演)
  • 斎藤司令補 - 中条静夫(第1部のみ出演)
  • 後藤士長 - 前田吟(第1部のみ出演)
  • 沢新子 - 木村有里(第1部のみ出演)
  • 鮫島壮十郎 - 柴俊夫(第2部から出演)
  • 小田社長 - 池部良(第2部から出演)
  • 大沢司令補 - 橋爪功(第2部から出演)
  • 尾島清次 - 清水健太郎(第4部から出演)
  • 尾島信子 - 岸本加世子(第4部から出演)

スタッフ[編集]

放映リスト[編集]

話数 サブタイトル 放映日
※括弧内はBSプレミアムでの放送日
主なゲスト出演者 視聴率[1]
第1部
第1話 非常階段 1976年2月28日
(2014年1月5日)
第2話 路面電車 1976年3月6日
(2014年1月12日)
岡崎昌子(結城美栄子)、スーパー支店長(庄司永建
第3話 猟銃 1976年3月13日
(2014年1月19日)
荒木(石田信之)、益田(丹古母鬼馬二)、本山警備士(梅津栄)、秋田警備士(頭師佳孝
第2部
第1話 廃車置場 1977年2月5日
(2014年1月26日)
第2話 冬の樹 1977年2月12日
(2014年2月2日)
平山修一(滝田裕介)、平山京子(川口敦子)、平山美子(竹井みどり)、袴田(大江徹)、マスター(草野大悟)、ロックグループ(ゴダイゴ
第3話 釧路まで 1977年2月19日
(2014年2月9日)
上田船長(田崎潤)、三浦(長塚京三)、船客(益富信孝)、船客(津嘉山正種
第3部
第1話 シルバー・シート 1977年11月12日
(2014年2月16日)
本木(志村喬)、門前(笠智衆)、辻本(加藤嘉)、須田(藤原釜足)、曽根(殿山泰司)、高田院長(佐々木孝丸)、老婆(新村礼子)、警備士(鶴田忍 20.4%
第2話 墓場の島 1977年11月26日
(2014年2月23日)
戸部竜作(根津甚八)、和泉敬吾(高松英郎)、歌手(キャンディーズ 15.1%
第3話 別離 1977年12月3日
(2014年3月2日)
板橋司令補(草薙幸二郎)、島津宮子(今井和子)、宮子の男(及川ヒロオ 15.9%
第4部
第1話 流氷 1979年11月10日
女学生(谷川みゆき)、女学生(植木絵津子)、旅館のおばさん(滝奈保栄)、清次の父(上田忠好)、清次の母(田中筆子 15.3%
第2話 影の領域 1979年11月17日
磯田順一(梅宮辰夫)、横沢(小鹿番 10.2%
第3話 車輪の一歩 1979年11月24日
川島敏夫(斎藤洋介)、前原良子(斉藤とも子)、藤田繁雄(京本政樹)、浦野一郎(古尾谷雅人)、吉沢竜太(見城貴信)、日比野淳一(水上功治)、阿川光夫(村尾幸三)、前原治子(良子の母)(赤木春恵)、川島の父(井上和行)、川島の母(青木和子)、不動産屋(江角英明絵沢萌子 11.8%
スペシャル 戦場は遥かになりて 1982年2月13日
今井達子(真行寺君枝)、森本直人(本間優二)、矢川(近石真介)、恭子(中原理恵)、森本光一(ハナ肇 16.7%

DVD[編集]

  • 2002年にNHKソフトウェアより、全話DVD化されている(正規レンタル盤あり)。

脚注[編集]

  1. ^ 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ。

外部リンク[編集]