OUR DECADE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
OUR DECADE
ゴダイゴスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
レーベル 日本コロムビア
ゴダイゴ 年表
西遊記
(1978年)
OUR DECADE
1979年
MAGIC CAPSULE
(1980年)
テンプレートを表示

OUR DECADEアワー・ディケイド)とは、1979年6月25日日本コロムビアより発売されたゴダイゴの4枚目のアルバムである。

概要[編集]

  • サブ・タイトルは「70年代-僕たちの時代」。
  • LPでは1〜8がA面、9〜15がB面である。
  • ライナー・ノーツ(歌詞カード)には奈良橋陽子による解説が英語で書かれている。日本語による訳詞も書かれており、訳詞は山本安見が担当している。
  • 歌詞は全詞英語で、こちらの訳詞も山本安見が担当している。
  • アルバム発売に先立ち、『はるかな旅へ(c/w:トライ・トゥ・ウェイク・アップ・トゥ・ア・モーニング)』がシングル・カットされている。
  • 収録曲の「THE SUN IS SETTING ON THE WEST」は山田太一の脚本によるNHK土曜ドラマ男たちの旅路」の第4部の第3話として放送された「車輪の一歩」という回の感動的なエンディングシーンで使われていた曲としても知られている。

収録曲[編集]

  1. PROGRESS AND HARMONY(プログレス・アンド・ハーモニー)
  2. EASY RIDER(イージー・ライダー)
    • 作詞:奈良橋陽子 作曲:タケカワユキヒデ 編曲:ミッキー吉野
  3. SHOCK, SHOCK, SHOCK(ショック、ショック、ショック)
    • 作詞:奈良橋陽子 作曲:タケカワユキヒデ 編曲:ミッキー吉野
  4. TRY TO WAKE UP TO A MORNING(トライ・トゥ・ウェイク・アップ・トゥ・ア・モーニング)
    • 作詞:奈良橋陽子 作曲・編曲:ミッキー吉野
  5. CLOSE-UPS(クロス・アップ)
    • 作詞:奈良橋陽子 作曲・編曲:ミッキー吉野
  6. DEEP RED(ディープ・レッド)
    • 作詞:奈良橋陽子 作曲・編曲:ミッキー吉野
  7. PURPLE POISON(パープル・ポイズン)
    • 作詞:奈良橋陽子 作曲・編曲:ミッキー吉野
  8. LIGHTING MAN(ライティング・マン)
    • 作詞:奈良橋陽子 作曲・編曲:ミッキー吉野
  9. A BORING DAY (UP THE MOON)(ア・ボーリング・デイ (アップ・オン・ザ・ムーン))
    • 作詞:奈良橋陽子 作曲・編曲:ミッキー吉野
  10. IMITATION(イミテーション)
    • 作詞:奈良橋陽子 作曲:タケカワユキヒデ 編曲:ミッキー吉野
  11. THE SUN IS SETTING ON THE WEST(ザ・サン・イズ・セッティング・オン・ザ・ウエスト)
    • 作詞:奈良橋陽子 作曲:タケカワユキヒデ 編曲:ミッキー吉野
  12. THE DRAGON'S COME ALIVE(ザ・ドラゴンズ・カム・アライヴ)
    • 作詞:奈良橋陽子 作曲:タケカワユキヒデ 編曲:ミッキー吉野
  13. WHERE'LL WE GO FROM NOW(はるかな旅へ)
    • 作詞:奈良橋陽子 作曲:タケカワユキヒデ 編曲:ミッキー吉野
      • この曲には、『「アバランチ・エクスプレス」愛のテーマ』という別名がある。
  14. PROMISE AT DAWN(プロミス・アット・ドーン)
    • 作詞:奈良橋陽子 作曲:タケカワユキヒデ 編曲:ミッキー吉野
  15. REFRAIN OF PROGRESS AND HARMONY(リフレイン・オヴ・プログレス・アンド・ハーモニー)
    • 作詞:奈良橋陽子 作曲:タケカワユキヒデ 編曲:ミッキー吉野

関連項目[編集]