原田裕臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
原田 裕臣
生誕 (1944-02-14) 1944年2月14日(74歳)
出身地 日本の旗神奈川県川崎市
ジャンル ロック
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムス
共同作業者 ミッキー・カーチス
沢田研二
井上尭之
山内テツ
ミッキー吉野

原田 裕臣(はらだ ゆうじん 1944年2月14日 - )[1]は、日本のドラマー

概要[編集]

セッション・ドラマー、あるいは幾つかのバンドのメンバーとして活動している。

1962年、菅野邦彦トリオでデビュー。1970年からミッキーカーチス&サムライのメンバーとして活動。ミッキー・カーチスがプロデュースを担当したガロのファーストアルバム及びセカンドアルバムにドラマーとして参加。同アルバムからシングル・カットされ、オリコンでシングルチャート7週連続1位を獲得した学生街の喫茶店も原田がドラムスを担当した。

その後、PYG及び井上尭之バンドを経て、1975年にミッキー吉野グループに参加。同グループは、同年にタケカワユキヒデが加入しゴダイゴとなるが、ファースト・アルバム『新創世紀』のレコーディング中に脱退(ただし、『新創世紀』収録曲のほとんどで原田の演奏を聞くことができる)。

その後、萩原健一沢田研二の曲のバック演奏の他、大野克夫による「太陽にほえろ!」など、多くのレコーディングに参加した。

脚注[編集]

  1. ^ ガロのセカンドアルバムなど一部の参加作品では原田祐臣と記述されている。