ジョニー野村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジョニー野村(ジョニー のむら、1945年11月4日 - )は、日本プロデューサー、音楽出版関係の人物である。本名・野村威温。名の威温(Ion)はルーマニア語ヨハネを意味し、英語のJohn (愛称Johnny)に相当する。ゴダイゴのプロデュース、作詞家演出家奈良橋陽子の元夫として有名。長男は俳優の野村祐人、長女は女優・演出家米倉リエナ。妹が1人いる。

父親は元ブカレスト駐在武官野村三郎、母親は野村タチアーナ(ルーマニアに亡命してきたロシア人)。ブカレスト生まれ。1947年に日本に移住。

ルーマニアからシベリア鉄道を通って日本にやってきた母親のエピソードが、2007年3月13日放送の奥さまは外国人で紹介された。

来歴・人物[編集]

横浜セント・ジョセフ・スクールに通い、バンドをいくつか結成し、米軍キャンプに出入りして演奏していた。この頃、後にザ・ゴールデン・カップスを結成するエディ藩ケネス伊東ルイズルイス加部らと交流する。これが縁でゴダイゴのリーダーでキーボード担当のミッキー吉野と知り合う。

大学は国際基督教大学に入学。在学時に日本国籍を取得。1964年東京オリンピック大阪万博通訳などを務める。大学生時に奈良橋陽子と知り合い、のちにシアトルで結婚したが、後日離婚する。

音楽出版の社長としてタケカワユキヒデを見出し、ミッキー吉野らと結びつける縁を作った。