新創世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新創世紀
ゴダイゴスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
レーベル 日本コロムビア
ゴダイゴ 年表
新創世紀
(1976年)
DEAD END
1977年
『新創世紀』収録のシングル
テンプレートを表示

新創世紀(しんそうせいき)』(英語表記:GENESIS/GODIEGO)とは、1976年7月25日に発売されたゴダイゴの記念すべき1stアルバムである。

漢字表記は、「新創世」ではなく、「新創世」。

また、イギリスなどで発売されたアルバム『THE WATER MARGIN』についても併せて解説する。

解説[編集]

  • LP発売当初の品番は、YX-7117。
  • 全曲、作詞:奈良橋陽子作曲:タケカワユキヒデ編曲:ミッキー吉野(特記以外)
  • 当初は、タケカワユキヒデのソロ・アルバムとして製作していたが、ゴダイゴを結成することになったため、ゴダイゴ名義で発売された。
  • このアルバムの時点では、ドラム担当で知られているトミー・スナイダーはゴダイゴに加入しておらず、ドラムは浅野良治(ギター担当である浅野孝已の弟にあたる。1977年脱退。)及び、ミッキー吉野グループに在籍していた原田裕臣が担当していた。
  • このアルバムに収録されている曲は全詞英語であり、表題曲を除きライナー・ノーツ(歌詞カード)には歌詞とともに日本語による訳詞が記載されている。表題曲には訳詞のかわりに、各曲ごとの解説が記載されている。またゴダイゴのオリジナル・アルバムはほとんどの曲が全詞英語となっている。
  • このアルバム発売に先立ち、『SALAD GIRL(僕のサラダ・ガール)/YELLOW CENTER LINE(イエロー・センター・ライン)』がシングル・カットされているが、「SALAD GIRL(僕のサラダ・ガール)」はアルバムに収録されているものとは別録音のバージョンである。
  • 「SUITE:GENESIS(組曲:新創世紀)」は、元々タケカワユキヒデが作詞した「THE PILED BLOCKS」を奈良橋陽子が書き改めたものである(歌詞の内容は異なる)。
  • 当アルバムのうちA面曲が、映画『青春の殺人者』に使用されており、同映画のサウンドトラックを兼ねている[1]。さらに「SALAD GIRL(僕のサラダ・ガール)」はカネボウ化粧品CMソングとしても使用されており、後にゴダイゴのCMソング集アルバム『CMソング・グラフィティ VOL.1〜ゴダイゴ・スーパー・ヒッツ〜』にも、このアルバムのアレンジ・ヴァージョンが収録された。
  • 『青春の殺人者』では、「IF YOU ARE PASSING BY THAT WAY(想い出を君に託そう)」は「オープニング」及び「回想ー更地にて」、「YELLOW CENTER LINE(イエロー・センター・ライン)」は「夕焼ー祭の街へ」、「MAGIC PAINTING(マジック・ペインティング)」は「回想ースナック開店風景」、「IT'S GOOD TO BE HOME AGAIN(憩いのひと時)」は「回想ー海岸のアイス・キャンディー売り」及び「エンディングー高速道路」という別名が付けられていた。
  • 組曲の内容は、世界に1つしか国がなかった頃、その支配者である女王に三人の子供が生まれ、その王子たちが一人前になった頃、女王の男達への非情さに心を痛め、女王への反乱が始まるというもの。
  • 組曲に登場する三人の息子は、Christo(キリスト)、Mahomet(マホメット)、Buddha(釈迦)である。
  • イギリスなどでは、1978年3月3日に「SALAD GIRL(僕のサラダ・ガール)」を「THE WATER MARGIN(水滸伝のテーマ)」に差し替えた『THE WATER MARGIN』をリリースしている他[2]、『IF YOU ARE PASSING BY THAT WAY(想い出を君に託そう)」/THE HUDDLE(男たちの凱歌)』をシングル・カットしてリリースしている。他にもスペインで『THE WATER MARGIN(水滸伝のテーマ」/THE HUDDLE(男たちの凱歌)』をシングル・カットしてリリースしている。ちなみに「THE WATER MARGIN(水滸伝のテーマ)」は後にシングル『ミラージュのテーマ』のB面曲として、日本に逆輸入された。
  • 「SUITE:GENESIS(組曲:新創世紀)」は、ライヴ『MAGIC CAPSULE』でも演奏されているが、各曲の尺が短くなっており、メドレー形式で次の曲に繋がるようになっている。
  • 2006年5月4日に公演された『ゴダイゴ in 東大寺』では「SUITE:GENESIS(組曲:新創世紀)」の一部である「BUDDAH'S SONG(釈迦の歌)」が、前後に「MIKUNI(御国)」(『DEAD END』の収録曲)を挟み、メドレー形式で演奏された。
  • 2007年3月16日に公演された『2007 TOKYO 新創世紀』では「SUITE:GENESIS(組曲:新創世紀)」が大編成のロック・オペラとして披露され、『青春の殺人者』に出演していた市原悦子がナレーションと女王及び三人の息子の五役を担当した。また組曲の内容も「SUITE:GENESIS(組曲:新創世紀)」の中の曲のみならず、「MAGIC PAINTING(マジック・ペインティング)」「IT'S GOOD TO BE HOME AGAIN(憩いのひと時)」なども挿入されている。各曲の尺も、MAGIC CAPSULE版とは異なり、原曲に近いものとなっている。

収録曲[編集]

LPでは、1〜5がA面で6がB面であるが、6は6つの曲が組曲として1つになっている。

  1. IF YOU ARE PASSING BY THAT WAY(想い出を君に託そう)
  2. YELLOW CENTER LINE(イエロー・センター・ライン)
  3. MAGIC PAINTING(マジック・ペインティング)
  4. IT'S GOOD TO BE HOME AGAIN(憩いのひと時)
  5. SALAD GIRL(僕のサラダ・ガール)
  6. SUITE:GENESIS(組曲:新創世紀)
    1. CREATION(誕生)
    2. QUEEN'S SONG(女王の唄)
    3. LOVER'S LAMENT (SACRIFICIAL BLUES)(恋する男の嘆き)
    4. MOTHER & SON(母と子)
    5. THE HUDDLE(男たちの凱歌)
    6. BUDDHA'S SONG(釈迦の歌)

シングルカット・海外版[編集]

前記したが、日本では、当アルバムのシングルカットとして、「僕のサラダ・ガール」をリリースしている他、イギリスにおいてもアルバム、シングルがリリースされている。ここでそれを纏める。各シングルへの詳細はその項目を参照のこと。尚、歌詞は全詞英語である。

盤名 新創世紀 僕のサラダ・ガール THE WATER MARGIN IF YOU ARE PASSING BY THAT WAY THE WATER MARGIN
発売国 日本 日本 イギリス イギリス スペイン
IF YOU ARE PASSING BY THAT WAY

(想い出を君に託そう)

01 01 01
YELLOW CENTER LINE

(イエロー・センター・ライン)

02 02 02
MAGIC PAINTING

(マジック・ペインティング)

03 03
IT'S GOOD TO BE HOME AGAIN

(憩いのひと時)

04 04
SALAD GIRL

(僕のサラダ・ガール)

05 01
THE WATER MARGIN

(水滸伝のテーマ)

05 01
SUITE:GENESIS

(組曲:新創世紀)

CREATION

(誕生)

06 06
QUEEN'S SONG

(女王の唄)

LOVER'S LAMENT (SACRIFICIAL BLUES)

(恋する男の嘆き)

MOTHER & SON

(母と子)

THE HUDDLE

(男たちの凱歌)

02 02
BUDDHA'S SONG

(釈迦の歌)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 今まで、同映画のサウンドトラックは商品化されていなかったが、2010年11月24日にサウンド・トラック『青春の殺人者』が発売された。
  2. ^ オフィシャルサイトでは、『新創世紀』となっている。
  3. ^ アコースティック・ギターとしても参加。

関連項目[編集]