1942年のプレイボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1942年のプレイボール
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜19:30 - 20:45(75分)
放送期間 2017年8月12日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK総合
演出 桑野智宏(NHK名古屋放送局
脚本 八津弘幸
出演者 太賀
勝地涼
忽那汐里
斎藤嘉樹
福山康平
須田亜香里SKE48
足立佳奈
佃典彦
阿部亮平
田中俊介BOYS AND MEN
宮崎美子
でんでん
時代設定 1942年
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

1942年のプレイボールは2017年8月12日に放送のNHK総合のドラマ。土曜19:30 - 20:45の時間に土曜ドラマスペシャルとして放送された。

概要[編集]

戦前から戦後にかけて、日本のプロ野球界で活躍した実在の四人兄弟、野口明二郎の史実を基に、兄弟と家族の絆が描かれた作品となっている[1]

次男の二郎は、大谷翔平に匹敵する二刀流で、試合に出続ける姿は鉄腕と賞賛された[2]
1941年、職業野球大洋軍でチームのエースで4番の活躍を見せていた野口二郎をNHK初主演の太賀[3]、長男の明を勝地涼[4]、明の婚約者喜美子を忽那汐里[5]阪神軍に入団する三男の昇を斎藤嘉樹、プロを目指す四男の渉を福山康平が演じる[6]。撮影は平成29年5月下旬から6月下旬にかけてNHK名古屋スタジオ、名古屋近郊などで行われ、出演者が合宿をするなどして収録した[7]

脚本は八津弘幸。音楽は渡邊崇。語りは三宅民夫

あらすじ[編集]

1941(昭和16)年、野口二郎(太賀)は職業野球の大洋軍のエースで4番、打者としても投手としても大活躍し、父・栄次郎(でんでん)、母・かな(宮崎美子)、妹のや江子(須田亜香里)と秀子(足立佳奈)らに見守られながら、チームメイトの佐藤武夫(田中俊介)たちと野球をしていた。三男の昇(斎藤嘉樹)も阪神軍に入団、四男の渉(福山康平)は甲子園大会が中止になったがプロを目指す。12月、太平洋戦争が始まると長男の明(勝地涼)が兵役を終えて満州から帰国。かつては名投手で弟たちの憧れの存在だった明は、手榴弾の投げすぎで肩を壊していた。明は自信をなくし、婚約者の喜美子(忽那汐里)とも別れようとする。二郎は明にかつての自分を取り戻してほしいと必死になる・・・。青春を燃やした4人の兄弟たちの姿と、戦争に翻弄されながらも夢を追い求め、野球を通して絆を強めた家族の物語。

登場人物 (キャスト)[編集]

野口 二郎
演 - 太賀
野口家の次男。
野口 明
演 - 勝地涼
長男。
野口 喜美子
演 - 忽那汐里
明の婚約者。
野口 昇
演 - 斎藤嘉樹
三男。
野口 渉
演 - 福山康平
四男。
野口 や江子
演 - 須田亜香里
四姉妹の次女。
野口 秀子
演 - 足立佳奈
三女。
野口 志げ子
演 - 川本麻里那
長女。
石本 秀一
演 - 佃典彦
苅田 久徳
演 - 阿部亮平
中村 信一
演 - 藤木力
大洋軍の1番バッター。
佐藤 武夫
演 - 田中俊介
野口 かな
演 - 宮崎美子
母。
野口 栄次郎
演 - でんでん
父。
その他
近藤結良、三宅民夫、大内田悠平、伊藤玄紀、平原テツ、石塚義高、高原靖典、松野正幸、青木勇人、福岡亮介、中村克典 ほか

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

NHK総合テレビ 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
幕末グルメ ブシメシ!
(2017.6.10 - 7.15)
1942年のプレイボール
(2017.8.12)
植木等とのぼせもん
(2017.9.2 - )