デジタル・タトゥー (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デジタル・タトゥー
ジャンル テレビドラマ
原案 河瀬季
浅野妙子
演出 梶原登城
橋爪紳一朗
出演者 高橋克実
瀬戸康史
唐田えりか
竹財輝之助
今野浩喜
アイクぬわら
飯田基祐
久保田紗友
荒井敦史
近藤公園
中村靖日
中越典子
徳永えり
矢田亜希子
朝加真由美
八嶋智人
伊武雅刀
音楽 蓜島邦明
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
制作統括 海辺潔
製作 NHK
放送
放送チャンネル NHK総合
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年5月18日 - 6月15日
放送時間 土曜 21:00 - 21:49
放送枠 土曜ドラマ
放送分 49分
回数 5
公式ウェブサイト

特記事項:
NHK BS4Kにて2019年5月15日から 6月12日まで 毎週水曜日19:50 - 20:39に先行放送。
テンプレートを表示

デジタル・タトゥー』は、NHK総合テレビの「土曜ドラマ」枠で2019年5月18日から6月15日まで放送された日本テレビドラマ。連続5回[1]インターネットに疎い50代の「ヤメ検弁護士」が20代の人気ユーチューバーとバディを組み、「デジタル・タトゥー」と呼ばれるインターネット上に書き込まれて消せない誹謗中傷や個人情報の拡散により苦しむ人たちを救い出す姿を1話完結で描いたサスペンス[2]浅野妙子作、高橋克実主演[3]

NHK BS4Kにて2019年5月15日から6月12日まで毎週水曜日の19時50分から20時39分に先行放送された。

あらすじ[編集]

第1話[編集]

保守党幹事長の伊藤秀光のカジノ法案に絡む収賄疑惑を追っていた東京地方検察庁特捜部のエース検事・岩井堅太郎は、岩井の厳しい捜査を受けた伊藤代議士の長男で秘書の壮輔が自殺を遂げたことにより辞職に追い込まれ、1年後、弁護士に転身して主に国選弁護を担当している。

投稿した動画が炎上したことをきっかけに命を狙われた人気ユーチューバー・タイガが岩井の事務所を訪れ、インターネット上の掲示板で殺害予告を行った人物の調査の依頼する。タイガの正体が伊藤代議士の次男・大輔だと知った岩井は依頼を受け、タイガの分析によって特定されたVチューバー「ともちん」に対し警告を行い、掲示板へ書き込まれたタイガの個人情報などの投稿はすべて削除される。再び命を狙われたタイガは、闇サイトでの脅し依頼の背景に父がいることを知り、父の追手を避けるため誘拐されたと装って岩井のもとに身を潜め、匿名のVチューバーに転じる。

第2話[編集]

タイガが立ち上げた事務所のホームページを見て岩井が地方検事時代に担当した痴漢事件の被告だった元教師・大野が事務所を訪れ、新潟で塾を開いていたがインターネット上の掲示板に前科が書き込まれたことで生徒が全員やめてしまったので、書き込みを削除してほしいと依頼する。タイガは同一IDでのネットオークション出品から、書き込んだ人物を大野と同町内に住む主婦・ゆかりと特定する。新潟を訪れた岩井は、ゆかりが塾の生徒・亮太の母親で、高校時代に受けた性犯罪被害によるPTSDに苦しみ、再犯率の高い性犯罪者の存在を知らしめるため書き込んだと知る。痴漢被害を装い示談金を脅し取る詐欺の常習犯として逮捕され勾留中の痴漢事件の被害女性・マキに接見して冤罪を確信した岩井は、大野が読字障害の疑われる亮太のために手作りした教材をゆかりに手渡し、大野が良い人か悪い人か自分で判断するように亮太に説く。マキに有罪犯罪に下り、掲示板の書き込みは削除されて、大野の塾に生徒が戻り始める。

登場人物およびキャスト[編集]

主要人物[編集]

岩井堅太郎
演 - 高橋克実[2]
東京地方検察庁特捜部検事のヤメ検弁護士
タイガ(伊藤大輔)
演 - 瀬戸康史[2]
人気ユーチューバー。秀光の次男。
岩井早紀
演 - 唐田えりか
岩井の一人娘。大学3年生。
伊藤秀光
演 - 伊武雅刀
代議士。政界の重鎮。タイガの父。
伊藤壮輔
演 - 竹財輝之助
秀光の長男。秘書。タイガの異母兄。
吉川美枝子
演 - 朝加真由美
秀光の前妻。壮輔の母。
高嶋弘一
演 - 飯田基祐
秀光の第一秘書。
田村正義
演 - 八嶋智人
弁護士。岩井と同じ弁護士会所属。
小宮山貴士
演 - 今野浩喜
雑誌記者。岩井の検事時代の情報源。
オケケ
演 - アイクぬわら
カレー店経営。岩井の事務所が入居するビルの1階で営業する。
奥村ミサ
演 - 久保田紗友
早紀と同じ大学の学生。ミスコン準優勝者。
小西達也
演 - 荒井敦史
早紀と同じ大学の学生。早紀の交際相手。

ゲスト[編集]

第1回
緒方智紀
演 - 近藤公園
Vチューバー「ともちん」。
自身は中年男性だが、ともちんとしての姿はいちご大福をイメージした女性キャラとなっている。
制作したゲームをタイガに酷評され販売中止に追い込まれため、彼を恨んでいた。
最終回にも登場。
大家
演 - 梅沢昌代
射的屋
演 - 松澤一之
痴漢
演 - 岩尾望
下山部長
演 ‐ 中野剛(最終回)
第2回
大野孝史
演 - 中村靖日
元高校教師。岩井が地方検事当時に担当した痴漢事件の被告。新潟で小さな塾を営む。
芝崎ゆかり
演 - 中越典子(幼少期:原舞歌
新潟の専業主婦。
芝崎亮太
演 - 生駒星汰
ゆかりの息子。大野の塾の生徒。
岡田マキ
演 - 松林うらら
岩井が担当した痴漢事件の被害者。
日本語学校校長
演 - 徳井優
第3回
山田加代
演 - 徳永えり
人気ブロガー「カオリン」。
中西あや子
演 - 矢田亜希子
経営コンサルタント。ブログやテレビ番組で性差別主義を貫いた発言をしており、度々炎上騒ぎを起こしている。
奥田博
演 - 加藤虎ノ介
加代が勤めるスーパーの課長。
堀田浩二
演 - 本田大輔
あや子のマネージャー。
佐川弁護士
演 - 緋田康人
あや子の弁護士。
中西真亜矢[4]
演 - 山崎莉里那
あや子の娘。
ニュースキャスター
演 - 平井理央
加代の同僚
演 - 田村たがめ
あや子の夫
演 - 岡部たかし
スーパーの責任者
演 - 木下政治
第4回
最終回

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル ラテ欄[5] 演出
第1回 5月18日 消せないキズ アナログ弁護士と人気ユーチューバーがネットの闇と戦う! 梶原登城
第2回 5月25日 セカンドチャンス 痴漢教師にセカンドチャンスはあるか?
第3回 6月01日 キラキラ女子の闇 偽装キラキラ女子の心の闇を救えるか? 橋爪紳一朗
第4回 6月08日 娘の告白 娘がリベンジポルノの被害に遭ったら…
最終回 6月15日 悪意の向こう側 悪意の向こう側〜タイガが公開処刑に!? 梶原登城

関連書籍[編集]

脚注 [編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

NHK総合 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
浮世の画家
(2019年3月30日)
デジタル・タトゥー
(2019年5月18日 - 6月15日)
サギデカ
(2019年8月31日 - 9月28日)