神様の女房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
神様の女房 もう一人の創業者・松下むめの物語
著者 髙橋誠之介
発行日 2011年9月9日
発行元 ダイヤモンド社
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
ページ数 292
公式サイト www.diamond.co.jp
コード ISBN 978-4-478-01399-1
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

神様の女房』(かみさまのにょうぼう)は、髙橋誠之介が著したドキュメンタリー小説、並びにこれを基にしてNHKが制作したテレビドラマ。小説では『もう一人の創業者・松下むめの物語』(もうひとりのそうぎょうしゃ・まつしたむめのものがたり)という副題が付く。

概要[編集]

「経営の神様」と呼ばれたパナソニック創業者・松下幸之助の妻であるむめのの視点から夫婦やパナソニックの歴史を紐解いていくという物語である[1]

著者・髙橋誠之介はパナソニックの前身・松下電器産業で幸之助に直に命じられて松下家執事となり夫妻の最期まで看取ったという経歴を持つ[2][3]。小説の内容は多くが事実に基づいているが、一部にフィクションが含まれる[4]。後述のテレビドラマでは、可能な限り小説の筋書きに近づけている[5]

ドラマ化にあたっては、NHKのドラマということで原作を刊行したダイヤモンド社以外は特別なタイアップを行っていないが、幸之助が興したパナソニックやPHP研究所では、ドラマの放送時期に幸之助関連の情報提供を充実させる、事実上のタイアップを実施した[独自研究?]。なお、むめのの死後にその自著『難儀もまた楽し 松下幸之助とともに歩んだ私の人生』(ISBN 978-4-569-54470-0)という遺作が刊行されている[4]

テレビドラマ[編集]

神様の女房
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 22:15(75分)
放送期間 2011年10月1日 - 10月15日(3回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
監督 黛りんたろう
原作 高橋誠之助「神様の女房」
脚本 ジェームス三木
出演者 常盤貴子
筒井道隆
ほか
音声 音声多重放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式ホームページ
テンプレートを表示

NHKの『土曜ドラマスペシャル』枠で2011年10月1日から15日まで放送された。

全3回。NHKにおいては、2010年に放送されたNHK連続テレビ小説ゲゲゲの女房」が好評を博したため、同じ女房の物語として期待された[6]

スタッフ[編集]

出演[編集]

常盤貴子が主人公の松下むめの役。夫の松下幸之助役は筒井道隆が演じた。むめのの父、井植清太郎役を津川雅彦が、母のこまつ役を野際陽子が、幸之助の姉の亀山イワ役を秋野暢子が、その夫の亀山長之助役を石倉三郎がそれぞれ演じた[7]。脇役をこれらの俳優が演じたことによって、「ドラマ全体に安定感」が生まれたと評価された[8]

むめのの弟で、のちに三洋電機を創業することとなる井植歳男役には、EXILE松本利夫があてられた[8]

第3話において登場した、むめのと幸之助の間の娘の松下幸子役には、新人の中西美帆が抜擢された。また、第3話には、渡辺大も出演した[9]

放送日程[編集]

各回 放送日 サブタイトル 視聴率
第1回 2011年10月1日 運命の夫婦 10.5%[要出典]
第2回 2011年10月8日 二人三脚 9.6%[要出典]
第3回 2011年10月15日 奇跡の復活 9.8%[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ “『神様の女房』高橋誠之助著”. 著者に聞く. 新s: p. 1. (2011年10月4日). http://allatanys.jp/C004/L0008M0060S2284TE004.html 2011年10月31日閲覧。 
  2. ^ 「神様の女房」特別編”. ダイヤモンド社. 2011年10月7日閲覧。
  3. ^ “『神様の女房』高橋誠之助著”. 著者に聞く. 新s: p. 4. (2011年10月4日). http://allatanys.jp/C004/L0008M0060S2284TE004_4.html 2011年10月31日閲覧。 
  4. ^ a b “『神様の女房』高橋誠之助著”. 著者に聞く. 新s: p. 3. (2011年10月4日). http://allatanys.jp/C004/L0008M0060S2284TE004_3.html 2011年10月31日閲覧。 
  5. ^ “脚本・ジェームス三木氏インタビュー(前編)「ドラマとはトラブルなんです。基本は対立。だから、夫婦の物語に絞りました」”. 「神様の女房」特別編. ダイヤモンド社: p. 1. (2011年9月28日). http://diamond.jp/articles/-/14147 2011年10月31日閲覧。 
  6. ^ “ゲゲゲに続け!常盤貴子が「神様の女房」”. サンケイスポーツ. (2011年7月17日). http://www.sanspo.com/geino/news/110717/gnj1107170504012-n1.htm 2011年10月31日閲覧。 
  7. ^ 神様の女房 おもな登場人物/キャスト NHK土曜ドラマスペシャル
  8. ^ a b 筒井道隆だんだん似てきた松下幸之助。「神様の女房」どう描く?芸者との婚外子 : J-CASTテレビウォッチ
  9. ^ 10月のお知らせ|渡辺 大オフィシャルブログ「大それたことは言えません。」Powered by Ameba

外部リンク[編集]

NHK 土曜ドラマスペシャル
※本作品より土曜単発第2部(21:00-22:15)での不定期放送
前番組 番組名 次番組
チャレンジド 〜卒業〜
(2011.5.14 - 2011.5.21)
※「土曜ドラマ」としては一旦休止。
神様の女房
(2011.10.1 - 2011.10.15)
使命と魂のリミット
(2011.11.5 - 2011.11.12)