ディロン〜運命の犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ディロン~運命の犬』(ディロン~うんめいのいぬ)は、2006年5月20日7月1日まで、NHK総合の「土曜ドラマ」枠で放送された、同枠復活第4作目のドラマでもある。原案は、井上こみちの「ディロン~運命の犬」(幻冬舎文庫)。

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 5月20日 不思議の国から来た犬 13.1%
第2話 6月03日 旅立ちの朝 10.8%
第3話 6月17日 セラピー犬への道 11.1%
第4話 6月24日 愛をその手に 11.1%
第5話 7月01日 おだやかな日々へ 13.3%
平均視聴率 11.9%(視聴率は関東地区・ビデオリサーチ社調べ)

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原案:井上こみち
  • 脚本:寺田敏雄
  • ドッグトレーナー:宮忠臣
  • 音楽:野崎美波
  • 制作統括:峰島総生/諏訪部章夫
  • プロデューサー:小松昌代
  • 演出:岡崎栄/田村文孝
  • 演出補:吉川邦夫/大橋守
  • 制作:松田恭典/志田篤彦/鳥巣葉子
  • 編集:高室麻子
  • 記録:武田朝子
  • 美術:深井保夫
  • 技術:高橋太
  • 撮影:山口武久/原嶋正治/海江田博幸/長谷川理
  • 照明:貫井聡一/加古靖之/富岡幸春/白石晃/岡本理/中島誠/徳永恭弘
  • 音声:小田朝光/高木陽/松本恒雄/鷲津寛厚
  • 映像技術:鈴木達也/古越善之/川上智子

備考[編集]

  • 2006年5月27日は、本来第2話が放送される予定であったが、プロ野球中継が延長されたため休止され、同年6月3日放送された。
  • また、6月10日は、『日本の、これから』が放送されたため休止された。
  • ディロン役を担当した犬は、本作出演前までは特に名前がついていなかったが、本作出演をきっかけに役名の「ディロン」と名がつけられた(「土曜スタジオパーク」出演時の樋口可南子のコメントによる)。
  • 大木実は本作が生前最後のテレビドラマ出演作品となった(その後も2009年に亡くなるまで芸能界には留まったが、新作ドラマへの出演はなかった)。

ディロン〜クリスマスの約束[編集]

概要[編集]

土曜ドラマスペシャル・ディロン~クリスマスの約束(どようドラマスペシャル・ディロン~クリスマスのやくそく)』として、NHK総合テレビ2006年12月23日21:00~22:15(実際は22:14までで、22:14~22:15はステーションブレイク)に放送され、同年12月30日の16:45~18:00(実際は17:59までで、17:59~18:00はフィラー)に再放送された。

キャスト[編集]

ディロン〜運命の犬ふたたび[編集]

2008年9月15日の19:30~20:45に放送。完結編といえる話。視聴率11.3%。

キャスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
マチベン
(2006.04.08 - 2006.05.13)
ディロン〜運命の犬
(2006.05.20 - 2006.07.01)
人生はフルコース
(2006.07.08 - 2006.07.22)