461個の弁当は、親父と息子の男の約束。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
461個の弁当は、親父と息子の男の約束。
著者 渡辺俊美
発行日 2014年4月30日
発行元 マガジンハウス
ジャンル エッセイ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 ソフトカバー
ページ数 184
公式サイト 461個の弁当は、親父と息子の男の約束。|マガジンハウスの本
コード ISBN 978-4838726530
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 書物
Portal.svg ウィキポータル 食
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(よんひゃくろくじゅういっこのべんとうは おやじとむすこのおとこのやくそく)は、TOKYO No.1 SOUL SETのメンバーであるミュージシャン・渡辺俊美によるエッセイ[1]2014年4月30日マガジンハウスから刊行された。

2015年漫画化、およびテレビドラマ化された[1]

2020年井ノ原快彦主演で映画版が公開予定[2]

内容[編集]

渡辺が2番目の妻と離婚後、一人息子の3年間の高校生活にあたって、毎日手作りの弁当を作り続けたエピソードを、写真やレシピとともに合計461食にわたって記録したものである[1][3]。渡辺が作る毎日の弁当は彼のTwitter上で画像とともにツイートされており、その当時からクオリティの高さが話題となっていた[3]

漫画[編集]

荒井ママレにより漫画化され、小学館青年漫画雑誌ヒバナ』で2015年4月号(創刊号、3月発売)から[4]2016年2月号(1月発売)まで連載され、また2016年3月号(2月発売)に特別編(単行本PR漫画)が掲載された。単行本が全1巻で小学館(ビッグコミックス)から2016年2月に刊行されている。

テレビドラマ[編集]

461個のありがとう。
〜愛情弁当が育んだ父と子の絆〜
ジャンル テレビドラマ
原作 渡辺俊美
『461個の弁当は、親父と息子の男の約束』
脚本 山田あかね
演出 山田あかね
出演者 別所哲也
望月歩
加藤紀子
渋川清彦
松井周
平原テツ
製作
プロデューサー 篠原圭、堀内史子(テレコムスタッフ
制作 NHK BSプレミアム
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2015年3月15日
放送時間 22:00 - 22:59
放送分 59分
回数 1
テンプレートを表示

461個のありがとう。 〜愛情弁当が育んだ父と子の絆〜』(よんひゃくろくじゅういっこのありがとう あいじょうべんとうがはぐくんだちちとこのきずな)は、2015年3月15日NHK BSプレミアムプレミアムドラマ」枠で22:00 - 22:59に放送された日本のテレビドラマ[1]

キャスト[編集]

渡辺俊美
演 - 別所哲也
渡辺登生
演 - 望月歩
女将
演 - 加藤紀子[5]
大将
演 - 渋川清彦
助川
演 - 松井周
佐土原
演 - なすび
川辺ヒロシ
演 - 山内圭哉
BIKKE
演 - 平原テツ

スタッフ[編集]

映画[編集]

461個のおべんとう
監督 兼重淳
脚本 清水匡
兼重淳
原作 渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)
「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」
出演者 井ノ原快彦
道枝駿佑なにわ男子 / 関西ジャニーズJr.
製作会社 「461個のおべんとう」製作委員会
配給 東映
公開 日本の旗 2020年秋(予定)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

461個のおべんとう』(よんひゃくろくじゅういっこのおべんとう)のタイトルで、2020年秋に全国公開予定[6]。監督は兼重淳、主演は井ノ原快彦

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • パパのお弁当は世界一 - 2017年公開の映画。本作の著者・渡辺俊美が、この映画では高校生の娘のために3年間弁当を作り続ける父親役を演じている。本作で披露されている弁当作りが有名になっていたことから、俳優未経験ながら主役(娘役の武田玲奈とのダブル主演)に起用された。

外部リンク[編集]