山田あかね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山田 あかね(やまだ あかね)は、東京都新宿区出身の脚本家映像作家小説家エッセイスト

来歴・人物[編集]

区立小学校、東京女学館中学校・高等学校を経て、早稲田大学第一文学部ロシア文学科卒業。大学在籍中から自主制作映画のクラブで脚本・監督して映画制作に携わるほか、女子大生ポルノ小説の執筆アルバイトを行っていた。

大学卒業後はテレビ制作会社「(株)イースト」に入社し、アシスタントディレクターとしての活動をはじめた。1995年、「終わりのいろいろなかたち」で第81回文學界新人賞佳作受賞。

現在はフリーの脚本家、演出家、小説家、エッセイストとして活動を行っている。2009年に創設した、(株)スモールホープベイプロダクション代表。

2019年、エンジン01文化戦略会議が主催の第3回「川島なお美動物愛護賞」を受賞した。

代表作[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

著書[編集]

  • 『すいか シナリオBOOK』木皿泉共著(2004年、日本テレビ放送網)のち河出文庫
  • 『ベイビーシャワー』(2004年、小学館) - 第4回小学館文庫小説賞受賞作
  • すべては海になる』(2005年、小学館)のち文庫 
  • 『女の武士道』PHP文庫、2007
  • 『オトナの片思い』(2007年、角川春樹事務所) ※『やさしい背中』を収録。
  • 『しまうたGTS』(2007年、小学館)
  • 『まじめなわたしの不まじめな愛情』(2008年、徳間書店
  • 『もしも、この世に天使が。青の章』(2008年、講談社
  • 『もしも、この世に天使が。白の章』(2008年、講談社)
  • 『犬に名前をつける日』 (2015年、キノブックス)
  • 『犬と猫の向こう側』(2018年、扶桑社)
  • 『犬部! 映画小説版』朝日新聞出版〈朝日文庫〉、2021年6月。ISBN 978-4-02-264991-1 
  • 『犬は愛情を食べて生きている』光文社、2021年6月。ISBN 978-4-334-95251-8 

映画[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]