小松隆志 (映画監督)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小松 隆志(こまつ たかし、1962年12月28日 -)は、日本の映画監督

経歴[編集]

長野県長野市出身。専修大学商学部在学中、映画研究会にて自主映画製作を始め、在学中に「いそげブライアン」でPFF86に入選[1]。第3回PFFスカラシップとして16ミリ作品「バス」[2]を発表し、ロンドン映画祭をはじめ、アメリカ、香港、ニュージーランド、イタリア、スペイン、スコットランド、スウェーデン、オランダなどの各国の映画祭に招待された。

大学卒業後、フリーの映像作家としてミュージックビデオ、ライブビデオ、音楽TV番組、CFなどを多数手がける。91年に人気コミックの実写化映画『はいすくーる仁義』で劇場用商業映画デビューを飾り、スラップスティック・コメディの新たな可能性を示した。

以降ジャンルを問わず娯楽色に満ちた作品を多数発表し続ける一方で、メディアミックス・ジャパン とエージェント契約を結びテレビドラマも多数手がけている[3]

作品[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • はいすくーる仁義外伝 地を這う者(1993年)
  • はいすくーる仁義√3 さらば情二(1994年)
  • フェラーリ 最高速バトル(1995年)
  • フェラーリ2 勝利への疾走(1995年)
  • スキャンドール(1996年)
  • 湘南爆走族 帰ってきた伝説の5人(1996年)
  • 湘南爆走族 熱闘!アルバイト大作戦(1997年)

テレビドラマ[編集]

ミュージックビデオ[編集]

  • FOOLISH GAME×ECHOES(1988年)[4]
  • the echo of echoes -LIVE RUST TOKYO 1981-1991(1991年)

参考文献[編集]

小松隆志制作作品 MMJ

脚注[編集]

外部リンク[編集]