奇談 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
奇談から転送)
Jump to navigation Jump to search
奇談
監督 小松隆志
脚本 小松隆志
原作 諸星大二郎
製作 一瀬隆重
出演者 藤澤恵麻
阿部寛
音楽 川井憲次
配給 ザナドゥー
公開 日本の旗 2005年11月19日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

奇談』(きだん)は、2005年に製作された日本の映画作品。小松隆志監督。

藤澤恵麻阿部寛主演。諸星大二郎の漫画『妖怪ハンター』シリーズの初期の1短編『生命の木』を原作にしているが、主人公は女性に変えられている(稗田ではなく村を訪れる別の人物)。

原作からの変更点[編集]

原作『妖怪ハンター』の主人公は稗田礼二郎だが、このエピソードでは、村を訪れた青年「ぼく」(職業等の詳細は不明)が視点になっている。映画では、彼に代わり(あるいは彼を改変して)、民俗学の学生の佐伯里美が主人公となる。

原作にはない要素として、村では50年に1度くらいの頻度で神隠しが起こっており、佐伯は子供時代に村に滞在した際に神隠しに遭っている。佐伯が村を訪れたのも、神隠しに遭ったのがその村でのことだと判明したからである。

その他細かい追加要素を別にすればストーリーはほぼ原作のままだが、善次の遺体が発見される経緯が変わっている。原作では、「ぼく」が村を訪れるとすでに神父により遺体が発見されている。遺体がになっていたことは隠蔽されたが、遅れて村を訪れた稗田はそれに気づく。映画では、佐伯と稗田はほぼ同時期に村を訪れたが、遺体はまだ発見されておらず、のちに稗田が発見する。

映画の時代設定は、公開の33年前の1972年で、「昭和」「ディスカバー・ジャパン」など過去の話であることを明示する台詞もある。原作(1976年初出)の時代設定は不明だが、歳月が経った後のことが最後に語られており、事件は過去の話とも解釈できる。

村の名「渡戸村(わたらどむら)」は原作には出てこない。具体的な場所は、原作・映画とも「東北」としか語られない。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

撮影[編集]

大籠カトリック教会が、ロケに使用された。

出典[編集]

  1. ^ 原作での表記

外部リンク[編集]