長野県長野吉田高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長野県長野吉田高等学校
Nagano-Yoshida-HighSchool-2013101401.jpg
国公私立の別 公立学校
設置者 長野県の旗 長野県
校訓 晴耕雨読
設立年月日 1908年(明治41年)4月22日
共学・別学 男女共学
分校 戸隠分校
課程 全日制課程(本校)
定時制普通課程(戸隠分校)
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 20112A
所在地 381-8570
外部リンク 長野県長野吉田高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

長野県長野吉田高等学校(ながのけん ながのよしだこうとうがっこう、通称:吉田高校)は、長野県長野市吉田二丁目にある高等学校

もともとは郡内農業組合による東部農学校として開校された。旧戸隠村(現長野市)に定時制の分校がある。

文化祭は暁峰祭(ぎょうほうさい)と称し、その名称は北信五岳に由来する。校訓は前身が農学校だったため、「晴耕雨読」。文武両道をモットーに大学進学に力を入れているが、クラブ活動も盛んである。

沿革[編集]

  • 1908年4月22日 - 上水内郡組合立東部農学校として開校。
  • 1923年3月31日 - 県立移管。長野県上水内農学校と改称。
  • 1926年3月 - 実業補習学校教員養成所を併設。
  • 1947年4月1日 - 学制改革により併設中学校設置。
  • 1948年4月1日 - 学制改革により長野県長野農業高等学校となる。全日制及び定時制(中心校、芋井・戸隠・柵・鬼無里・小田切分校)を設置。
  • 1948年4月1日 - 実業学校規定廃止。上水内農学校は発展的解消。新制併設中学校廃止。
  • 1954年4月1日 - 普通科を併設。
  • 1956年4月1日 - 長野県長野吉田高等学校に改称。定時制小田切分校を中心校に統合。
  • 1962年3月 - 定時制芋井分校を中心校に統合。
  • 1963年3月 - 定時制柵分校を戸隠分校に統合。
  • 1965年4月 - 定時制中心校募集停止。
  • 1968年3月 - 定時制鬼無里分校募集停止。定時制農業科を普通科に転科。
  • 1969年3月 - 定時制鬼無里分校を戸隠分校に統合。
  • 1978年4月1日 - 農業科募集停止。
  • 1998年12月 - 新校舎(本館)竣工。
  • 2000年5月 - 創立90周年記念式典・新校舎竣工記念式典挙行。
  • 2008年10月 - 創立100周年記念式典挙行。

著名な出身者[編集]

校章[編集]

「高」の字に稲の葉と林檎の葉をあしらったもの。

校歌・応援歌[編集]

1926年10月に長野県上水内農学校校歌として制定。

最寄駅[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]