野村達雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野村達雄
Tatsuo Nomura
生誕 石磊[1]
1986年[2]
中国黒竜江省[2]
国籍 中華人民共和国の旗 中国日本の旗 日本[1]
出身校 信州大学工学部情報工学科[2]
東京工業大学大学院情報理工学研究科修士課程[2]
職業 google エンジニアGoogleマップの開発)(2011年-2015年)[2]
Niantic, Inc. ゲームクリエイターPokémon GOの開発)(2015年-)[2]
受賞 コンピュータサイエンス領域奨励賞

野村 達雄(のむら たつお、1986年[2] - )は中国日本出身でアメリカ合衆国在住のエンジニアゲームクリエイターGoogleマップPokémon GOなど実験的なモバイル・アプリケーションの開発に携わる。中華人民共和国黒竜江省生まれ[2]長野県長野市出身[2]米国カリフォルニア州サンフランシスコ在住[3]

人物・経歴[編集]

幼少時の名前は石磊。中国で、両親及び4人のと、土と藁でできた家に住み、主食がトウモロコシという極貧の生活を送り、豆腐の行商についていた[4]。内祖母は福井県小浜市出身の中国残留日本人満州国に渡り、南満州鉄道職員との間に3人の子供をもうけたが、ソ連対日参戦及び関東軍撤退のため引き揚げできず、日本の降伏後、子供との死別を経て、中国人である内祖父・石相臣に助けられた。晩年はを患い、1973年に福井に帰郷して死去した[5][6]

よりよい生活を求めて9歳のとき親戚を頼り一家で来日し、1995年練馬区小学校に編入。1997年、長野市に移住[7]。姓は祖母の野村とし、名は日本語の教科書の登場人物にちなみ達雄とした。当初は日本語も話せなかったが、建設現場や豆腐工場で働く両親のもと、小学校時代から新聞配達等をして働き、中学時代にパソコンを購入し独学でプログラミングを習得。その後信州大学4年時に日本国籍を取得。信州大学卒業後は、東京工業大学大学院に進学し松岡聡の指導のもとスーパーコンピュータの研究を行い高い評価を受ける。「ステンシル計算を対象とした大規模GPUクラスタ向け自動並列化フレームワーク」により情報処理学会2011年度コンピュータサイエンス領域奨励賞受賞[8][9][10][2][1]

2011年東京工業大学大学院理工学研究科数理計算科学専攻修士課程を修了し、同年グーグル株式会社(現グーグル合同会社)に入社。2013年からGoogle Inc.に移り、2015年から社内ベンチャーNiantic Labsに所属。同年Niantic, Inc.に移籍。同社プロダクト部門シニアマネージャー、Pokémon GOのプロダクトマネージャー等を務める[11][2][1]

Googleエイプリルフール企画において[2]、エンジニアとしてファミコン版Googleマップ8bit(2012年)、Googleマップ宝探しバージョン(2013年)、ポケモンチャレンジ(2014年)などを開発[2]2015年にGoogleからNiantic, Inc.へ移籍し[2]、ゲームクリエイターとしてPokémon GOの開発・運営に携わる[2]

著書[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b c d 「夢の揺り籠 西から東へ ポケモンGO開発者・野村達雄氏」日本経済新聞2017/4/7
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o (フロントランナー)ゲームディレクター・野村達雄さん 「ポケモンGO」開発に抜擢
  3. ^ ポケモンGO開発者は東工大出身 元スパコン研究者
  4. ^ 『ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる』小学館集英社プロダクション
  5. ^ 『ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる』小学館集英社プロダクション
  6. ^ 朝日新聞2017年1月14日
  7. ^ 『ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる』小学館集英社プロダクション
  8. ^ 「学長と語る伝統対談Vol.5」信州大学
  9. ^ 「野村達雄氏が「2011年度コンピュータサイエンス領域奨励賞」受賞」東京工業大学2012.01.30
  10. ^ 「2011年度コンピュータサイエンス領域奨励賞受賞者一覧」情報処理学会
  11. ^ 「ポケモンGO開発リーダーは30歳の“ゲーム制作素人”だった!」2016年11月17日10時30分 スポーツ報知

外部リンク[編集]