Niantic, Inc.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Niantic, Inc.
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
サンフランシスコ
設立 2010年
業種 コンピュータゲーム拡張現実位置情報ゲームクラウドソーシング
代表者 ジョン・ハンケ
外部リンク http://www.nianticlabs.com
テンプレートを表示

Niantic, Inc.(ナイアンティック)は、アメリカ合衆国の企業である。モバイル機器を用いた位置情報アプリや位置情報ゲームを製作している。

2010年に設立された[1][2]当初は、Google社内スタートアップNiantic Labs」(ナイアンティック・ラボ)であったが、2015年8月にGoogleから独立し[3]現在の社名となった。

2015年10月16日、Google, 任天堂ポケモンより最大3,000万ドル調達[4]し、2016年2月にフジテレビなどから500万ドルの追加資金を調達[5]している。

設立者のジョン・ハンケは、後のGoogle EarthであるKeyhole英語版の共同設立者として、また、Google ストリートビュー及びGoogle マップへの参画によって有名である[2]

Nianticの作成した拡張現実/位置情報ゲームである『Ingress』内においては、Niantic の名は、ストーリー中の架空の調査計画「Niantic Project」として登場する。

プロジェクト[編集]

歴史[編集]

  • 2012年9月、 Nianticは、最初のサービスとして、近隣の興味深い場所を探す無料の Android アプリである Field Tripをリリースする。
  • 2012年11月、二作目となるアプリIngressをAndroid専用の招待制 拡張現実ゲーム としてローンチ
  • 2013年10月、Ingressを継続的 オープンベータ版 としてAndroidでアクセス可能にする
  • 2013年12月、 IngressのAndroidプラットフォームでのベータ版を終了させる
  • 2014年7月、 iOS版でのIngressをリリースする
  • 2014年10月、次回作の Endgame のためのキャンペーン(Ancient Societies)をローンチする[6]
  • 2015年9月、株式会社ポケモンの新プロジェクトPokémon GOに参加する[7]
  • 2016年7月6日、 オーストラリアニュージーランドアメリカPokémon GOのサービス開始(ポケモン発祥の日本は7月22日10時頃開始)。

予定[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]