ナイアンティック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナイアンティック
現地語社名
Niantic, Inc.
種類
非公開会社
業種 情報通信業
事業分野 ビデオゲーム
設立 2010年
創業者 ジョン・ハンケ ウィキデータを編集
本社
主要人物
ジョン・ハンケ(CEO)
ウェブサイト https://nianticlabs.com/

ナイアンティック: Niantic, Inc.)は、アメリカ合衆国企業である。モバイル機器を用いた位置情報アプリや位置情報ゲームを製作している。

2010年に設立された[1][2] 当初は、Google社内スタートアップNiantic Labs」(ナイアンティック・ラボ)であったが、2015年8月にGoogleから独立し[3]、現在の社名となった。

2015年10月16日、Google、任天堂ポケモンより最大3,000万ドル調達[4] し、2016年2月にフジテレビなどから500万ドルの追加資金を調達[5] している。

設立者のジョン・ハンケは、後のGoogle Earthにつながる地理ソフトを開発してGoogleに買収された「Keyhole英語版」(キーホール社)の共同設立者として、また、Google ストリートビュー及びGoogle マップへの参画によって有名である[2]

社名[編集]

ナイアンティックという社名は、カリフォルニア・ゴールドラッシュの際にニューイングランドからサンフランシスコにやってきた捕鯨船「ナイアンティック号」に由来する[2]。ニューイングランドのインディアン部族、ニアンティック族英語版の名に由来するナイアンティック号は、金鉱探しで財を成したい人々を満載しており、サンフランシスコ到着後は乗客も船員も金鉱に行ってしまった。船員のいなくなった船が港に放置され、後から後から押し寄せる船の邪魔になったため、ナイアンティック号など多数の船が浅瀬に引き揚げられて周りを埋め立てられて倉庫やホテルなどに使われた。火災や開発などにより地上の船体は失われたが、船底の残骸はいまでもサンフランシスコの市街地の下に多数埋もれており、ナイアンティック号の船底は1978年に再開発中に地中から発見されている。ナイアンティックという社名はここから発想されたもので、今いる場所についてほとんどの人は知らない興味深い事実を、ネットなどを使って知る手助けを与えたいという理想から来ている[2]

ナイアンティックの作成した拡張現実/位置情報ゲームである『Ingress』内においては、Niantic の名は、ストーリー中の架空の調査計画「Niantic Project」として登場する。

沿革[編集]

製品の一覧[編集]

提供中[編集]

  • Ingress Prime(位置情報ゲーム、2013年12月(1.0) / 2018年11月(Prime) - )
  • Pokémon GO(位置情報ゲーム、2016年7月 - )
  • Pikmin Bloom(位置情報ゲーム、2021年10月 - )
  • Niantic Campfire(ソーシャルアプリ、2022年 - )
  • Peridot(ARモバイルゲーム、2023年5月[16] - )
  • Monster Hunter Now(位置情報ゲーム、2023年9月14日[17] - )

サービス終了[編集]

開発中止[編集]

  • 2014年、Niantic は、Endgame: Proving Ground英語版を、書籍や映画とあわせて公開する予定であると発表した。最初の書籍は Endgame: The Calling英語版である。 映画のタイトルは Endgame: Ancient Truthとなる予定であった[1][22]。ベータ版は2015年後半にリリースされる予定[23]であったが、開発は頓挫し公式サイトも削除されている。
  • カタンの開拓者たち』を位置情報ゲーム化した『Catan: World Explorers英語版』を、CATAN GmbH社が2019年10月24日に発表した。『カタンの開拓者たち』は世界で最も遊ばれているボードゲームのひとつとされており、Nianticが保有するAR技術を元に開発が進められていた。2020年7月から複数の地域でベータテストサービスを行っていたが、2021年9月になって2021年11月にサービスを停止することが発表された[24]
  • 2021年6月、トランスフォーマーの位置情報ゲームである『Transformers: Heavy Metal』が発表された[25]ハズブロタカラトミー協力のもと2021年内のリリースを目指して開発が進められていたが、2022年6月に開発中止が発表された[26]
  • 2022年9月、マーベル・コミックの世界を再現したモバイルARゲーム『MARVEL World of Heroes』を発表[27]。2023年内のリリースを目指していたが、2023年6月29日に開発中止が発表された。理由は開発を担当していたロサンゼルススタジオの閉鎖による[15]

日本法人[編集]

株式会社ナイアンティック
Niantic, Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
107-0061
東京都港区北青山一丁目2番3号[28]
青山ビルヂング7階[28]
業種 情報・通信業
法人番号 1010401120782
代表者 代表取締役社長 村井説人
資本金 300万円
純利益 8338万6118円
(2022年12月31日時点)[28]
総資産 10億3797万3013円
(2022年12月31日時点)[28]
決算期 12月31日
外部リンク https://nianticlabs.com/ja/
テンプレートを表示

2015年に初の海外法人として日本で株式会社ナイアンティックが設立され、村井説人が初代代表取締役社長に就任した[29]。2018年には初の米国外開発拠点としてTokyo Studioが設立され、野村達雄が代表に就任した[30]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Ingress Prime(Ingress 2.0)配信以後、旧アプリ(Ingress 1.0)は Ingress 1.0 Scanner [REDACTED] に改名。

出典[編集]

  1. ^ a b Google’s Niantic Labs merges another virtual world with reality in upcoming game”. Geekwire.com. Geek Wire. 2015年3月18日閲覧。
  2. ^ a b c d Exclusive: Inside the Mind of Google's Greatest Idea Man, John Hanke”. Inc.com (2012年12月20日). 2015年6月19日閲覧。
  3. ^ http://jp.techcrunch.com/2015/08/13/20150812niantic-labs-maker-of-ingress-spun-out-as-its-own-company/ 2016/03/17閲覧
  4. ^ https://japan.cnet.com/article/35072007/
  5. ^ http://app.famitsu.com/20160414_690810/
  6. ^ 『Ingress』4年間の歩み(前編):2012~2014年「日本ではユーザー数が伸び悩んでいた」”. ファミ通App (2016年8月1日). 2023年2月19日閲覧。
  7. ^ Domain Tools”. DomainTools.com. Domain Tools. 2015年2月25日閲覧。
  8. ^ 現実世界でポケモンゲット--位置情報スマホゲームを「Ingress」のNianticらと開発
  9. ^ Ingress Primeへようこそ”. ナイアンティック (2018年11月5日). 2023年2月19日閲覧。
  10. ^ Harry Potter: Wizards Unite Mobile Game From Pokemon Go Makers Is Out Now For Free”. gamespot (2019年6月21日). 2023年2月19日閲覧。
  11. ^ 「ピクミンGO」!? 任天堂とNiantic、「ピクミン」を起用したスマホアプリを発表”. Game Watch (2021年3月23日). 2021年3月23日閲覧。
  12. ^ WB GamesとNiantic、『ハリー・ポッター:魔法同盟』のサービスを2022年1月31日をもって終了”. gamebiz (2021年11月4日). 2023年2月19日閲覧。
  13. ^ Niantic is acquiring 8th Wall, its 'largest acquisition to date'” (英語). The Verge (2022年3月11日). 2023年11月3日閲覧。
  14. ^ Niantic acquires former Magic Leap developers NZXR” (英語). GamersIndustry.biz (2022年4月6日). 2023年11月3日閲覧。
  15. ^ a b ナイアンティックがスマホゲーム事業を縮小へ、「Pokémon GO」を最優先”. ケータイ Watch (2023年6月30日). 2023年7月23日閲覧。
  16. ^ Peridot が5月9日にローンチします!”. ナイアンティック (2023年3月7日). 2023年4月20日閲覧。
  17. ^ 『モンスターハンターNow』本日リリース。あのモンスターたちがついに現実世界に登場。今度は歩いて「一狩りいこうぜ!」全6種の武器と協力プレイ。細かなキャラメイクも搭載”. 電ファミニコゲーマー (2023年9月14日). 2023年9月16日閲覧。
  18. ^ Google releases 'Field Trip' app, a location-aware guidebook to your surroundings”. The Verge (2012年9月28日). 2023年2月19日閲覧。
  19. ^ Field Tripをご利用いただき、ありがとうございました!”. ナイアンティック (2019年7月12日). 2023年2月19日閲覧。
  20. ^ NBA All-Worldは 1月24日(米国時間)に提供開始予定”. ナイアンティック (2022年12月12日). 2023年2月19日閲覧。
  21. ^ Update from NBA All-World”. ナイアンティック (2023年7月13日). 2023年7月23日閲覧。
  22. ^ Rosenblatt, Seth Google's Niantic follows Ingress with Endgame Cnet retrieved 9th Sept 2014
  23. ^ ナイアンティック・ラボが「Ingress」に続く位置ゲー「Endgame:Proving Ground」のβ版を2015年後半にリリース&登録受付も開始”. 4gamer (2015年3月17日). 2023年2月19日閲覧。
  24. ^ CATAN – World Explorers is shutting down”. 2021年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年2月19日閲覧。
  25. ^ 現実とゲームの垣根を超えるARモバイルゲーム『 TRANSFORMERS: Heavy Metal』で Niantic、タカラトミー、Hasbroが協力”. ナイアンティック (2021年6月14日). 2023年2月19日閲覧。
  26. ^ ポケモンGO開発元のNianticが社員約90名を解雇し4つのプロジェクトをキャンセル”. Gigazine (2022年6月30日). 2023年2月19日閲覧。
  27. ^ 新作モバイルARゲーム「MARVEL World of Heroes」が発表に。Nianticが2023年内のリリースを目指して開発中”. 4gamer.net (2022年9月10日). 2023年7月23日閲覧。
  28. ^ a b c d 株式会社ナイアンティック 第8期決算公告
  29. ^ 「Ingressの影の主役が表舞台に--村井社長のナイアンティック日本法人戦略」 cnet Japan 2015年12月09日 08時00分
  30. ^ ポケGOのNianticが日本に開発拠点「Tokyo Studio」を立ち上げた狙い CNET Japan > ニュース > 企業・業界 2018年07月31日 12時31分

外部リンク[編集]