Ingress

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Ingress
Ingress Logo vector.svg
Ingressのロゴ
ジャンル 拡張現実
オンラインゲーム
対応機種 Android
iOS
開発元 Niantic, Inc.
発売元 Google
メディア ダウンロード
発売日 2013年12月15日
最新版 v1.107.0/ 2016年10月7日
売上本数 1400万ダウンロード[1]
テンプレートを表示
剣ヶ峰の石碑。「富士山頂上 剣ヶ峰」の名前でポータル登録されている[2][3]

Ingress』(イングレス)は、スマートフォン向けの拡張現実技術を利用したオンラインゲーム位置情報ゲーム。開発・運営を行うのは、もとはGoogleの社内スタートアップで、2015年8月にGoogleから独立したナイアンティック社(Niantic, Inc.)。2012年11月に招待制でベータ版の運用が開始され、2013年10月に誰でも参加可能のオープンベータに移行し、2013年12月15日に正式運用が開始された。当初はAndroid専用であったが、2014年7月23日よりiOSにも対応した。

プレイするためのアプリケーションGoogle PlayおよびApp Storeで無料で提供されている。当初はアイテム課金はなかったが、2015年10月29日に有料アイテムの販売を開始した。Googleのサービスであるため、プレイにはGoogleアカウントが必要。また、必須ではないがGoogle+への参加が推奨されている。

当初は英語のみであったが、2015年3月25日に日本語に対応。

キャッチコピーは、「The world around you is not what it seems.」(あなたの周りの世界は、見たままのものとは限らない)

概要[編集]

2013年春にワシントンD.C.で開かれたプレイヤーイベントの様子

ゲームのコンセプトは陣取りゲームである。プレイヤーは2つの勢力のうちのどちらかに属する。世界各地に存在する「ポータル」を自勢力の所有とし、ポータル同士を「リンク」して三角形を描くと、その内側が「コントロールフィールド」と呼ばれる自陣になり得点が加算される。その合計値を競う。

最大の特徴は、ゲームフィールドが世界そのもの、現実のGoogle マップによる地図そのものだということである。ポータルは全て現実世界に存在する建造物やモニュメントなどに割り当てられており、ゲーム中でポータルを確保するためには、実際にその場所まで行かなければいけない。そのため、スマートフォン上で衛星測位システムGPS)機能を有効にすることがプレイの前提となっている。スマートフォンでインターネット接続と位置情報の取得ができれば世界中どこでもこのゲームをプレイすることができる。

ゲームの背景となるストーリーが設定されており、動画などの形式で少しずつ公開されている。このストーリーに基づいた大規模イベント「XMアノマリー」が世界各地の都市で発生することもあり、イベントでの両陣営の結果はストーリーにも影響を及ぼす。

現実世界で展開されるというゲームの特性上、地域のプレイヤーでコミュニティを形成したり[4]オフラインミーティングを行ったりする機会が多い。また、岩手県[5]横須賀市[6]のようにIngressを観光振興に活用する自治体も出現したほか、ローソン[7]Zipcar[8]アクサ[9]のようにIngressと提携してプロモーションを実施する企業も存在している。

スマートフォン用モバイルバッテリー[注釈 1]や移動費などといったIngressに関係する出費はユーザの間で通称「リアル課金」と呼ばれる[10]

開発[編集]

開発にあたるナイアンティックは、もとはGoogleの社内ベンチャーとして創業された「ナイアンティック・ラボ」(Niantic Labs)で、創業者でGoogle副社長でもあったジョン・ハンケを始め、Google mapGoogle Earthを開発していた主要なメンバーから構成されていた。創業の目的は、モバイル端末やウェアラブル端末の普及に伴い、モバイル端末のキラーアプリとなりうる屋外で使うためのアプリ開発であった[11][12]。その第一弾が、位置情報を使って地域情報をプッシュ通知する『Field Trip』であり、次は位置情報を使って地域の名所を使って陣取りをするゲーム『ingress』であった。ingressの制作動機の一つに、ハンケの子供が家の中でゲームをしているのを見て、「せっかく外は晴れていて世界は素晴らしいのに、ずっと家の中にいるなんて」と考え、外へ連れ出すための方法としてゲームを使うことを考えたということがあるという[12]

ハンケはGoogleにおけるナイアンティック・ラボの使命について次のように語っている。

歩いて冒険をすること。それは技術を使って、リアルな世界と人々をつなぐということです。テクノロジーを使って、遠くにあるものの情報を得るのではなく、自分の身の回りにあるものをどう感じ取れるか?どう変化させていけるのか? ということに注力しています。バーチャルなものを変えていくのではなく、実際に触れるリアリティのあるものをより面白くよりミステリアスに変えていくことがわれわれにとっては大事なんです。

石巻市で2014年に開催されたイベントでのジョン・ハンケのインタビューより[13]

ingressの今後について、ナイアンティックの社員である川島優志は、プレイヤーが申請してきた世界各地の「ポータル」に関するデータベースを、別の企業やクリエイターに開放し、ゲームや教育など様々なアプリケーションやサービスを開発してもらうことを考えているという[14]。ハンケも、「イングレスをプラットフォームとして発展させ、イングレスの上でクリエイターやデベロッパーがイングレスのようなゲームを作れるような環境を作っていく」「外に出て遊べるようなゲームを作れるプラットフォームとして育てていく」ことがingressの展望だと述べている[13]

ストーリー[編集]

世界には、人間の心身に対して“啓発的な”効果を及ぼす謎の物質が存在していた。CERNでの実験で偶然この物質を発見した研究者たちは、この物質を「エキゾチック・マター (XM)」と呼んだ。XMの研究のため、NIA(アメリカ国家情報局)はCERN付近に研究者らを集め「ナイアンティック計画」(Niantic Project)を立ち上げた。その過程で、XMは秩序と知性を持つと考えられること、臨界量を超えるXMに被曝した者は「シェイパー」と呼ばれる存在の影響を受け彼らに侵略されるということが判明した。人類の文化や古代文明の発展も、その滅亡も、シェイパーの影響によるものではなかったかと考える者もいる。

XMは全世界に分布していたが、とりわけ、文化的・芸術的・宗教的に重要な場所に密集しており、このような場所は「XMポータル」と呼ばれた。

ナイアンティック計画は実験最終日のXM大量流出事故(「啓示の夜」事件)により崩壊し、XMの無限の可能性(あるいは危険性)を知った研究者たちは、各地の企業や結社と組んでそれぞれ行動を開始した。研究者たちの一部はわずかな改造を施した携帯電話上で機能する「スキャナ」技術を開発した。これによって、実世界に存在するXMポータルを観察し、操作出来るようになった。ほどなくスキャナ技術は漏洩し、Google Playに「ゲーム」としてアップロードされた。以来、数百万にのぼる人々が、XMの性質や、その人類への影響などに関わる実験を行った。その結果、エンライテンドとレジスタンスという2つの派閥(Faction)が生まれた[15]

エンライテンド(Enlightened (ENL), 覚醒派閥)
異世界からの意思を、人類を次のステージに引き上げるための手掛かりと考えXMを積極的に利用しようとしている人達。シェイパーの平和的な地球進入を助け、人類の覚醒を促す。
指導者は、ナイアンティック計画のメンバーであったが「啓示の夜」事件の時にどさくさ紛れに暗殺されてしまったローランド・ジャービス(Roland Jarvis 声:JB・ブラン)の霊。その意識はXMの中に遍在している。
ゲーム内において緑色で表示される。シンボルマークはエジプトのホルスの目を思わせるデザイン。
レジスタンス(Resistance (RES), 抵抗派閥)
XMを正しく制御していくべきだとする人達。シェイパーの地球侵略に抵抗し人類を守るため、制御されたXMを用いる。
指導者はナイアンティック計画の支援のために起用された、自我を持つコンピュータシステム・ADA(エイダ)(A Detection Algorithm 声:ローラ・ベイリー)。機械と人類との融合を目指している。
ゲーム内において青色で表示される。シンボルマークは(ホームベース型)の上に鍵を重ねたようなデザイン。

設定[編集]

プレイヤーは「エンライテンド」か「レジスタンス」どちらかの勢力の「エージェント」となり、自らのスマートフォンを「スキャナー」として用いる。スキャナーで各地に存在する「ポータル」を探し出し、それらをリンクさせて「コントロールフィールド」を作り、その範囲内にある地域に住む人々を支配下に置く。

最終的な目的は、同じ派閥に属する他のエージェントと協力し、全世界を守る(または解放する)こと。

ゲームのルール[編集]

エージェント[編集]

  • プレイヤーは「エンライテンド」か「レジスタンス」、どちらの派閥(Faction)のエージェントになるかを選んでゲームを開始する。アイテムは基本的に同じものを使うため、勢力による能力差は存在しない。
  • コードネーム(プレイヤー名)および所属派閥は原則として変えることはできない。また、位置情報ゲームゆえにプレイヤーの生活範囲が分かる場合もあるため、コードネームは他の活動とは関係ない匿名性の高いものが推奨されている[16]
    • コードネームは誤って本名を入力してしまった場合などのみ変更可能であるが、Googleの審査を経る必要がある[17]
    • 派閥を変更する場合も申請が必要である[17]。許可されるのは1プレーヤーにつき1回で、変更後はアイテム・経験値などが全て初期化される[17]
  • ゲーム中でエンライテンドは緑、レジスタンスは青、中立は白で表される。

ポータル・レゾネーター[編集]

審査の基準見直しと円滑化のため、2015年9月5日をもって新規ポータル申請・審査は停止している[18]

以下はポータル申請が可能だった2015年9月以前の審査基準である。

  • 文化的・芸術的・宗教的に重要な場所がポータルとなっている。
    • 具体的には史跡記念碑彫像パブリックアート図書館郵便局教会神社など[19][20]
      • ただし、大学を除く学校や、消防署病院警察署のような拠点、個人の宅地、危険な場所、景観、永久的でないものについては承認されない可能性が高いとされる。
    • その地域でポータルに適すると思われる場所があれば、ゲーム上から新規ポータルの候補として申請することができる。運営にて審査し認められれば新たにポータルが増える。2015年9月、新規申請の受付が一時停止となった。
    • ポータルの審査はNiantic Labs側が人力で実施しており、審査完了に要する期間は通常3〜4週間とされている[21]が、地域や状況によって実際の審査期間は大きく異なる。2015年2月時点で、審査は数カ月から1年待ちとも言われている[22]
  • ポータルから40メートル以内に近づき、ポータルを「ハック」すると各種アイテムが手に入る。ポータルはスキャナを目視で確認しながら現場まで足を運ぶ必要があるが、「NAVIGATE」と書かれたボタンを押すことでそのポータルまでのおよその距離と方角が音声で表示されるようになり、ガイドにして進むことが出来る。
    • ただし表示されるのはあくまで位置情報(方角と直線距離)であり経路が表示されるわけではないため、道路や河川、壁などに隔てられた場所にポータルが存在するといったケースも起こりうるので注意が必要。
    • ハックボタンを長押しすることで「グリフハック」(Glyph HACK)と呼ばれるミニゲームをすることができる。グリフハックは最初に「お手本」として表示される1〜5個の図形(グリフ)を一筆書きの要領で順番に描くもので、その正答数に応じてアイテムの獲得率が増える。グリフにはそれぞれ独自の英単語が名称として割り振られており、一度のハックで表示されるグリフの名称を続けて読むとメッセージのような並びになっている。図形の順番にはパターンがあるため、覚える上での目安になる[23]
      • 表示されるグリフの数や出現するアイテムのレベルは、ポータルおよびプレイヤーの低い方のレベルに依存する。
  • ポータルに「レゾネーター」を設置するとそのポータルが自勢力のものとなる。
    • 敵派閥のポータルに対しては、「XMPバースター」や「ウルトラストライク」といったウェポンアイテムで全てのレゾネータを破壊し、いったん中立に戻してからレゾネータを設置することで自勢力のものとなる。
  • 味方陣営のポータルにはMODとよばれるアイテムを設置することが可能(最大4つ。すべて同一アイテムであっても問題はない)。アイテムによって後述のリンク可能な距離が伸びたり、レゾネーターの攻撃耐性が向上したりする。
    • 同一ポータルに個人が設置できるのは2つまで。4つ設置するには二人必要となる。
    • ポータル自身が被弾したとき、まれに壊れる。ウルトラストライクはMODの破壊率が高い。

リンクとコントロールフィールド[編集]

  • ポータルにレゾネーターを8本設置するとそのポータルから他の自勢力のポータル(レゾネーターが8本設置済み)を「リンク」すること(または「リンク」されること)ができる。
    • ポータル同士をリンクするには、リンク先ポータルの「ポータルキー」が必要になる。ポータルキーはハックで得ることができるアイテムの一種である。
    • ポータルのレベルによってリンク可能な距離は変化する[24]。最高レベル(レベル8)のポータルで655km、更にリンク距離を延ばすMODを併用すれば最長6,877kmの距離でリンクが可能となる。
  • 3つのポータルを三角形を描くようにリンクすると、地図上のその部分が自勢力の「コントロールフィールド」(Control Field, CF)となる。コントロールフィールドを作成すると、その面積と領域内の人口に応じた「マインドユニット」(MU)と呼ばれる得点が手に入る。
    • 人口が非常に大きく影響するため、同じ面積のコントロールフィールドならば地方よりも都市部の方がMUの値が大きくなる[24]
  • 逆に、敵派閥のコントロールフィールドを構成しているポータルのレゾネータを破壊し中立に戻すと、リンクおよびコントロールフィールドも破壊され、その分のMUの値を減少させることができる。
  • 作成するリンクは、既存のリンクと(それが自勢力のものであれ敵派閥のものであれ)交差することはできない。
    • 長い距離のリンクを作成するには、その間にある多くのリンクをあらかじめ破壊しておく必要があるため、難易度が高くなる。
    • 相手にリンクを作成されたくない所には、それと交差するようにリンクを作成しておくことで作成を妨害することができる。
  • 両派閥でMUの値が多いほうが優勢となる。
    • 地球表面を24,576分割した各セル(地域)で、175時間サイクルごとに残存しているコントロールフィールドのMU値が集計されて勝敗が決まり、さらに全地域のMU値が合算され世界レベルでの勝敗が決まる。

レベル[編集]

  • エージェント、ポータル、一部のアイテム(レゾネーターやXMPバースター等)には「レベル」がある。アイテムとポータルのレベルは1から8までであるが、エージェントのレベルは1から16まで設定されている。ただしエージェント自体に(本人の習熟を除いた)特別なスキル等があるわけではないため、レベル8以降のエージェントに能力差はほぼ存在しない[注釈 2]
    • エージェントのレベルはAP(Access Points)と呼ばれる経験値を積むことで上がっていく。レベル8まではAPのみで達成できるが、レベル9以上はAPに加えてメダルと呼ばれる実績も一定数獲得する必要がある。メダルは実績に応じて5段階のランクがあり、高レベルになるほど高ランクのメダルが要求される。
  • 使用できるアイテムはエージェントのレベルに依存する。例えば、レベル1のエージェントはレベル2以上のアイテムを使用できない(保有は可能)。
    • 前述のとおり、アイテムのレベルは8までであるため、エージェントのレベルが8になれば存在するアイテムが全て使用できる。
    • ポータルのレベルは設置されたレゾネーターの合計レベルに依存するため、高レベルのポータルを作るには高レベルのエージェントが必要となる[注釈 3]
    • 高レベルのレゾネーターは耐久力が高いため、低レベルのエージェントでは(使えるウェポンのレベルも低くなるため)破壊が難しい。

その他[編集]

イベント[編集]

  • 第一土曜日に行われるファーストサタデー(First Saturday)や、不定期で行われるXM アノマリー(XM Anomaly)がある。[25]
  • XM アノマリーが開催される地域では、米GORUCKが行う、GORUCKが行われる場合もある。[26]
  • 自治体や、エージェントが主体となって行う、ミッションデー(Mission Day)がある。[27]

タイアップ[編集]

  • 2014年11月 - 日本のコンビニエンスストア「ローソン」の約1万以上の店舗がポータル化(ローソンストア100、ナチュラルローソン、ローソンマートは除く)[28]
  • 2014年12月 - フランスの保険・金融グループ「アクサ」にちなむゲーム内アイテム「AXA シールド」が登場。また、ドイツ、イタリア、ポーランド、インドネシア、スイスの支店がポータル化[29]
  • 2015年6月 - 日本の銀行「三菱東京UFJ銀行」にちなむゲーム内アイテム「MUFG カプセル」が登場。また支店、ATMコーナーがポータル化[30]
  • 2015年6月 - 日本の携帯電話通信事業者「ソフトバンク」にちなむゲーム内アイテム「SoftBank ウルトラリンク」が登場。また、ソフトバンクショップがポータル化[31]
  • 2015年8月 - 日本の飲料メーカー「伊藤園」の災害対応自動販売機および社会貢献につながる自動販売機のうち約2,000台がポータル化[32]
  • 2015年11月 - 日本の印刷業者大日本印刷グループの書店281店舗がポータル化[33]
  • 2016年1月 - 日本赤十字社の関東甲信越・近畿・中四国の献血ルームがポータル化[34]
  • 2016年2月 - 日本のコンビニエンスストア「ローソン」にちなむゲーム内アイテム「Lawson Power Cube」が登場[35]
  • 2016年4月 - 日本のカー用品チェーン運営のオートバックスセブンが運営する「オートバックス」がポータル化[36]
  • 2016年7月 - 日本の旅行会社WILLER TRAVELが世界初となるIngressバス「NL-PRIME」を運行開始[37]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Ingressは位置情報システムを常時利用するため端末のバッテリー消費が激しく、長時間プレイのためにモバイルバッテリーを購入するユーザが多い
  2. ^ 一度に保有できるXMの量やポータルの遠隔リチャージ可能距離といった差はレベル8〜レベル16にも存在する
  3. ^ 例えばレベル8のレゾネーターはひとつのポータルに各エージェントともひとつしか設置できないため、ポータルのレベルを最高のレベル8にするためには8名のレベル8エージェントが必要になる

出典[編集]

  1. ^ Three Years of Ingress and the Road for Niantic”. 2016年7月21日閲覧。
  2. ^ Ingress Intel Mapにおける表示(要ログイン)
  3. ^ inomskのツイート (505176283832012800)
  4. ^ ファーミングから作戦行動まで。Ingress(イングレス)レベル8エージェントの日常 できるネット
  5. ^ “岩手県がスマホゲーム「Ingress」を観光振興などに活用”. (2014年9月24日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/092301024/ 2014年9月27日閲覧。 
  6. ^ “横須賀市が自治体初のIngress特設ページ開設。無人島へのフェリー料金半額など観光振興に活用”. Engadget日本語版. (2014年12月18日). http://japanese.engadget.com/2014/12/18/ingress/ 2014年12月22日閲覧。 
  7. ^ ローソンのお店がポータルに! ローソン公式サイト
  8. ^ Ingress Partnership Zipcar
  9. ^ “IngressがAXAグループと提携、ゲーム内に新アイテム「AXAシールド」登場”]. 日経BP・ITPro. (2014年12月17日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/121602283/ 2014年12月22日閲覧。 
  10. ^ PowerIQ搭載でストレスフリーな小型モバイルバッテリー「Astro」 ケータイWATCH(冒頭に「リアル課金」についての言及あり)
  11. ^ Ingress:『Atari 400』がなければ生まれなかったかも!? ジョン・ハンケ氏インタビュー - 週刊アスキー 2014年12月13日
  12. ^ a b Ingressの核心は「世界をよくするためには外に出ること」--川島優志氏インタビュー(前編) - CNET Japan 2015年2月27日
  13. ^ a b イングレス@石巻レポート3:Ingress開発者ジョン・ハンケ氏インタビュー - Engadget Japanese 2014年06月25日
  14. ^ Ingressの新機能と今後のプラットフォーム展開--川島優志氏インタビュー(後編) - CNET Japan 2015年2月28日
  15. ^ イングレス一周年記念動画日本語訳(PDF)
  16. ^ エージェント プロトコル Ingress公式ヘルプ
  17. ^ a b c Faction や Codename を変更するにはどうすればよいですか? Ingress公式ヘルプ
  18. ^ https://plus.google.com/u/0/+Ingress/posts/gUYoeynZmYM
  19. ^ Portal候補の基準
  20. ^ 現実と仮想世界が交差する陣取りゲームアプリ「Ingress」の魅力とは”. THE PAGE(ワードリーフ株式会社) (2014年10月2日). 2014年10月2日閲覧。
  21. ^ 新しい Portal の申請 Ingress公式ヘルプ
  22. ^ “岩手県が「Ingress」で名所巡りや“わんこ対決”--町おこしイベントに密着”. CNET Japan. (2015年2月20日). http://japan.cnet.com/sp/ingress/35060684/ 2015年4月4日閲覧。 
  23. ^ 5 Glyph Hack Sequences
  24. ^ a b 基本説明 Ingress公式ヘルプ
  25. ^ Ingress Live Events 2016/2/13 16:13閲覧
  26. ^ GORUCKについて 2016/2/14閲覧
  27. ^ Ingress ミッションデーとは|イングレス初心者講座 わんこ団子 2016/2/14閲覧
  28. ^ ローソンのお店がポータルに!
  29. ^ アクサとIngressがコラボ開始、ゲーム内最強のシールドが登場
  30. ^ 三菱東京UFJ銀行がIngress(イングレス)と全面タイアップ。店舗やATMがポータルに!
  31. ^ ソフトバンクショップがIngressに登場!
  32. ^ 「Ingressアイテム & クオカードプレゼント」キャンペーン
  33. ^ DNPがIngressとコラボ、丸善・ジュンク堂・文教堂がポータルに
  34. ^ Ingress×献血の本格イベント「Red Faction」 2016年1月に開催! エージェントの提案に日本赤十字社・Nianticが協力
  35. ^ LAWSON×INGRESSプロジェクト
  36. ^ Ingressとオートバックスがコラボ 「これまで接点がなかったお客様(徒歩プレイヤー)が来店するきっかけに」
  37. ^ WILLER TRAVEL、ナイアンティック社と協力し世界初のIngressバス「NL-PRIME」を開発、運行を開始 - WILLER TRAVEL 2016年6月6日

関連項目[編集]

  • Pokémon GO - 本作を開発したナイアンティックが、本作を基に開発した位置情報ゲーム。本作におけるポータルのデータが、ポケストップやジムに流用されている。
  • メルカリ - 株式会社メルカリと提携し、フリマアプリサービス内で本作の二次創作物の公式な流通を開始している。

外部リンク[編集]