国光汽車客運

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国光汽車客運股份有限公司
Kuo-Kuang Motor Transportation Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 国光客運、国光
本社所在地 中華民国の旗 中華民国台湾
台北市中正区忠孝西路1段171号3階
設立 2001年6月15日
業種 陸運業
事業内容 乗合バス事業、貸切バス事業、旅行業他
代表者 董事長:陳浴生
副董事長:王應傑
決算期 毎年12月
主要子会社 國光假期旅行社株式會社
國光媒媒体株式會社
外部リンク http://www.kingbus.com.tw/
テンプレートを表示

国光汽車客運(こっこうきしゃきゃくうん)は台湾バス事業者。略称は国光客運国光2001年7月1日台湾省虚級化に伴い中華民国台湾省公営バス(台灣省公路局の後進にあたる台灣汽車客運股份有限公司、略称:台汽)の96路線の旅客業務を継承して成立した(一部ガイドブック等に「元国営」と書かれているものが存在するが、台湾省はあくまでも地方政府であり、これは間違いである)。都市間を連絡する中長距離路線を運行する。800台の車両を保有し、1日7万人の輸送を行なっている。台湾では統聯客運に次いで2番目に規模が大きいバス事業者である。

概要[編集]

バスによる輸送比率が高い台湾では、台汽は主要都市を連絡する重要な交通手段として利用されていた。しかしながら、マイカーの普及や飛行機路線の拡充により乗客数は減少傾向にある。加えて、多数の民間バス会社が参入し、座席の高級化(通称「総統座椅」)やテレビのコンテンツを増やすなどサービスを拡充した結果、旅客の流出が進んでいた。このため、減収と運輸コスト上昇により台汽の事業経営は年々悪化していった。

台汽は1997年より組織改革を行い5つの運輸処を廃止し、本社に由るサービスセンターの直轄化等のスリム化を行ったが、2000年には債務超過状態に陥った。所管部である交通部は、台汽の事業継続が困難であるとして、事業停止や大規模リストラによる維持を含め検討した。しかし、市民の交通をアクセス維持するために事業停止は困難であり、またリストラ敢行には従業員の猛反発が予想されることなどから民営化の道が模索された。

こうして、台汽の高速道路53路線、一般路線43路線の計96路線と不動産開発部門を承継する、社員の共同資本による民間企業として「国光汽車客運股份有限公司」は成立した。民営化移行に伴い失業となる従業員数は200人以上となり、国光の営業開始当日に待遇で不満を持つ従業員の一部が台北基隆で抗議活動・ストライキを行うなど、波乱ぶくみのスタートとなった。

保有車種[編集]

関連事業[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ あさとの飛行機で行く台湾・タイ・世界遺産と機内食の日記 2017年3月 桃園捷運初乗車 2/9

外部リンク[編集]