台中空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
台中清泉崗飛行場 (台中空港)
Taichun Chingchuankang Air Base (Taichun Airport)
台中空港

IATA: RMQ - ICAO: RCMQ

RMQ/RCMQの位置(台湾内)
RMQ/RCMQ
RMQ/RCMQ
空港の位置(台湾)
概要
国・地域 台湾の旗 台湾
所在地 台中市沙鹿区
種類 軍民共用
運営者 民用航空局
標高 202 m (663 ft)
座標 北緯24度15分52秒 東経120度37分14秒 / 北緯24.26444度 東経120.62056度 / 24.26444; 120.62056座標: 北緯24度15分52秒 東経120度37分14秒 / 北緯24.26444度 東経120.62056度 / 24.26444; 120.62056
ウェブサイト http://www.tca.gov.tw/
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
18/36 YES 3,658×45 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
台中空港
各種表記
繁体字 臺中航空站
簡体字 台中航空站
拼音 Táizhōng Hángkōngzhàn
注音符号 ㄊㄞˊ ㄓㄨㄥ ㄏㄤˊ ㄎㄨㄥ ㄓㄢˋ
発音: タイヂョンハンコンヂャン
英文 Taichung Airport
テンプレートを表示
第一ターミナルビル

台中清泉崗飛行場(たいちゅうせいせんこうひこうじょう、臺中清泉崗機場、Taichun Chingchuankang Air Base)は、台湾 (中華民国) 台中市沙鹿区に位置する飛行場である。「清泉崗基地」とも呼ばれるが、一般に台中空港繁体字:臺中航空站英語:Taichung Airport)または台中国際空港(臺中國際機場)と呼ばれる。[1]通称は、清泉崗飛行場(清泉崗機場)。

1954年、現在の位置に軍民共用の飛行場として開設された。2004年まで清泉崗空軍基地 (Ching Chuan Kang AirBase) として、専ら中華民国空軍が使用した。

歴史[編集]

台中空港の前身は日本統治時代の1936年昭和11年)に設置された「公館飛行場」である。1954年米華相互防衛条約に従い拡充され、1966年3月20日に「清泉崗空軍基地」と命名(邱清泉将軍〈1902-1949年〉にちなむ名称)された。コードをCCKとし、当時極東地域に於ける最大のアメリカ空軍基地として、B-52戦略爆撃機の発着が可能な設備を備えていた。ベトナム戦争ではB-52が配備され、ベトナムを攻撃するための中継基地としての役割を果たした。

2003年9月4日、中部国際空港の建設が開始され、2004年3月5日には軍民共用空港として台中市西屯区に位置していた「台中水湳空港中国語版」の全ての国内線が清泉崗空港に移され、名称も「中部国際空港」と改称された。旧水湳空港は供用停止され、跡地の再開発が進められている。

2017年1月3日、台中国際空港へと名称が変更された[1][2]

就航航空会社と就航都市[編集]

国際線[編集]

航空会社 就航地
中華民国の旗 マンダリン航空 長沙黄花国際空港長沙)、杭州蕭山国際空港杭州)、ノイバイ国際空港ハノイ)、タンソンニャット国際空港ホーチミンシティ)、香港国際空港香港)、梅県空港梅州市)、大分空港大分県)、那覇空港沖縄県)、寧波櫟社国際空港寧波)、鄭州新鄭国際空港鄭州)、仁川国際空港仁川広域市
中華民国の旗 ファーイースタン航空 石家荘正定国際空港石家荘)、フフホト白塔国際空港フフホト市)、太原武宿国際空港太原
中華民国の旗 ユニー航空 長沙黄花国際空港(長沙)、広州白雲国際空港広州[3]、杭州蕭山国際空港(杭州)、南寧呉圩国際空港(南寧)、寧波櫟社国際空港(寧波)、深セン宝安国際空港深圳)、廈門高崎国際空港(廈門)
中華人民共和国の旗 中国国際航空 北京首都国際空港北京
中華人民共和国の旗 中国東方航空 南京禄口国際空港南京
中華人民共和国の旗 山東航空 済南遥墻国際空港済南
中華人民共和国の旗 天津航空 天津浜海国際空港天津)、西安咸陽国際空港西安
香港の旗 香港ドラゴン航空 香港国際空港(香港)
香港の旗 香港エクスプレス航空 香港国際空港(香港)

国内線[編集]

航空会社 就航地
中華民国の旗 マンダリン航空 金門空港金門県)、馬公空港馬公市
中華民国の旗 ファーイースタン航空 金門空港(金門県)、馬公空港(馬公市)
中華民国の旗 ユニー航空 金門空港(金門県)、馬公空港(馬公市)、馬祖南竿空港連江県

中華民国空軍清泉崗基地[編集]

清泉崗基地正門とゲートガードのスターファイター

清泉崗基地(せいせんこうきち、繁体字:清泉崗基地英語:Chingchuankang Air Base)は日本敗戦後米空軍の支援施設であったが、米華相互防衛条約により施設拡張とジェット機化が行われ、1958年に米空軍第83迎撃戦闘機中隊英語版が、翌1959年中華民国空軍第427戦術戦闘機連隊が移駐して使用している。アメリカ合衆国空軍は米中国交正常化に伴い撤退している。

配置部隊[編集]

  • 第427戦術戦闘機連隊(使用機材:経国戦闘機(F-CK-1))

交通[編集]

かつては神岡線が清泉崗基地へのジェット燃料等の物資輸送の為基地内まで敷設されていたが、ベトナム戦争後の輸送量低下により廃止となり、旅客化はされなかった。

鉄道[編集]

最寄駅は海岸線清水駅で、タクシーで10分程度かかる。高鉄台中駅へは市内バス156系統で行ける。

路線バス[編集]

2013年4月10日の新ターミナルビル完成により当空港を経由する全ての市内バスは、新ターミナルビル一階のバス乗り場より発着する。

  • 空港連絡バス
    • A1系統 美術館行:国道3号、新烏日駅経由
    • A2系統 台鉄台中駅行:旧台中州庁、国光客運台中ターミナル経由
    • A3系統 逢甲夜市行:頂陳平、国光客運水湳駅、暁明女中経由

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “台中の交通、新たな時代へ 「台中国際空港」に名称変更/台湾”. フォーカス台湾 (中央通訊社). (2017年1月3日). http://japan.cna.com.tw/news/atra/201701030010.aspx 2017年1月3日閲覧。 
  2. ^ 臺中國際機場正式揭牌 中台灣觀光加速起飛 1060103新聞稿 - 臺中航空站 民国106年1月3日
  3. ^ 立栄航空、台中発着の長沙、広州線に就航 - Flyteam 2013年5月15日

外部リンク[編集]