台中空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台中空港
Taichung Airport
台中空港

IATA:RMQ-ICAO:RCMQ

RMQ/RCMQの位置(台湾内)
RMQ/RCMQ
RMQ/RCMQ
空港の位置(台湾)
概要
国・地域 台湾の旗 台湾
所在地 台中市沙鹿区
種類 軍民共用
運営者 民用航空局
標高 202 m・663 ft
座標 北緯24度15分52秒 東経120度37分14秒 / 北緯24.26444度 東経120.62056度 / 24.26444; 120.62056座標: 北緯24度15分52秒 東経120度37分14秒 / 北緯24.26444度 東経120.62056度 / 24.26444; 120.62056
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
18/36 YES 3,658×45 舗装
リスト
空港の一覧
台中空港
各種表記
繁体字 臺中航空站
簡体字 台中航空站
拼音 Táizhōng Hángkōngzhàn
通用拼音 Táijhong Hángkongjhàn
注音符号 ㄊㄞˊ ㄓㄨㄥ ㄏㄤˊ ㄎㄨㄥ ㄓㄢˋ
発音: タイヂョン
英文 Taichung Airport
テンプレートを表示

台中空港(たいちゅうくうこう)は、台湾台中市沙鹿区に位置する国際空港である。通称は、清泉崗空港

1954年、現在の位置に軍民共用の飛行場として開設された。2004年まで、専ら台湾空軍が使用した(清泉崗空軍基地、Ching Chuan Kang AirBase)。

歴史[編集]

台中空港の前身は日本統治時代に設置された「公館空港」である。1954年米華相互防衛条約に従い拡充され、1966年3月20日に「清泉崗空軍基地」と命名(邱清泉将軍1902-1949年にちなむ名称)、コードをCCKとし、当時極東地域に於ける最大のアメリカ空軍基地として、B-52戦略爆撃機の発着が可能な設備を備えていた。事実ベトナム戦争ではB-52が清泉崗空港に配備され、ベトナムを攻撃するための中継基地としての役割を果たした。

2003年9月4日、中部国際空港の建設が開始、2004年3月5日には軍民共用空港として台中市中心付近に位置していた「水湳空港」の全ての国内線が清泉崗空港に移され、名称も「中部国際空港」と改称された。旧水湳空港は供用停止となっている。

就航航空会社と就航都市[編集]

国際線[編集]

航空会社 就航地
中華民国の旗 マンダリン航空 (AE) 長沙黄花国際空港長沙)、杭州蕭山国際空港杭州)、ノイバイ国際空港ハノイ)、タンソンニャット国際空港ホーチミンシティ)、香港国際空港香港)、梅県空港梅州市)、那覇空港沖縄県)、寧波櫟社国際空港寧波)、鄭州新鄭国際空港鄭州)、仁川国際空港ソウル特別市/仁川広域市
中華民国の旗 ファーイースタン航空(FE) 石家荘正定国際空港石家荘)、呼和浩特白塔国際空港フフホト市)、太原武宿国際空港太原
中華民国の旗 トランスアジア航空 (GE) 福州長楽国際空港福州)、マカオ国際空港マカオ)、南寧呉圩国際空港南寧[1]上海浦東国際空港上海)、廈門高崎国際空港廈門
中華民国の旗 立栄航空 (B7) 長沙黄花国際空港(長沙)、広州白雲国際空港広州[2]、杭州蕭山国際空港(杭州)、南寧呉圩国際空港(南寧)、寧波櫟社国際空港(寧波)、深セン宝安国際空港深圳)、廈門高崎国際空港(廈門)
中華人民共和国の旗 中国国際航空 (CA) 北京首都国際空港北京
中華人民共和国の旗 中国東方航空 (MU) 南京禄口国際空港南京
中華人民共和国の旗 山東航空 (SC) 済南遥墻国際空港済南
中華人民共和国の旗 四川航空 (3U) 成都双流国際空港成都
香港の旗 香港ドラゴン航空(KA) 香港国際空港(香港)
香港の旗 香港エクスプレス航空(UO) 香港国際空港(香港)

国内線[編集]

航空会社 就航地
中華民国の旗 マンダリン航空 (MDA) 金門空港金門県)、馬公空港馬公市
中華民国の旗 ファーイースタン航空(FAT) 金門空港(金門県)、馬公空港(馬公市)
中華民国の旗 トランスアジア航空 (TNA) 花蓮空港花蓮市
中華民国の旗 立栄航空 (UIA) 金門空港(金門県)、馬公空港(馬公市)、馬祖南竿空港連江県

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 復興航空、台中/南寧線に新規就航へ
  2. ^ 立栄航空、台中発着の長沙、広州線に就航

外部リンク[編集]