ベトジェットエア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベトジェットエア
Vietjet Air
VietJet Air logo.svg
IATA
VJ
ICAO
VJC
コールサイン
VIETJETAIR
設立 2007年
ハブ空港 ノイバイ国際空港
タンソンニャット国際空港
親会社 Sovico Holdings
保有機材数 51機
就航地 35都市
本拠地 ベトナムハノイ
代表者 グエン・ティ・フオン・タオ (Nguyễn Thị Phương Thảo)
外部リンク http://www.vietjetair.com/
テンプレートを表示
エアバスA320-200

ベトジェットエア (Vietjet Air)は、ベトナム格安航空会社である。ベトナム初の民間航空会社。Sovico Holdings傘下[1]

沿革[編集]

2007年に設立。当初はエアアジアとの合弁で「ベトジェット・エアアジア」として運航する予定であったが、ベトナム政府の外資規制方針によって、エアアジアとしての運航が許されなかった。その後、エアアジアが資本を引き上げた後、2011年12月25日から運航を開始した[2]

2012年にビキニ姿の客室乗務員が機内で踊るサービスを開始し、国内外で話題を集めたが、問題視したベトナム当局により地方航空規制違反で罰せられた[3]

2017年7月25日、日本航空(JAL)と包括的業務提携を発表[4]、同社とのコードシェア便運航は2018年10月28日より開始される[5][6]

2018年5月7日、日本の国土交通省より、外国人国際航空運送事業の経営許可を受け[7]、11月8日より大阪/関西 - ハノイ間に就航させた[8]。 その後、大阪/関西 - ホーチミンシティを同年12月14日に[9]東京/成田 - ハノイを2019年1月11日に[10]それぞれ就航した。2019年10月27日には、ダナン - 東京/羽田間が就航した[11]。今後は、名古屋、福岡、鹿児島に就航する計画であると発表された。

代表[編集]

CEOのグエン・ティ・フオン・タオ (Nguyễn Thị Phương Thảo)は、親会社のSovico Holdingsの共同創業者・会長であり、東南アジアの女性として自力で成功した初のビリオネア(=総資産10億ドル以上)でもある[3][12]。既婚で4人の子を持つ[12]。1970年にハノイで生まれ、ロシアプレハーノフ記念ロシア経済アカデミードミトリ・メンデレーエフ化学技術大学で金融と経営を学んだ。日本などアジア諸国の衣料品、オフィス機器、肥料などをモスクワで販売して資産を作り、帰国後ベトナム初の民間銀行であるテクコムバンク(Techcombank)とベトナム国際商業銀行(VIB)などに投資、その後、2007年にベトジェットエアを設立した[3]

Sovico Holdingsは1980年代後半にメディア事業者として始まり、1992年からは産業機械、建設機械、特殊車両、鉄鋼、肥料などを扱う商社となり、ソ連のベトナム商業組合の立ち上げにも携わった[13][1]。1997年に金融業に進出し、2008年に社名をSovicoからSovico Holdingsに変更して、航空のほか、金融(HD Bank=ホーチミン市開発銀行)、不動産(都市開発やベトナム最大級のビーチリゾートを複数所有)、水力発電など20以上の子会社と約2万人の従業員を抱えるベトナム有数のコングロマリット企業(複合企業)となった[1][14][3]

保有機材[編集]

2018年現在[15][16]

Vietjet Air fleet
機種 運用機数 発注機数 席数 備考
Airbus A320-200 23 180
Airbus A321-200 30 6 230
Airbus A321neo 3 119 230
Boeing 737 MAX 8 120 TBA うち100機は高需要仕様MAX200、他仕様は未発表[要出典]
Boeing 737 MAX 10 80 TBA
Total 56 325

就航都市[編集]

サービス ほか[編集]

  • 機内に持ち込める手荷物は7kg以下、有料で預けられる手荷物は32kg以下となっている[21]
  • 座席指定[22]、機内食、飲料など[23]は有料である。
  • "SkyBoss"と呼ばれる航空券を購入すると、最優先の事前座席指定、優先チェックイン、空港ラウンジの利用、搭乗ゲートまで車両による送迎、優先搭乗、機内での軽食、優先降機などのサービスが受けられる[24]
  • プロモーションの一環として、「ベトジェット・セクシー」と称し、機内で女性モデルらがビキニやドレスなどでダンスをする「ファッションショー」を実施している[25][26]。ビキニ姿の客室乗務員の写真が掲載されたカレンダーも作成されている[27]
  • 抽選会も開催され、無料航空券などの贈り物が贈呈されるキャンペーンプロモーションを、ベトナム当局不許可で実施し、罰金を科されたりしているが、罰金額は日本円で75,000円ほどであった。[要出典]
  • また、機内で結婚式を挙げることもできる。なお料金は無料。高度1万メートルで、一生の愛を誓うことができる。ただし、参列者は一般の乗客である。[要出典]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Sovico HoldingsSovico Holdings
  2. ^ エアアジア、ベトジェットエアとの合弁を解消へ -VIETJO 2011/10/14
  3. ^ a b c d ベトナム女性初のビリオネア、グエン・ティ・フオン・タオとは新会社設立.jp
  4. ^ JALとVietjet Aviation Joint Stock Company包括的業務提携に向けた覚書を締結 - 日本航空 2017年7月25日
  5. ^ 日航、日越で共同運航 ベトジェットと今年度 - 日本経済新聞 2017年9月14日
  6. ^ JALとベトジェットエア、コードシェアを開始 - 日本航空 2018年10月19日
  7. ^ 外国人国際航空運送事業の経営許可 (PDF) - 国土交通省 平成30年5月7日
  8. ^ ベトジェットのハノイ―関空便、11月からに - NNA.ASIA 2018年6月1日
  9. ^ ベトジェットエア、大阪~ホーチミン直行便を12月14日就航―ハノイ線も11月から - VIETJO 2018年7月16日
  10. ^ ベトジェットエア、成田~ハノイ直行便を就航へ―日本線3本目 - VIETJO 2018年8月21日
  11. ^ ベトジェット、日本向け2路線開設 LCC初の経団連企業にも - 日本経済新聞 2019年7月2日
  12. ^ a b #1001 Nguyen Thi Phuong ThaoForbs, 2020
  13. ^ ディベロッパー紹介:SOVICO Holdings(ソビコホールディングス)ベトナム不動産ガイド『ハノイ、ホーチミン、ダナンの情報を見よう』、2016/09/13
  14. ^ ベトジェット社長、「世界で影響力のある女性」に Searchina, 2018-12-08
  15. ^ VietJetAir fleet details - AirFleets.net
  16. ^ VietJetAir Fleet Details and History - PlaneSpotters.net
  17. ^ ベトジェットエア、A320ファミリーを100機超の契約結ぶ - Flyteam 2014/02/11
  18. ^ ボーイング、ベトジェットエアと737 MAX 200を100機契約 - Flyteam 2016/05/23
  19. ^ ベトジェット、737-8-MAXと737-10-MAXを100機契約 - Flyteam 2018/07/21
  20. ^ ベトナムのベトジェット、A321neoを50機発注 -Flyteam 2018/07/20
  21. ^ Baggage service - VietJet Air
  22. ^ Seat selection - VietJet Air
  23. ^ In-flight services - VietJet Air
  24. ^ SkyBoss - VietJet
  25. ^ 機内で水着ショー エンターテインメントが話題のベトナムLCCは日本に熱視線 - 産経新聞 2014年11月21日
  26. ^ Tiếp viên Vietjet múa bikini rực lửa trên máy bay YouTube
  27. ^ ベトジェット(VietJetAir)CAカレンダー 美しさ世界一と絶賛 - GLOBAL NEWS ASIA 2019年1月2日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]