インディラ・ガンディー国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
インディラ・ガンディー国際空港
インディラ・ガンディー国際空港
IATA: DEL - ICAO: VIDP
概要
国・地域 インドの旗 インド
所在地 デリー
種類 公共
運営者 DIAL (Delhi International Airport Limited)
標高 237 m (777 ft)
座標 北緯28度33分59秒 東経77度06分11秒 / 北緯28.56639度 東経77.10306度 / 28.56639; 77.10306座標: 北緯28度33分59秒 東経77度06分11秒 / 北緯28.56639度 東経77.10306度 / 28.56639; 77.10306
公式サイト Delhi Indira Gandhi International Airport
地図
DELの位置(インド内)
DEL
DEL
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
10/28 Yes 3,810×45 舗装
09/27 Yes 2,813×45 舗装
11/29 Yes 4,430×60 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

インディラ・ガンディー国際空港ヒンディー語: इंदिरा गांधी अंतरराष्ट्रीय हवाई अड्डा, 英語: Indira Gandhi International Airport)は、インド共和国の首都デリーにある国際空港

概要[編集]

入国審査前の手のひらのオブジェ

空港の名称はインディラ・ガンディー元首相に由来する。Indira Gandhi International Airport を略して、IGI Airport または IGIA と表記されることもある。旧名はパーラム国際空港(Palam International Airport)。エア・インディアハブ空港である。

空港内にはレストランやバーなども数多く、航空会社や利用クラスに関わらず有料で利用できるラウンジ(Plaza Premium Lounge)も設けられている。[1]

ターミナル[編集]

ターミナル1(国内線)[編集]

国内線専用ターミナルとして機能していたが、ターミナル3の開業により、多くの航空会社が移転した。現在拡張工事が行われており、年間利用者数を現在の1,800万人から3,000万人へ引き上げる計画となっている。[2]

ターミナル1C

国内線到着専用ターミナル

ターミナル1D

ターミナル2(国内線)[編集]

ターミナル3の開業により一時閉鎖されていたが、ターミナル1の拡張工事に伴い、2017年10月29日より再び利用されている。GoAirの全便[3]IndiGoの一部、スパイスジェットの一部が離発着する。

ターミナル3(国際線・国内線)[編集]

2010年7月14日開業[4][5]。搭乗ゲートは78か所。すべての国際線が離発着するほか、エア・インディア、Alliance Air、ジェットエアウェイズ、ビスタラ、エアアジアの国内線も離発着する。


ターミナル4、ターミナル5(国際線)[編集]

将来的には全ての国際線がこの2つのターミナルに移転し、ターミナル3は国内線専用にする構想である。

ハッジ・ターミナル[編集]

カーゴターミナル[編集]

就航都市[編集]

アジア[編集]

国内線
南アジア
東アジア
東南アジア
中央アジア
中東

ヨーロッパ[編集]

アフリカ[編集]

北米[編集]

オセアニア[編集]

空港アクセス[編集]

  • 鉄道 デリー・メトロ エアポートエクスプレス Rs80
  • プリペイド・タクシー Rs240+荷物代
  • ツーリスト・タクシー Rs300~
  • バス 20分間隔、24時間運行。Connaught PlaceまでRs50
  • 市バス 780番 Rs10

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]