仁川国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仁川国際空港
인천국제공항
Incheon International Airport
Incheon International Airport.jpg
IATA: ICN - ICAO: RKSI
概要
国・地域 大韓民国の旗 韓国
所在地 仁川広域市中区
母都市 ソウル首都圏
種類 公共
所有者 国土交通部
運営者 仁川国際空港公社朝鮮語版 (IIAC)
拠点航空会社

大韓航空
アシアナ航空
チェジュ航空
ポーラーエアカーゴ

標高 7 m (23 ft)
座標 北緯37度27分48秒 東経126度26分24秒 / 北緯37.46333度 東経126.44000度 / 37.46333; 126.44000座標: 北緯37度27分48秒 東経126度26分24秒 / 北緯37.46333度 東経126.44000度 / 37.46333; 126.44000
公式サイト www.airport.kr
地図
韓国の中での位置
韓国の中での位置
ICN
韓国の中での位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
15R/33L 3,750×60 アスファルト
15L/33R 3,750×60 アスファルト
16/34 4,000×60 アスファルト
ヘリパッド
番号 長さ (m) 表面
H1 19 コンクリート
統計 (2016年)
旅客数 57,765,397人
貨物取扱量 2,714,341トン
発着回数 339,673回
仁川国際空港公社(IIAC)発表[1]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
仁川国際空港
各種表記
ハングル 인천국제공항
漢字 仁川國際空港
発音 インチョンクッチェゴンハン
日本語読み: じんせんこくさいくうこう
英語表記: Incheon International Airport
テンプレートを表示

仁川国際空港(インチョンこくさいくうこう、韓国語: 인천국제공항)は、大韓民国仁川広域市中区にある国際空港である。永宗島と龍遊島の間にあった干潟を埋め立て、2001年3月29日に開港した。大韓航空アシアナ航空、済州航空のハブ空港でもある。

開港と同時に、ソウル特別市金浦国際空港を発着していた国際線が全て当空港に移転した。ソウルへの国際線空港として機能していることから、ソウル市外に所在しながら飛行機の行先では単に「ソウル」と案内されることが多い。現在、3本の滑走路が供用中である。

毎年の航空業界評価会社であるスカイトラックス(Skytrax)の世界TOP100国際空港で常に最上位圏(1-3位)を占めている。 国際空港協議会(ACI)が主管する世界空港サービス評価(ASQ)では、世界最高のサービス品質を提供する空港として12年連続で選定された。

容は後述するが、日本行き国際線は成田国際空港東京国際空港関西国際空港中部国際空港新千歳空港福岡空港那覇空港といった主要空港だけではなく、日本各地の地方空港と当空港を結ぶ便が多数就航している。このため、日本の地方空港から当空港の国際線各都市への乗り継ぎ空港として、よく利用されている[2]。また、韓国国内線は国際線乗り継ぎ専用便として、釜山大邱の各路線がある(過去には、一般の国内線も運航されていたが、乗り継ぎ専用便に転換、もしくは廃止されている)。また、遅延等の理由により深夜に済州を出発し、金浦空港に着陸できなかった場合の代替空港となっている。

空港コードIATAコード)は、ICN

概要[編集]

仁川国際空港の位置。龍遊島(西)と永宗島(東)の間の埋立地
上空から (下がソウル方面)
仁川国際空港高速道路
空港鉄道

位置[編集]

大韓民国仁川広域市中区空港路424番通り47。仁川市街沖、永宗島と龍遊島の中間に位置する埋立造成地。

広さ[編集]

  • 空港用地 1,170ha
    内訳
    第1旅客ターミナル 50ha
    第2旅客ターミナル 38ha
    貨物ターミナル 13ha
    国際業務団地 17ha
    空港新都市 218ha

歴史[編集]

施設[編集]

第1旅客ターミナル[編集]

出発ロビー東側全景
到着ロビー

第1旅客ターミナルはイギリスの建築家テリー・ファレルの設計で、地上4階・地下2階建て、面積50ha、東西1.6km、南北150m、高さ33m、総工費は 1兆3,816億ウォンとなっている。外観は空気と水の力学的な流れ、大型船舶の帆をイメージした柔軟なリズム感、そして安全性をイメージする芸術的造形美を取り込んで設計されている。また建物内部は経済・科学技術の発展をイメージし、最先端の設備を備えたインテリジェントビルである。

第1交通センター[編集]

第1交通センター内部

仁川国際空港1ターミナル駅と短期駐車場、商業施設が設置されている。駅には空港鉄道仁川空港磁気浮上鉄道が乗り入れている。地上2階、地下5階建てで、床面積は25ha。航空機の翼や鳥を象徴するような屋根構造をイメージし、人々の安全を祈る韓国伝統の鶴の思いを込めて設計されている。また地に足を着けた飛行体をイメージしたこの建物は、空と地上を結ぶ意味が込められ、飛行機の運航の安全を祈願する意味を込めて設計されている。第1旅客ターミナルビルまで徒歩5分ほどと離れているため、無料の電動カートのサービスがある[5]

第2旅客ターミナル[編集]

ヒリム総合建築・ムヨン総合建築・ゲンスラーからなるコンソーシアムの設計により、2013年9月26日に着工[3]し、2018年2月開催の平昌オリンピックを見据えて、2018年1月18日に開業した[4][6][7]。第1旅客ターミナルの北側2.4kmの場所に位置し、地上5階、地下2階建、延べ面積384,000平方メートル、年間旅客処理能力1,800万人[8]搭乗橋は37ヶ所設置される[9]。開業後は、年間旅客処理能力が4,400万人から6,200万人に増加する見込みである[10]

第2旅客ターミナルは、開業当初はスカイチーム大韓航空デルタ航空エールフランスKLMオランダ航空が利用している[11]。2018年10月28日より、他のスカイチームのアエロメヒコ航空アリタリア-イタリア航空チャイナエアラインガルーダ・インドネシア航空厦門航空チェコ航空アエロフロート・ロシア航空も移転した[12]

既存の搭乗棟との間には、シャトルトレイン(スターライン)が建設された[13]。第2ターミナルへのアクセス道路(11.2km)、各ターミナル間の連絡道路(11.0km)も建設された[14]。第2交通センターも併設され[15]空港鉄道仁川国際空港2ターミナル駅が2018年1月13日に開業[16]、バスターミナル、短期駐車場(2,600台)が設置される。

コンコース(搭乗棟)[編集]

第1旅客ターミナルの北側に分館として「コンコース」(搭乗棟)が建設され、2008年5月27日より供用が開始された。地下を通る「シャトルトレイン」という新交通システムで、各旅客ターミナルとの間を約1分で連絡する。

第1旅客ターミナルと、第2旅客ターミナルの間で国際線の乗り継ぎがある場合、コンコースでシャトルトレインを乗り継ぐことで、ターミナル間の移動ができる。

就航航空会社と就航都市[編集]

国内線[編集]

航空会社就航地ターミナル
大韓民国の旗 大韓航空 釜山(国際線乗継専用便)、大邱(国際線乗継専用便) 2
大韓民国の旗 アシアナ航空 釜山(国際線乗継専用便) 1

国際線[編集]

仁川国際空港に並ぶ、大韓航空とアシアナ航空のエアバスA380。韓国の2大航空会社である両社は、どちらもこの超大型旅客機を運航しており、長距離国際線の輸送に力を入れている。
航空会社 目的地 ターミナル
大韓民国の旗 大韓航空 日本 東京/羽田、東京/成田、大阪/関西、名古屋/中部、福岡、札幌/新千歳、旭川[17]、函館(運休中)、青森、秋田(運休中)、新潟、小松、岡山、大分(季節運航便)、鹿児島、沖縄/那覇[18]

中国/香港/台湾 北京/首都、上海/浦東、広州、大連、青島、天津、西安、長沙、昆明、牡丹江、済南、瀋陽、深圳、武漢、威海、廈門、延吉、鄭州、黄山、合肥、張家界(2019年10月27日より就航予定)[19]、南京(2019年10月27日より就航予定)[19]、杭州(2019年10月27日より就航予定)[19]、香港、台北/桃園

アジア ウランバートル、マニラ、クラーク(2019年10月27日より就航予定)[19]、セブ、ハノイ、ホーチミンシティ、ダナン、ニャチャン、バンコク/スワンナプーム、プーケット、チェンマイ、シンガポール、クアラルンプール、ジャカルタ、デンパサール、プノンペン、ヤンゴン、デリー[20]、ムンバイ、カトマンズ、コロンボ、マレ、タシュケント

中東 ドバイ、イスタンブール、テルアビブ

ヨーロッパロシア パリ/ドゴール、ロンドン/ヒースロー、フランクフルト、アムステルダム、ミラノ、ローマ、ウィーン、マドリッド、バルセロナ[21]、チューリッヒ、モスクワ/シェレメーチエヴォ、サンクトペテルブルク(季節運航便)、イルクーツク、ウラジオストク、プラハ、ザグレブ[22]

北アメリカ ニューヨーク/ケネディ、ワシントンD.C.、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シカゴ、トロント、バンクーバー、アトランタ、ダラス/フォートワース、ヒューストン、ラスベガス、シアトル、ボストン[23]、ホノルル

オセアニア シドニー、ブリスベン、オークランド、コロール、グアム、ナンディ

2
大韓民国の旗 アシアナ航空 日本 東京/羽田、東京/成田、大阪/関西、名古屋/中部、福岡、札幌/新千歳[24]、旭川(季節運航便)、仙台、福島(運休中)、茨城(運休中)、松山(運休中[25])、熊本(運休中[26])、宮崎、沖縄/那覇

中国/香港/台湾 北京/首都、上海/浦東、長沙、長春、重慶、大連、広州、桂林、杭州、ハルビン、黄山、南京、青島、瀋陽、深圳、天津、西安、延吉、煙台、黄山、済南、塩城、台北/桃園、香港

アジア ウランバートル[27]、マニラ、セブ、クラーク、ハノイ、ホーチミンシティ、ダナン、バンコク/スワンナプーム、プーケット、シンガポール、ジャカルタ、プノンペン、アルマトイ、アスタナ、タシュケント

ヨーロッパ ロンドン/ヒースロー、パリ/ドゴール、フランクフルト、ローマ[28]、ヴェネツィア[29]、バルセロナ[30]、リスボン(2019年10月28日より就航予定)[31]、イスタンブール

北アメリカ ニューヨーク/ケネディ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シカゴ(2019年10月27日より運休予定)[32]、シアトル、ホノルル

オセアニア シドニー、コロール、サイパン

1
大韓民国の旗 チェジュ航空 日本 東京/成田、大阪/関西、名古屋/中部、福岡、沖縄/那覇、松山[33]、鹿児島[34]、静岡[35]

アジア 青島、威海、石家荘、三亜、ジャムス、煙台[36] 、台北/桃園[37]、高雄、香港、マカオ、マニラ、セブ、バンコク/スワンナプーム、コタキナバル[38]、グアム、サイパン、ホーチミンシティ[39]、ハノイ、ダナン、ニャチャン、ヴィエンチャン[40]

旧ソ連東欧 ウラジオストク[41]

オセアニア グアム、サイパン

1
大韓民国の旗 ジンエアー 日本 東京/成田[42]、大阪/関西、福岡、札幌/新千歳、北九州[43][44]、長崎(運休中[45])、沖縄/那覇

アジア 台北/桃園[46]、香港、マカオ、バンコク/スワンナプーム、コタキナバル、セブ、クラーク、ヴィエンチャン、ダナン

北アメリカ ホノルル

オセアニア グアム、サイパン[47]、ケアンズ (季節運航便)[48]

1
大韓民国の旗 エアソウル 日本 東京/成田[49]、大阪/関西[50]、札幌/新千歳(季節運航便、2018年7月20日より8月17日まで運航予定)[51]、富山(季節運航便)[52][53][54]、静岡[52][53]、米子[52][53]、広島[52][53]、山口宇部(季節運航便)、高松[52][53]、福岡[55]、長崎(2019年3月31日より6月30日まで運休予定)[56]、熊本

アジア 香港、コタキナバル、シェムリアップ[53]、カリボ[57]、ダナン[58]

オセアニア グアム

1
大韓民国の旗 ティーウェイ航空 日本 東京/成田[59]、大阪/関西、名古屋/中部[60]、福岡、札幌/新千歳、佐賀、大分、沖縄/那覇、熊本[61]、鹿児島[62]

アジア 青島、済南、三亜、温州、マカオ、バンコク/スワンナプーム、ホーチミンシティ、ダナン、ヴィエンチャン、高雄[63]、台中[63]

オセアニア グアム、サイパン[64]

1
大韓民国の旗 イースター航空 日本 東京/成田、大阪/関西、福岡[65]、沖縄/那覇、札幌/新千歳、鹿児島、宮崎、茨城[66]

アジア 張家界、済南、台北/桃園[67]、バンコク/スワンナプーム、プーケット、コタキナバル、シェムリアップ、ダナン、プエルト・プリンセサ(2018年10月28日から2019年3月30日までの季節定期便として就航予定)[68]

1
日本の旗 Peach 東京/羽田、大阪/関西、沖縄/那覇(2020年1月28日より2月22日まで運休予定)[69]、札幌/新千歳(2019年10月28日より運休予定)[69] 1
中華人民共和国の旗 中国国際航空 北京/首都、上海/浦東、天津、青島、成都、重慶、杭州、延吉 1
中華人民共和国の旗 中国東方航空 上海/浦東、南京、青島、長沙、昆明、武漢、塩城、煙台、三亜 1
中華人民共和国の旗 中国南方航空 北京/首都、上海/浦東、広州、大連、長沙、ハルビン、瀋陽、延吉、牡丹江、長春、武漢 1
中華人民共和国の旗 上海航空 上海/浦東 1
中華人民共和国の旗 山東航空 青島、済南、煙台 1
中華人民共和国の旗 深圳航空 深圳 1
中華人民共和国の旗 厦門航空 厦門 2
中華人民共和国の旗 天津航空 天津 1
中華人民共和国の旗 四川航空 成都 1
中華人民共和国の旗 春秋航空 上海/浦東、石家荘 1
香港の旗 キャセイパシフィック航空 香港、台北/桃園 1
香港の旗 香港航空 香港[70] 1
香港の旗 香港エクスプレス航空 香港 1
マカオの旗 マカオ航空 マカオ 1
台湾の旗 チャイナエアライン 台北/桃園、高雄 2
台湾の旗 エバー航空 台北/桃園、高雄、台中 1
モンゴル国の旗 MIATモンゴル航空 ウランバートル 1
ベトナムの旗 ベトナム航空 ハノイ、ホーチミンシティ、ダナン、ニャチャン[71] 1
ベトナムの旗 ベトジェットエア ハノイ、ホーチミンシティ、ダナン、ハイフォン、ニャチャン[72] 1
タイ王国の旗 タイ国際航空 台北/桃園、バンコク/スワンナプーム 1
タイ王国の旗 タイ・エアアジア X バンコク/ドンムアン 1
フィリピンの旗 フィリピン航空 マニラ、セブ、カリボ 1
フィリピンの旗 PAL エクスプレス タグビララン[73] 1
フィリピンの旗 セブパシフィック航空 マニラ、セブ、カリボ[74] 1
フィリピンの旗 エアアジア・フィリピン マニラ、セブ、カリボ 1
フィリピンの旗 パン・パシフィック・エアラインズ英語版 カリボ[75] 1
シンガポールの旗 シンガポール航空 シンガポール 1
シンガポールの旗 スクート 台北/桃園、シンガポール 1
マレーシアの旗 マレーシア航空 クアラルンプール 1
マレーシアの旗 エアアジア X クアラルンプール 1
インドネシアの旗 ガルーダ・インドネシア航空 ジャカルタ、デンパサール 2
インドの旗 エア・インディア デリー 1
ラオスの旗 ラオス国営航空 ヴィエンチャン 1
ミャンマーの旗 ミャンマー国際航空 ヤンゴン 1
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド航空 サンフランシスコ 1
アメリカ合衆国の旗 デルタ航空 デトロイト、シアトル、アトランタ[76]、ミネアポリス[77]、マニラ(2020年3月より就航予定)[78] 2
アメリカ合衆国の旗 アメリカン航空 ダラス/フォートワース 1
アメリカ合衆国の旗 ハワイアン航空 ホノルル 1
カナダの旗 エア・カナダ バンクーバー、トロント 1
メキシコの旗 アエロメヒコ航空 メキシコシティ[79] 2
トルコの旗 ターキッシュ エアラインズ イスタンブール 1
アラブ首長国連邦の旗 エミレーツ航空 ドバイ 1
アラブ首長国連邦の旗 エティハド航空 アブダビ 1
カタールの旗 カタール航空 ドーハ 1
カザフスタンの旗 エア・アスタナ アルマトイ、アスタナ 1
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン航空 タシュケント 1
エチオピアの旗 エチオピア航空 アディスアベバ、東京/成田[80] 1
フランスの旗 エールフランス パリ/シャルル・ド・ゴール 2
イギリスの旗 ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン/ヒースロー 1
ロシアの旗 アエロフロート・ロシア航空 モスクワ/シェレメーチエヴォ 2
ロシアの旗 オーロラ航空 ユジノサハリンスク、ウラジオストク、ハバロフスク 1
ロシアの旗 S7航空 ウラジオストク、イルクーツク、ノヴォシビルスク 1
ロシアの旗 ヤクーツク航空 ヤクーツク、ウラン・ウデ 1
フィンランドの旗 フィンエアー ヘルシンキ 1
オランダの旗 KLMオランダ航空 アムステルダム 2
ドイツの旗 ルフトハンザドイツ航空 フランクフルト、ミュンヘン 1
チェコの旗 チェコ航空 プラハ 2
イタリアの旗 アリタリア-イタリア航空 ローマ 2
ポーランドの旗 LOTポーランド航空 ワルシャワ[81]、ブダペスト(2019年9月22日より就航予定)[82] 1
オーストラリアの旗ジェットスター航空 ゴールドコースト(2019年12月8日より就航予定)[83]
ニュージーランドの旗ニュージーランド航空 オークランド(2019年11月23日より就航予定)[84]

貨物便[編集]

など

就航都市[編集]

東アジア[編集]

東南アジア[編集]

南アジア[編集]

西アジア[編集]

中央アジア[編集]

北アジア[編集]

西ヨーロッパ[編集]

南ヨーロッパ[編集]

中央ヨーロッパ[編集]

北ヨーロッパ[編集]

東ヨーロッパ[編集]

北米[編集]

オセアニア・太平洋[編集]

アフリカ[編集]

アクセス[編集]

最新情報、詳細は 空港公式サイト を参照のこと。

各旅客ターミナルの間は、無料循環バスが運行されている(所要時間15分)。

空港鉄道[編集]

仁川国際空港1ターミナル駅

最新情報、詳細は、公式サイトを参照のこと。

  • 空港連絡鉄道である仁川国際空港鉄道(A'REX)により、ソウル駅と結ばれている。
    • 直通列車:ソウル駅までノンストップ、43分、運賃9,000ウォン。(仁川国際空港1ターミナル駅基準)
    • 一般列車:ソウル駅まで59分、運賃4,150ウォン。金浦空港駅まで37分。(仁川国際空港1ターミナル駅基準)
  • 仁川空港磁気浮上鉄道
  • 第1旅客ターミナル 45番ブース案内センター及び交通センター地下1階でトラベルセンターを運営しており、乗車券のセットなどの限定商品を発売している。

バス[編集]

高級リムジンバス
バス乗り場
蚕室ゆきKALリムジンバス

ソウル都心の主要地域や有名ホテル、主な地方都市を結んでいる。3列シートで座席も広く、最近は地上波デジタル放送受信設備も備えたバスで運行される。これと同等の車両を使った都市間高速バスを優等バス(우등버스)と呼んでいるため、このバスについてもそう呼ぶ場合がある。

運行会社

ほか

一般リムジンバス

ソウル都心の主要地域や、地方都市を結んでいる。4列シートの一般的な高速バスで運行される。スーツケースなどの大きな荷物の扱いは、高級リムジンバスと同様に預ける場合もあるが、車内にスーツケース置き場が備えられている路線もある。

運行会社

ほか

その他
  • 地方バス
    • 高級リムジン、一般リムジン、高速バス、市外バスが、韓国各地へ運行されている。
  • 仁川市内バス
  • 無料循環バス - 空港内施設を結ぶ[86]

第2旅客ターミナル開業に伴い、市内方面は第2旅客ターミナル - 第1旅客ターミナルの順に、空港方面は第1旅客ターミナル - 第2旅客ターミナルの順(KALリムジンのみ、市内方面は第1旅客ターミナル - 第2旅客ターミナルの順に、空港方面は第2旅客ターミナル - 第1旅客ターミナル)に停車する[87]

タクシー[編集]

最新情報、詳細は空港公式サイトを参照のこと。 中型タクシー、大型タクシー、模範タクシーが利用できる[88]

評価[編集]

カナダのモントリオールに本部を置く国際空港評議会(ACI)が選出する2004年-2013年の「空港ランキング」総合評価部門で連続して「世界最優秀空港賞」を受賞中(2014年5月現在)。イギリスの航空調査会社スカイトラックス社によるランキングでも2009年度・2012年度に1位になるなど、国際的に高い評価を得ている。また国際貨物量で2006年成田国際空港を抜いて世界2位になった。[89]

拡張計画[編集]

将来計画図

2009年より、航空需要の増加に対応し、ハブ空港としての強化を進めるために拡張工事が進められている[90]。約5兆ウォンを投じて、第2ターミナルと関連施設が建設された。

コンコース(搭乗棟)増設計画[編集]

第一滑走路と第三滑走路の間には最大4棟の搭乗棟を建設できる広大な用地が確保されていた。2008年、搭乗棟Aが供用を開始した。しかし、このあと計画が変更され、第2ターミナルが建設されることとなり、2013年着工、2018年開業した。残り搭乗棟1棟分の用地があるが計画は未定である。建設用地の一部は駐機場として暫定利用されており、誘導路の分岐部は一部完成している。

第1ターミナルと搭乗棟Aは「シャトルトレイン」という無人交通システム(4両)で連絡している。間に誘導路があるため地下式となっている。搭乗棟Aと第2ターミナルの間もシャトルトレインが延長開業したが、この区間は1両で運行されており、ターミナル間を移動する場合は「搭乗棟A駅」で乗り換えが必要である(国際線の乗り継ぎ客のみが利用できる)。[91]

最終計画には空港貨物ターミナル駅付近にLCC向け第3旅客ターミナルを新設する計画などが含まれている。

滑走路拡張計画[編集]

現在、滑走路は東側の2本と西側の1本が供用中であるが、これらと同規模の第四滑走路を西側に建設中である。さらに、現在暫定的にゴルフ場となっている貨物ターミナル東側の用地は、第五滑走路が建設できるよう確保されている。最終的には5本の滑走路を有する計画となっている。

不祥事[編集]

  • 2016年1月 - この月だけで密入国事件が2件発生し、専門家は人災(疎かな監視)を指摘している[92]

事件[編集]

  • 2016年1月29日 - 1階の男子トイレでブタンガスのボンベ1本、ライター用のボンベ1本、及び500mlのミネラルウォーター1本がテープで貼り付けられた紙製の箱が見つかり、アラビア語で「お前らに送る最後の警告だ。神が処罰する」と書かれたメモが残されていた。メモはプリンターで印字されていたほか文法が不正確で、警察は犯人が自動翻訳機を使った可能性もあるとみて、テロ組織の犯行に見せかけた可能性も視野に入れて捜査している[93]

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Airport Traffic(Summary) Archived 2013年6月26日, at the Wayback Machine. Incheon International Airport
  2. ^ “大臣会見 前原大臣会見要旨” (プレスリリース), 国土交通省, (2009年10月13日), http://www.mlit.go.jp/report/interview/daijin091013.html 2012年10月7日閲覧。 
  3. ^ a b 第2ターミナルは26日に鍬入れ…仁川空港、第2の跳躍の羽をつける - 東亜日報 2013年9月23日
  4. ^ a b 第2ターミナルがオープン 仁川国際空港 - KBS World Radio 2018年1月18日
  5. ^ 仁川空港から乗る - 韓国観光公社
  6. ^ 仁川空港の第2ターミナル 来年1月開業=平昌五輪前に - 朝鮮日報 2017年11月5日
  7. ^ 仁川空港、乗継利便性アピール-7月から日本語ガイドも - トラベルビジョン 2015年4月19日
  8. ^ 제2여객터미널 (第2旅客ターミナル) - 仁川空港公社
  9. ^ 여객/화물계류장 (旅客/貨物係留場) - 仁川空港公社
  10. ^ 「アジアのハブ」4カ国争い…仁川空港、第2ターミナル建設開始 - 中央日報 2013年9月23日
  11. ^ 仁川空港第2ターミナルで再跳躍、北京の新空港引き離す - 中央日報 2017年3月29日
  12. ^ 追加航空会社,第2ターミナルへ移動 (10 月 28 日) - 仁川国際空港 2018年10月10日
  13. ^ IAT - IIAC
  14. ^ Access and Connecting Road - IIAC
  15. ^ T2 전면시설 (T2 前面施設) - 仁川空港公社
  16. ^ 연결철도 (連結鉄道) - 仁川空港公社 2016年3月19日閲覧
  17. ^ a b 大韓航空、旭川〜ソウル/仁川線を開設 6月1日から週5便 Traicy 2019年3月7日付
  18. ^ 大韓航空、5月5日から那覇/仁川線に就航へ 777-200でデイリー運航 FlyTeam 2016年3月30日付
  19. ^ a b c d 大韓航空、アジア・オセアニア路線で新設や増便 日本線供給減で Traicy 2019年8月22日付
  20. ^ 大韓航空、12月1日から仁川/デリー線に新規就航へ A330で週5便 FlyTeam 2016年7月11日付
  21. ^ 大韓航空、バルセロナへ新規就航 アメリカ4都市行きでは増便 Traicy 2016年11月27日閲覧
  22. ^ 大韓航空、ザグレブ就航 アジアとクロアチアを結ぶ初の定期便 Traicy 2018年6月7日付
  23. ^ a b 大韓航空、2019年4月に仁川/ボストン線を開設 787-9で週5便 FlyTeam 2018年8月9日付
  24. ^ アシアナ航空、7月1日から新千歳/仁川線に新規就航 デイリー運航 FlyTeam 2016年4月13日閲覧
  25. ^ アシアナ航空、1995年に開設した松山空港初の国際線 松山/仁川線を運休 FlyTeam 2016年7月19日閲覧
  26. ^ 熊本空港、10月30日以降の国際線で仁川、香港線は引き続き運休 FlyTeam 2016年10月28日
  27. ^ アシアナ航空、ソウル/仁川〜ウランバートル線を開設 7月9日から週3便 Traicy 2019年6月17日
  28. ^ アシアナ航空、6月末から仁川/ローマ線に就航 週3便 FlyTeam 2015年3月25日閲覧
  29. ^ a b アシアナ航空、ソウル/仁川~ヴェネツィア線に来年5月1日就航 日本から往復5万円 Traicy 2017年12月24日
  30. ^ アシアナ航空、2018年8月末から仁川/バルセロナ線に就航 777で週4便 FlyTeam 2017年11月27日
  31. ^ アシアナ航空、ソウル/仁川〜リスボン線を10月28日開設 日本からの同日乗り継ぎ可 Traicy 2019年9月17日
  32. ^ アシアナ航空、ユジノサハリンスク・ハバロフスク・シカゴ線を運休 Traicy 2019年4月27日
  33. ^ チェジュ航空、松山〜ソウル/仁川線開設 11月2日から週3便 Traicy 2017年8月21日付
  34. ^ チェジュ航空、2018年1月に鹿児島/仁川線を開設 737で週3便 FlyTeam 2017年12月1日付
  35. ^ チェジュ航空、静岡〜ソウル/仁川線開設 5月10日から週3便 Traicy 2019年3月29日付
  36. ^ チェジュ航空、4月から仁川/煙台線の運航を再開 737でデイリー運航 FlyTeam 2018年3月20日付
  37. ^ Jeju Air Plans Seoul – Taipei Operation from May 2016 AIRLINE ROUTE 2016年3月4日付
  38. ^ チェジュ航空、仁川/コタキナバル線を737-800でデイリー運航 FlyTeam 2016年8月21日付
  39. ^ チェジュ航空、12月から仁川/ホーチミン線を運航再開 737で1日1便 FlyTeam 2017年11月27日付
  40. ^ チェジュ航空、10月下旬から仁川/ヴィエンチャン線に就航 デイリー運航 FlyTeam 2017年10月6日付
  41. ^ チェジュ航空、ソウル/仁川〜ウラジオストク線就航 9月29日より週4便 Traicy 2017年8月10日付
  42. ^ ジンエアー、7月1日から成田/ソウル・仁川線に就航 1日2往復便 FlyTeam 2016年5月2日付
  43. ^ ジンエアー、10月末から北九州空港に乗入れ 釜山・仁川線を開設へ FlyTeam 2016年9月8日付
  44. ^ ジンエアー、北九州/釜山線の就航日を10月末から12月1日に変更 FlyTeam 2016年9月28日付
  45. ^ 長崎)ジンエアーのソウル便、運休へ 10月25日から 朝日新聞 2015年9月26日付
  46. ^ ジンエアー、3月24日から仁川/台北・桃園線に新規就航 デイリー運航 FlyTeam 2016年2月29日付
  47. ^ ジンエアー、6月から仁川/サイパン線に就航 デイリー運航 FlyTeam 2016年3月23日付
  48. ^ ジンエアー、12月から仁川/ケアンズ線に就航 週2便で2カ月間 FlyTeam 2016年7月6日付
  49. ^ エアソウル、東京/成田〜ソウル/仁川線開設 10月31日から毎日1便 Traicy 2017年6月23日
  50. ^ エアソウル、9月中旬から関西/仁川線に就航 デイリー運航を予定 FlyTeam 2017年6月19日
  51. ^ エアソウル、7月と8月に新千歳/仁川線で季節便 A321で週2便 FlyTeam 2018年4月23日
  52. ^ a b c d e エアソウル、10月7日から新路線含め日本7路線に就航へ アシアナから移管 FlyTeam 2016年7月15日付
  53. ^ a b c d e f アシアナ航空、10月から日本5路線を運休 エアソウルに路線移管 FlyTeam 2016年8月24日付
  54. ^ タイムテーブル エアソウル
  55. ^ エアソウル、福岡〜ソウル/仁川線を開設 日本の乗り入れ都市は11都市に Traicy 2018年8月27日
  56. ^ a b エアソウル、長崎〜ソウル/仁川線を運休 3月31日から Traicy 2019年2月4日
  57. ^ エアソウル、12月22日から仁川/カリボ線を開設 A321で週4便 FlyTeam 2017年10月30日
  58. ^ エアソウル、5月中旬から仁川/ダナン線に就航 A321でデイリー運航 FlyTeam 2018年4月30日
  59. ^ 韓国のLCC、t’way(ティーウェイ)航空が3月27日より成田=ソウル(仁川)線に新規就航します!成田国際空港株式会社 2016年2月4日
  60. ^ ティーウェイ航空、5月末から名古屋/仁川線に就航 デイリー運航 FlyTeam 2018年4月20日付
  61. ^ 熊本/仁川線、ティーウェイ航空が新規就航 エアソウルのチャーターに続き FlyTeam 2017年4月7日付
  62. ^ ティーウェイ航空、鹿児島〜ソウル/仁川線を開設 4月1日から週3便 Traicy 2019年3月1日付
  63. ^ a b ティーウェイ航空、12月に仁川発着の台中、高雄線に就航 各週4便 FlyTeam 2017年11月16日付
  64. ^ ティーウェイ航空、仁川/サイパン線に就航 737-800でデイリー運航 FlyTeam 2017年1月4日付
  65. ^ イースター航空、7月20日から福岡/ソウル・仁川線でデイリー運航 FlyTeam 2016年6月6日
  66. ^ イースター航空、7月末に茨城/仁川線を開設 737で週3便 FlyTeam 2018年6月6日
  67. ^ EastarJet Adds Seoul Incheon – Taipei Taoyuan Service from late-March 2016 AIRLINE ROUTE 2016年1月29日付
  68. ^ a b イースター航空、仁川/プエルト・プリンセサ線をデイリー運航で開設FlyTeam 2018年10月23日付
  69. ^ a b ピーチ、日韓線3路線を運休 札幌/千歳・沖縄/那覇〜ソウル/仁川線と大阪/関西〜釜山線 Traicy 2019年8月28日付
  70. ^ 香港航空、12月16日から香港/ソウル・仁川線に就航 デイリー運航 FlyTeam 2016年9月26日
  71. ^ ベトナム航空、2018夏は韓国路線を拡大 ニャチャン/仁川線に新規就航FlyTeam 2018年2月1日
  72. ^ ベトジェットエア、ニャチャン/仁川線に週5便で就航 韓国6路線目FlyTeam 2017年12月13日
  73. ^ a b フィリピン航空、タグビララン発着の仁川、セブ線に就航 デイリー運航 FlyTeam 2017年6月26日付
  74. ^ セブパシフィック航空、カリボ/仁川線の直行便を就航 10月1日から FlyTeam 2016年8月2日付
  75. ^ パン・パシフィック・エアラインズ、カリボ発着の韓国2路線で就航・増便 FlyTeam 2017年11月27日付
  76. ^ デルタ航空と大韓航空、共同事業の実施で合意 太平洋路線で競争促進 Traicy 2017年3月29日付
  77. ^ a b デルタ航空と大韓航空、共同事業の実施で合意 太平洋路線で競争促進 Traicy 2018年8月18日付
  78. ^ デルタ航空、羽田空港に来年3月に完全移転 正式発表Traicy 2019年8月10日付
  79. ^ アエロメヒコ航空、メキシコシティ〜ソウル/仁川線を開設 5月27日から週4便 Traicy 2017年1月31日付
  80. ^ エチオピア航空、2018年6月2日から成田/アディスアベバ線を仁川経由に Fly Team 2017年11月14日付
  81. ^ LOTポーランド航空、10月からワルシャワ /仁川線に就航 週3便 FlyTeam 2016年6月29日付
  82. ^ LOTポーランド航空、ソウル/仁川〜ブダペスト線就航 9月22日から週3便 Traicy 2019年8月4日付
  83. ^ ジェットスターグループ、韓国市場へ参入 仁川~ゴールドコースト線に19年12月8日就航へ sky-budget[信頼性要検証]
  84. ^ ニュージーランド航空、11月にオークランド/仁川線を開設 最大週5便 FlyTeam 2019年5月5日付
  85. ^ Aeromexico Announces Seoul, South Korea as Its New Destination in Asia
  86. ^ 循環バス - 仁川国際空港
  87. ^ 仁川空港第2旅客ターミナルOPEN関連運行案内 - KALリムジン
  88. ^ タクシー - 韓国観光公社
  89. ^ 産経新聞2009年5月1日
  90. ^ Incheon Airport 3rd Phase Project - 仁川国際空港公社
  91. ^ 仁川空港3期拡張工事ホームページ > 無人運送システム参照。
  92. ^ “仁川空港のセキュリティーは穴だらけ?「人災」に懸念”. 聯合ニュース. (2016年1月31日15時28分). http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2016/01/31/0800000000AJP20160131000600882.HTML 2016年1月31日閲覧。 
  93. ^ “仁川空港で不審物発見 指紋分析進める=韓国捜査当局”. 聯合ニュース. (2016年1月31日15時34分). http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2016/01/31/0800000000AJP20160131000900882.HTML 2016年1月31日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]