エアアジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エアアジア
AirAsia
AirAsia New Logo.svg
種類 公開会社
市場情報 MYX: 5099
本社所在地 マレーシアの旗 マレーシア
クアラルンプール,マレーシア
業種 空運業
事業内容 空運業
外部リンク http://www.airasia.com/
テンプレートを表示
エアアジア
AirAsia
IATA
AK
ICAO
AXM
コールサイン
Asian Express
設立日 1993年(Tune Airとして)
ハブ空港 クアラルンプール国際空港
(LCCターミナル)
焦点空港 コタキナバル国際空港スナイ国際空港ペナン国際空港
保有機材数 67機
就航地 65都市
親会社 AirAsia Berhad
本拠地 マレーシア クアラルンプール
代表者 トニー・フェルナンデス (YBhg Dato' Tony Fernandes) (CEO)
外部リンク http://www.airasia.com/
エアアジアのエアバスA320-200

エアアジアマレー語AirAsia Berhad)はマレーシア格安航空会社

歴史[編集]

設立当初はマレーシア政府系重工業会社DRB-ハイコム傘下の企業だったが、後に業績は低迷し、経営破綻状態になる。大手レコード会社、ワーナー・ミュージックのアジア地域役員だったトニー・フェルナンデス (Tony Fernandes) は、持株会社チューンエア (TuneAir Sdn Bhd) を設立し、2001年12月2日に1リンギット(約30円)で買い取る。

クアラルンプール国際空港 (KLIA) を本拠地とし、格安運賃を提供して、マレーシア航空の国内線独占状態を破り、2003年から黒字化した。有効座席キロ (ASK、Available Seat-Kilometer) は2.19USセント(2005年度)である。

2003年シンガポールとの国境に隣接するジョホールバルスナイ国際空港を第二の拠点と位置づけ、タイバンコクへ国際線を就航させた。コタキナバル国際空港も拠点としている。

2004年には、タイとインドネシアに、それぞれ国内線を中心に運航する関連会社を設立。以後、マカオフィリピンクラークカンボジアシェムリアッププノンペンにも進出する。

2006年以降、主力機材であったボーイング737-300を、順次エアバスA320に切り替え、2008年に完了する。2010年オーストラリアジェットスター航空と、機材や部品の共同購入などで提携した[1]

クアラルンプール国際空港での搭乗風景

2012年7月、エア・アジアグループの統括拠点をマレーシアの首都クアラルンプールからインドネシアの首都ジャカルタに移転した。

概要[編集]

クアラルンプール市内に近いスルタン・アブドゥル・アジズ・シャー空港に本拠地を移転する計画があったが、マレーシア政府に拒否された。

2006年3月24日、クアラルンプール国際空港にLCCターミナル(Low Cost Carrier Terminal)が開業し、同社のすべての便が移転した。現行LCCターミナルは貨物地区に暫定的に建設されたもので、貨物上屋に容易に改装できる設計となっている。旅客増加に対応するための暫定措置として2008年以降ターミナルの増築工事が行われ、一部が開業しているが、2011年にはメイン・ターミナルに近い地区に恒久的なLCCターミナルが新たに開業する[2]ボーディング・ブリッジは無く、乗客は航空機まで徒歩かバスで移動し、タラップで搭乗する。メイン・ターミナルまでの移動はバスで15分、運賃はRM1.5である。市内のKLセントラル駅まではバス(SKYBUS)で所要時間75分、運賃はRM9である。

2009年1月、クアラルンプール国際空港東部に、複合企業サイムダービー社と共同で、自社専用の空港 KLIA East を新規に建設する計画を明らかにした[3][4]。この計画に対し、ASEAN観光協会が批判している[5]。マレーシア政府も、慎重な態度を取っている[6]。クアラルンプール国際航空を管理するマレーシア空港会社も、既存の設備拡張で十分であるとしている[7]。後にマレーシア政府は建設承認を取り消した[8]

コタキナバル国際空港においても、2006年1月に第2ターミナルの改装が完了し、エアアジア・グループがLCCターミナルとして利用している。

2009年までウィリアムズF1の公式スポンサーでもあったが、2010年より、トニー・フェルナンデスCEO自らが代表を務めるロータス・レーシングが参入した。

手荷物の受託は有料で、5リンギットである。機内清掃の簡素化を図るため座席は革張りである。事前座席指定は15 - 25リンギットだが、子供・高齢者などは割引がある。一部路線でパック入りミネラルウォーターが提供される以外は飲料・軽食は有料にて販売される。予めオンラインで予約した場合は割引価格で提供される。原則として機内に飲食物を持ち込むことはできない。

2008年より燃油サーチャージを廃止していたが、2011年5月3日以降の予約についてはサーチャージを徴収している[9]

運航機材[編集]

2013年7月現在

  • エアバスA320-200:67機(180席)
    • エアアジア・グループ全体でエアバスA320を122機発注し、2016年までに順次受領予定である。
    • 2011年6月23日、エアバスA320 neoを200機発注した[10]

就航路線[編集]

2014年1月現在[11]

マレーシア(国内線)[編集]

アジア(国際線)[編集]

グループ航空会社[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • AirAsia(マレー語)(英語)(日本語)