スワンナプーム国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スワンナプーム国際空港
ท่าอากาศยานสุวรรณภูมิ
Suvarnabhumi International Airport
Suvarnabhumi Airport inside.jpg
Shopping Plaza at Suvarnabhumi Airport.jpg

IATA:BKK-ICAO:VTBS

BKK/VTBSの位置(タイ内)
BKK/VTBS
BKK/VTBS
スワンナプーム国際空港の位置
概要
国・地域 タイ王国の旗 タイ王国
所在地 サムットプラーカーン県
バーンプリー郡
種類 公共
運営者 タイ空港公社(AOT:Airports of Thailand Public Co Ltd)
運用時間 24時間
標高 2 m・5 ft
座標 北緯13度41分33秒 東経100度45分0秒 / 北緯13.69250度 東経100.75000度 / 13.69250; 100.75000座標: 北緯13度41分33秒 東経100度45分0秒 / 北緯13.69250度 東経100.75000度 / 13.69250; 100.75000
ウェブサイト http://www.suvarnabhumiairport.com/
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
01R/19L Yes 4,000×60 舗装
01L/19R Yes 3,700×60 舗装
リスト
空港の一覧
スワンナプーム国際空港の位置 別地図
スワンナプーム国際空港の位置 別地図
BKK/VTBS
スワンナプーム国際空港の位置 別地図

スワンナプーム国際空港(スワンナプームこくさいくうこう、タイ語: ท่าอากาศยานสุวรรณภูมิ英語: Suvarnabhumi International Airport)は、タイバンコク中心部から32km東方のサムットプラーカーン県バーンプリー郡にある、2006年9月28日に全面開港した国際空港である。新バンコク国際空港 (英語: New Bangkok International Airport, NBIA) とも呼ばれている。

背景[編集]

全景

第二次世界大戦前後の民間航空の発達期を通じて、バンコクは地理的に他の東南アジア各国に乗り入れやすい上、ヨーロッパオーストラリアを結ぶ「カンガルールート」の中継地点にあり、さらにタイが植民地下に置かれたこともない上、第二次世界大戦前後も大規模な内戦や内乱がなく政治的に安定していたため、ドンムアン空港シンガポールシンガポール・チャンギ国際空港香港啓徳空港と並び、東南アジアのハブ空港として発達した。

しかし1960年代以降の航空機の大型化や、タイ国内並びに東南アジア圏内における航空需要の増加に伴い、ドンムアン空港が手狭になったため新空港の建設計画が立案された。

1973年タイ仏暦2516年)にタノーム政権時に用地買収が完了した。しかし同年に発生した10月14日政変によりタノーム首相が辞任し、計画がお蔵入りした。その後何度かこの計画が現れては消えたが、1996年(タイ仏暦2539年)に再び計画が現実味を増しバンコク新空港株式会社が設置され、計画が日の目を見ることになり基礎建築が開始された。

しかし、翌年アジア通貨危機に見まわれまたもやお蔵入りになりそうになった。しかしその後、建設費用取得のための借款交渉で多少の問題が起きたものの、空港会社設立から6年後にようやくターミナルの建設が開始された。

開港[編集]

ターミナルおよびスポット外観
チェックイン・カウンター階
ターミナル通路
コンコース

本来は2005年9月に開港予定であったが、空港の計画変更、システムチェックなどにより工期が延びた。2006年7月29日に、国内航空会社による航空機を使ったテストが実施され、9月15日より一部の航空会社が就航した。9月19日に軍事クーデターが起きたが、予定通りに9月28日午前3時、スワンナプーム空港が正規開港した。

正規開業後、最初に到着した旅客便は、ウクライナキエフからのアエロスヴィート航空であった。また、最初の出発便もキエフ行きの便であった。

開港直後の問題点[編集]

空港ターミナルビルはドイツ人建築家のヘルムート・ヤーンが設計した斬新なデザインのものであったが、新規オープンの大規模空港に多く見られるように、開業直後にはさまざまなトラブルが発生した(現在は解決している)。

  • 機内預け荷物がターンテーブルに出てくるのに時間がかかる(最大6時間待ち)。
  • 乗り継ぎ客の荷物の積み替えが間に合わず、ロストバゲージになる。
  • チェックインに時間がかかる(コンピュータのシステムダウン)。

その後も、下記のようなトラブルが続いていたが、改善が進められている。

  • 案内掲示板が目立ちにくく、トイレ、椅子、非常口が少ない。
  • 待ち合わせの場所がない(3階に待ち合わせ場所がある)。
  • 出入国審査、セキュリティチェックに時間がかかる(ゲート数及び人数、経験不足)。
  • 到着口周辺が狭いため、スムーズな通行が困難。
  • 入口からゲートまでの距離が遠く、動く歩道が設置されている部分を除けば、一部に徒歩での移動を強いられる。

滑走路、ターミナルビルの損傷[編集]

またスワンナプーム空港では、開港直後から滑走誘導路上に亀裂・損傷が多数発見されていた。開港半月後の2006年10月半ばには、東側滑走路 (01R/19L) 端部に亀裂が発生した。その後も亀裂発見の報告は増え続け、確認されているものだけでも100箇所以上に上っている。また、ターミナルビルにおいても、ボーディングブリッジが破損するなどの被害が見られた。

このままでは航空機の離着陸に危険を及ぼす恐れもあるため、新空港を管理・運営するタイ空港公社 (AOT) では、滑走路を数時間閉鎖して補修に当たっている。この影響を受け、一部フライトが上空での待機や代替空港への着陸を余儀なくされるなど、空港機能に一部支障が出た。

破損の原因としては、新空港が不等沈下が起こりやすい沼沢地を埋め立てて建設されたことや、整地の際に粗悪な砂を利用した施工不良の可能性が指摘されている。なお、西側滑走路は別の業者が受注したためか、ひび割れは起こっていない[1]

ドンムアン空港の利用再開[編集]

上記のように同空港は初期の施工面で欠陥があることや、市内までの距離がドンムアン空港に比べ遠いこともあり、国内の一部の航空会社からバンコク市内に近いドンムアン空港を再使用するよう求められていた。タイの航空当局ではこれらの要請を受け、国内線に限りドンムアン空港に再移転することを認めた。2007年3月25日より、タイ国際航空(一部路線は残留)と、格安航空会社ノックエアワン・トゥー・ゴー航空が移転した。2012年10月1日より、タイ・エアアジアエアアジアインドネシア・エアアジアが移転した。

反政府勢力による空港封鎖[編集]

2008年11月、ソムチャーイ・ウォンサワット政権に反対する民主市民連合(PAD)による反政府運動によって、スワンナプーム国際空港が封鎖され、その影響で世界各国の航空会社による国際線航空機が発着出来ない状況となった。そのため、タイ国軍基地を兼用しているウタパオ国際空港を代替の国際空港として使用したが、ソムチャーイ政権の崩壊で反政府団体が撤収し、9日後に再開した。

この空港をハブ空港としているタイ国際航空は、民主市民連合が9日間にわたってバンコクの2つの空港を占拠し続けたことで、欠航や予約のキャンセルなどで約520億円の損害があったとし、民主市民連合に損害賠償を請求した。

機能[編集]

空港は2本の滑走路を持ち、最大で1時間76便の飛行機を離陸させることが可能で、年間に最大で4,500万人の輸送が可能である。計画では4本の滑走路を建設することになっており、そうなれば理論上、年間1億人の輸送が可能となる。このうち3本目の滑走路を既存空港の西側へ建設することが2013年9月19日に決まり[2]、2年以内での完成を目標としている。3本目の滑走路は4,000mの長さで整備される。

格安航空会社専用ターミナルが建設される計画があるが、乗入れている格安航空会社はドンムアン空港の使用を当局に要請しており、利用が認められることとなった。

敷地面積は成田国際空港の約3倍で世界最大級の国際空港である。

旅客ターミナル[編集]

4階(チェックイン・カウンター階)

ドイツ人建築家のヘルムート・ヤーンが設計した。

  • 7階:展望ロビー
  • 6階:レストラン
  • 5階:オフィス
  • 4階:チェックイン・カウンター、出国審査、出発ロビー、コンビニ、売店
  • 3階:航空会社ラウンジ、待ち合わせ場所、喫茶店、軽食などの店舗
  • 2階:入国審査、バゲージクレーム、税関、到着ロビー
  • 1階:バス・タクシー乗り場、フードコート
  • 地下:エアポート・レール・リンク 鉄道駅

チェックイン・カウンター[編集]

チェックイン・カウンター
チェックイン・カウンター前の吹き抜け

主要航空会社のみ掲載

コンコース[編集]

コンコースC
  • コンコースA・B (タイ国内線)
  • コンコースC・D (タイ国際航空、スターアライアンス加盟各社)
  • コンコースE・F・G (スターアライアンス加盟各社以外の航空会社、タイ国際航空)

その他[編集]

  • トランジット・ホテル(コンコースG)
  • 銀行、両替所
    • 市内の銀行のレートよりは10%ほど悪い。またAOTが管理するターミナル内で業務を行えるのはイスラム銀行と民間商業銀行2行に限られている。このためエアポートリンクを運営するタイ国鉄の子会社は自社が管理する駅構内に民間の両替業者2社を導入。この両替商は市内とほぼ同等のレートで両替に応じている。
  • 免税店
  • レストラン
  • VAT還付手続き事務(国際線出発ロビーの制限区域内)

就航航空会社と就航都市[編集]

航空会社名の太字は、スワンナプーム国際空港をハブ空港にしている航空会社であり、続く( )内の記号は、航空会社の2レターコード(国際線)又は3レターコード(国内線)の意味。

国際線[編集]

航空会社 就航地
タイ王国の旗 タイ国際航空 (TG)

日本 東京国際空港東京都)、成田国際空港千葉県)、関西国際空港大阪府)、中部国際空港愛知県)、新千歳空港北海道仙台空港宮城県、季節便)、福岡空港福岡県

中国 北京首都国際空港北京市)、上海浦東国際空港上海市)、広州白雲国際空港広州市)、成都双流国際空港(成都市)、昆明長水国際空港昆明市

アジア 香港国際空港香港)、台湾桃園国際空港桃園市)、仁川国際空港仁川広域市)、金海国際空港釜山広域市)、ノイバイ国際空港ハノイ)、タンソンニャット国際空港ホーチミン市)、プノンペン国際空港プノンペン)、ワットタイ国際空港(ヴィエンチャン)、ヤンゴン国際空港ヤンゴン)、クアラルンプール国際空港クアラルンプール)、ペナン国際空港ペナン州)、シンガポール・チャンギ国際空港シンガポール)、スカルノ・ハッタ国際空港ジャカルタ)、 ングラ・ライ国際空港(デンパサール) 、ニノイ・アキノ国際空港マニラ首都圏)、シャージャラル国際空港(ダッカ)、トリブバン国際空港カトマンズ)、インディラ・ガンディー国際空港デリー)、ラジーヴ・ガンディー国際空港ハイデラバード)、ネータージー・スバース・チャンドラ・ボース国際空港コルカタ)、ケンペゴウダ国際空港バンガロール)、チャトラパティ・シヴァージー国際空港ムンバイ)、チェンナイ国際空港チェンナイ)、ガヤ(季節便)、ラール・バハードゥル・シャーストリー空港ワーラーナシー、季節便)、ベナジル・ブット国際空港(イスラマバード)、ジンナー国際空港(カラチ)、アッラーマ・イクバール国際空港ラホール

中東 ドバイ国際空港ドバイ)、マスカット国際空港マスカット

オセアニア オークランド国際空港(オークランド)、ブリスベン空港(ブリスベン)、メルボルン空港メルボルン)、パース空港(パース)、シドニー国際空港(シドニー)

ヨーロッパ アテネ、ブリュッセル空港(ブリュッセル)、フィウミチーノ空港ローマ)、ミラノ・マルペンサ国際空港(ミラノ)、アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港マドリード)、シャルル・ド・ゴール国際空港(パリ)、ロンドン・ヒースロー空港(ロンドン)、コペンハーゲン国際空港(コペンハーゲン)、ストックホルム・アーランダ空港ストックホルム)、オスロ空港オスロ)、フランクフルト国際空港(フランクフルト)、ミュンヘン国際空港(ミュンヘン)、チューリッヒ空港(チューリッヒ)、ドモジェドヴォ空港(モスクワ)

アメリカ ロサンゼルス国際空港(ロサンゼルス)

タイ王国の旗 タイ・スマイル (WE・TG) マカオ国際空港マカオ
タイ王国の旗 バンコク・エアウェイズ (PG) クアラルンプール国際空港(クアラルンプール)、シェムリアップ国際空港シェムリアップ)シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)、シャージャラル国際空港(ダッカ)、ネピドー国際空港(ネピドー)、ワットタイ国際空港(ヴィエンチャン)、プノンペン国際空港(プノンペン)、イブラヒム・ナシル国際空港マレ)、マンダレー国際空港マンダレー)、チャトラパティ・シヴァージー国際空港(ムンバイ)、ヤンゴン国際空港(ヤンゴン)、ルアンパバーン国際空港ルアンパバーン)、香港国際空港(香港)
タイ王国の旗ジェットアジア・エアウェイズ (JF) 天津浜海国際空港天津市)、南京禄口国際空港南京市)、成田国際空港(千葉県)
マレーシアの旗 マレーシア航空 (MH) クアラルンプール国際空港(クアラルンプール)
シンガポールの旗 シンガポール航空 (SQ) シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
シンガポールの旗 ジェットスター・アジア航空 (3K) 福岡空港(福岡県)、シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
シンガポールの旗 タイガーエア (TR) シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
インドネシアの旗 ガルーダ・インドネシア航空 (GA) スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ)
日本の旗 日本航空 (JL) 東京国際空港(東京都)、成田国際空港(千葉県)、関西国際空港(大阪府)、中部国際空港(愛知県)
日本の旗 全日本空輸 (NH) 東京国際空港(東京都)、成田国際空港(千葉県)
韓国の旗 大韓航空 (KE) 仁川国際空港(仁川広域市)、金海国際空港(釜山広域市)
韓国の旗 アシアナ航空 (OZ) 仁川国際空港(仁川広域市)
韓国の旗 ティーウェイ航空 (TW) 仁川国際空港(仁川広域市)
韓国の旗 チェジュ航空 (7C) 仁川国際空港(仁川広域市)、金海国際空港(釜山広域市)
韓国の旗 ジンエアー (LJ) 仁川国際空港(仁川広域市)
韓国の旗 イースター航空 (ZE) 仁川国際空港(仁川広域市)
朝鮮民主主義人民共和国の旗 高麗航空 (JS) 平壌国際空港平壌
バングラデシュの旗 ビーマン・バングラデシュ航空 (BG) シャージャラル国際空港(ダッカ)
バングラデシュの旗 GMG航空 (Z5) シャージャラル国際空港(ダッカ)、シャーアマーナト国際空港チッタゴン
インドの旗 エア・インディア (AI) インディラ・ガンディー国際空港(デリー)、チャトラパティ・シヴァージー国際空港(ムンバイ)
インドの旗 エア・インディア・エクスプレス (IX) ネータージー・スバース・チャンドラ・ボース国際空港(コルカタ)
インドの旗 ジェットエアウェイズ (9W) インディラ・ガンディー国際空港(デリー)、ネータージー・スバース・チャンドラ・ボース国際空港(コルカタ)、チャトラパティ・シヴァージー国際空港(ムンバイ)
インドの旗 IndiGo (6E) インディラ・ガンディー国際空港(デリー)、チャトラパティ・シヴァージー国際空港(ムンバイ)
中華人民共和国の旗 中国国際航空 (CA) 北京首都国際空港(北京市)
中華人民共和国の旗 中国東方航空 (MU) 上海浦東国際空港(上海市)、昆明長水国際空港(昆明市)、シーサンパンナ・ガサ空港(景洪市)、杭州蕭山国際空港(杭州市)
中華人民共和国の旗 中国南方航空 (CZ) 広州白雲国際空港(広州市)、掲陽潮汕空港(汕頭市)、鄭州新鄭国際空港(鄭州市)、桂林両江国際空港(桂林市)、南寧呉圩国際空港(南寧市)
中華人民共和国の旗 上海航空 (FM) 上海浦東国際空港(上海市)、重慶江北国際空港(重慶)
中華人民共和国の旗 春秋航空 (9C) 上海浦東国際空港(上海市)
中華人民共和国の旗 吉祥航空 (HO) 上海浦東国際空港(上海市)
中華人民共和国の旗 海南航空 (HU) 北京首都国際空港(北京市)、海口美蘭国際空港(海口)、南寧呉圩国際空港(南寧)
香港の旗 キャセイパシフィック航空 (CX) 香港国際空港(香港)、バンダラナイケ国際空港(コロンボ)、シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
香港の旗 香港航空 (HX) 香港国際空港(香港)
マカオの旗 マカオ航空 (NX) マカオ国際空港(マカオ)
台湾の旗 チャイナエアライン (CI) 台湾桃園国際空港(台北)、高雄国際空港高雄市)、スキポール空港(アムステルダム)
台湾の旗 エバー航空 (BR) 台湾桃園国際空港(台北)、スキポール空港(アムステルダム)、ロンドン・ヒースロー空港(ロンドン)、ウィーン国際空港(ウィーン)
台湾の旗 トランスアジア航空 (GE) 台湾桃園国際空港(台北)
フィリピンの旗 フィリピン航空 (PR) ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)
フィリピンの旗 セブパシフィック航空 (5J) ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)、クラーク国際空港パンパンガ州
モンゴル国の旗 フンヌ・エア (MR) チンギスハーン国際空港ウランバートル[3]
ラオスの旗 ラオス国営航空 (QV) ワットタイ国際空港(ヴィエンチャン)、ルアンパバーン国際空港(ルアンパバーン)、パークセー、サワンナケート空港(サワンナケート)
ミャンマーの旗 ミャンマー国際航空 (8M) ヤンゴン国際空港(ヤンゴン)、マンダレー国際空港(マンダレー)
ミャンマーの旗 ゴールデン・ミャンマー・エアラインズ (Y5) ヤンゴン国際空港(ヤンゴン)
ブルネイの旗 ロイヤルブルネイ航空 (BI) ブルネイ国際空港(バンダルスリブガワン)
ベトナムの旗 ベトナム航空 (VN) ノイバイ国際空港(ハノイ市)、タンソンニャット国際空港(ホーチミン市)
ベトナムの旗 ベトジェットエア (VJ) ノイバイ国際空港(ハノイ市)、タンソンニャット国際空港(ホーチミン市)
ネパールの旗 ネパール航空 (RA) トリブバン国際空港(カトマンズ)
スリランカの旗 スリランカ航空 (UL) バンダラナイケ国際空港コロンボ)、香港国際空港(香港)、広州白雲国際空港(広州)
ブータンの旗 ロイヤルブータン航空 (KB) パロ空港(パロ)、シャージャラル国際空港(ダッカ)、グワハティ、バグドグラ
アラブ首長国連邦の旗 エミレーツ航空 (EK) ドバイ国際空港(ドバイ)、香港国際空港(香港)、シドニー国際空港(シドニー)、クライストチャーチ
アラブ首長国連邦の旗 エティハド航空 (EY) アブダビ国際空港(アブダビ)
イスラエルの旗 エル・アル航空 (LY) ベン・グリオン国際空港(テルアビブ)
イランの旗 マーハーン航空 (W5) エマーム・ホメイニー国際空港(テヘラン)、マシュハド国際空港(マシュハド)
カザフスタンの旗 エア・アスタナ (KC) アルマトイ国際空港(アルマトイ)
トルクメニスタンの旗 トルクメニスタン航空 (T5) アシガバート空港(アシガバート)
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン航空 (HY) タシュケント国際空港(タシュケント)
バーレーンの旗 ガルフ・エア (GF) バーレーン国際空港(バーレーン)
オマーンの旗 オマーン・エア (WY) マスカット国際空港(マスカット)
クウェートの旗 クウェート航空 (KU) クウェート、ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)
カタールの旗 カタール航空 (QR) ハマド国際空港(ドーハ) 、ノイバイ国際空港(ハノイ)
ヨルダンの旗 ロイヤル・ヨルダン航空 (RJ) クィーンアリア国際空港アンマン)、香港国際空港(香港)、クアラルンプール国際空港(クアラルンプール)
トルコの旗 ターキッシュ エアラインズ (TK) アタテュルク国際空港(イスタンブル)、タンソンニャット国際空港(ホーチミン市)
ロシアの旗 アエロフロート・ロシア航空 (SU) シェレメーチエヴォ国際空港(モスクワ)
ロシアの旗 S7航空 (S7) ノヴォシビルスク、イルクーツク国際空港イルクーツク)、ハバロフスク空港(ハバロフスク、季節運航)、イェメリャノヴォ空港(クラスノヤルスク、季節運航)
ロシアの旗 トランスアエロ航空 (UN) ドモジェドヴォ空港(モスクワ)、プルコヴォ空港(サンクトペテルブルク)、コルツォヴォ国際空港(エカテリンブルク)、ハバロフスク空港(ハバロフスク、季節運航)、イェメリャノヴォ空港(クラスノヤルスク、季節運航)
ロシアの旗 ウラル航空 (U6) コルツォヴォ国際空港(エカテリンブルク)
ウクライナの旗 アエロスヴィート航空 (VV) キエフ・ジュリャーヌィ国際空港(キエフ)
ウクライナの旗 ウクライナ国際航空 (PS) ボルィースピリ国際空港(キエフ)[4]
フランスの旗 エールフランス (AF) シャルル・ド・ゴール国際空港(パリ)
オーストリアの旗 オーストリア航空 (OS) ウィーン国際空港(ウィーン)
イギリスの旗 ブリティッシュ・エアウェイズ (BA) ロンドン・ヒースロー空港(ロンドン)
フィンランドの旗 フィンエアー (AY) ヘルシンキ・ヴァンター国際空港(ヘルシンキ)
オランダの旗 KLMオランダ航空 (KL) スキポール空港(アムステルダム)
ノルウェーの旗 ノルウェー・エアシャトル (DY) オスロ空港(オスロ)
ドイツの旗 ルフトハンザドイツ航空 (LH) フランクフルト国際空港(フランクフルト)
ドイツの旗 Condor Airlines (DE) フランクフルト国際空港(フランクフルト)
スイスの旗 スイスインターナショナルエアラインズ (LX) チューリッヒ空港(チューリッヒ)
ベルギーの旗 ジェットエアフライ (TB) ブリュッセル空港(ブリュッセル)
レユニオンの旗 エール・オーストラル (UU) ローラン・ギャロス空港(レユニオン)、チェンナイ国際空港(チェンナイ)
マダガスカルの旗 マダガスカル航空 (MD) イヴァト空港(アンタナナリボ)、広州白雲国際空港(広州市)
エジプトの旗 エジプト航空 (MS) カイロ、クアラルンプール国際空港(クアラルンプール)
エチオピアの旗 エチオピア航空 (ET) ボレ国際空港(アディスアベバ)、クアラルンプール国際空港(クアラルンプール)
ケニアの旗 ケニア航空 (KQ) ジョモ・ケニヤッタ国際空港(ナイロビ)、広州白雲国際空港(広州市)、香港国際空港(香港)
オーストラリアの旗 カンタス航空 (QF) シドニー国際空港(シドニー)
オーストラリアの旗 ジェットスター航空 (JQ) メルボルン空港(メルボルン)
アメリカ合衆国の旗 デルタ航空 (DL) 成田国際空港(千葉県)

国内線[編集]

航空会社 就航地
タイ王国の旗 タイ国際航空 (THA)
北部チェンマイ国際空港チエンマイ県
南部クラビー空港クラビー県)、プーケット国際空港プーケット県)、サムイ空港スラートターニー県サムイ島
タイ王国の旗 タイ・スマイル (THA)
北部: チェンライ国際空港チエンラーイ県
東北部: コーンケン空港コーンケン県)、ウボンラーチャターニー空港ウボンラーチャターニー県)、ウドーンターニー国際空港ウドーンターニー県
南部: ハートヤイ国際空港ソンクラー県)、スラートターニー空港(スラートターニー県)
タイ王国の旗 バンコク・エアウェイズ (BKP)
北部: チェンマイ国際空港(チエンマイ県)、チェンライ国際空港(チエンラーイ県)、ラムパーン空港ラムパーン県)、スコータイ空港スコータイ県
東北部: ウドーンターニー国際空港(ウドーンターニー県)
中部: トラート空港トラート県)、ウタパオ国際空港ラヨーン県、パッタヤー近郊)
南部: クラビー空港(クラビー県)、サムイ空港(スラートターニー県、サムイ島)、プーケット国際空港プーケット県

貨物便[編集]

就航都市一覧(国際線)[編集]

東アジア
東南アジア
南アジア
中央アジア
西アジア・中東
アフリカ
太平洋・オセアニア
ヨーロッパ
北米

交通アクセス[編集]

駐車場からの外観
到着階車寄せ
チェックインホール入口

鉄道[編集]

空港とバンコク市内を結ぶ空港連絡鉄道。2010年8月23日に正式開業した。

タクシー[編集]

ターミナル2階より乗車。
到着階にある専用申込カウンターで申し込む。英語の他に簡単な日本語が通じる場合もある。専用申込カウンターから車寄せまでポーターが無料で荷物を運んでくれる。
市内まで900 - 1,900B、パタヤまで2,600Bの定額料金(市内ゾーンや車種により異なる。高速道路料金込み)。
料金は申し込みカウンターで事前に支払う。クレジットカード払い可能。
車種はメルセデス・ベンツEクラスボルボS80などの高級車、もしくはティアナカムリなどの中型セダン、7人乗りのワゴンがある。
タイ空港公社(AOT)が運営している。
  • メーター・タクシー(登録タクシー)
ターミナル2階より乗車。
タクシー乗場に英語の話せる係員が常時2名待機、行き先(ホテル名)を英語で告げると、行き先をタイ語でメモに書きドライバーに渡してくれる。
市内まで約250B(メーター料金に50Bの空港乗り入れ追加料金、及びバンコク市内までの高速道路料金が25 - 65B別途必要)。
メーターを使用しないドライバーもいる(法令によって認められている)ので、乗車前にメーター使用か否かを確認し、メーターを使用しない場合は事前に料金の交渉が必要。
空港から乗車できる登録タクシーは、運転手が英会話やマナー講習を受けた上で、製造後5年以内のエアコン付き新車(トヨタ・カローラ日産・サニーなどの小型セダン)であるなどの条件を満たすことで、空港運営会社からライセンスが与えられたもののみとなっている。なお、登録タクシー以外のメーター・タクシーは空港から客を乗せることが禁止されている。

バス[編集]

  • 公共バス(バンコク近郊方面)
    • 549 空港バスターミナル - バーンカピ
    • 550 空港バスターミナル - ハッピーランド
    • 551 空港バスターミナル - 戦勝記念塔(高速道路経由) BTSに接続
    • 552 空港バスターミナル - BTS オーンヌット駅経由 - クロントゥーイ
    • 552A 空港バスターミナル - パークナム
    • 553 空港バスターミナル - サムットプラーカーン
    • 554 空港バスターミナル - ドンムアン空港経由 - ランシット
    • 555 空港バスターミナル - ドンムアン空港経由 - ランシット(高速道路経由)
    • 556 空港バスターミナル - 民主記念塔(カオサン通り付近)経由 - (新)南バスターミナル
    • 557 空港バスターミナル - ウォンウィアン・ヤイ駅
    • 558 空港バスターミナル - セントラルデパート・ラーマ2世通り店
    • 559 空港バスターミナル - フューチャーランシット
運賃 : 約24 - 35B(区間制のため、利用する距離によって異なることがある)。
運行時間 : 4:00 - 23:00
空港バスターミナルより発着。無料シャトルバスで所要5分
一般旅行者に便利な路線は、551、552、556である。所要60 - 120分。15 - 30分間隔
路線の運休、経路変更が予告無く頻繁に行われるため注意が必要。
年式の比較的新しいオレンジ色の冷房付きバスを使用。
バンコク大量輸送公社BMTA)が運営。
同じ番号、運賃でロットゥー(12人乗り程度のミニバン)も運行している。
このほか、タイ国内各地へのバスがある。

2011年5月までは「エアポート・エクスプレス」という空港連絡バスが運行されていた。

その他[編集]

  • 高速道路
バンコク・チョンブリー高速道路、バンナー・トラート高速道路

その他[編集]

  • 空港施設使用料は国際線700バーツ、国内線100バーツ。航空券発券時に支払うことになる。
  • 空港管制塔の高さは世界一 (132.2メートル)
  • 空港周辺を「スワンナプーム県」として独立させようとする動きがあった。[要出典]

事故[編集]

  • 2013年9月8日午後11時頃、広州発バンコク行き タイ国際航空 679便(エアバスA330-300型機)が、当空港の着陸に失敗し滑走路から草地に外れた。搭乗していた乗員・乗客302名のうち、14名が負傷した[5]。事故原因は、着陸装置が故障したと見られる。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]