アエロスヴィート航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アエロスヴィート航空
Aerosvit Airlines
IATA
VV
ICAO
AEW
コールサイン
Aerosvit
設立 1994年3月25日
運航開始 1994年
運航停止 2013年
ハブ空港 ボルィースピリ国際空港
マイレージサービス Meridian Club
保有機材数 17機
就航地 38都市
本拠地  ウクライナ ボルィースピリ
テンプレートを表示
ボーイング737-500

アエロスヴィート航空ウクライナ語:Авіакомпанія "АероСвіт"アヴィアコムパーニヤ・アエロスヴィート英語:AeroSvit AirlinesまたはAeroSvit Ukrainian Airlinesロシア語:Авиакомпания "АэроСвит"アヴィアカムパーニヤ・アエロスヴィート)は、かつて存在したウクライナ航空会社アエロスビット・ウクライナ航空とも呼ばれる。「АероСвіт」とは、ウクライナ語で「航空世界」といった意味の造語。ロシア語正書法に転写すれば「АэроСвит」、ロシア語に翻訳すれば「АэроСвет」となり、この名称が使用されることもある。

概要[編集]

アエロスヴィートは、キエフに本社を置き、ボルィースピリ国際空港を根拠地としていた。ウクライナ国内の他、ロシアイスラエルトルコブルガリアギリシャキプロスハンガリーなどウクライナ人にとって馴染みの深い国を中心に26ヶ国へ路線を展開していた。また、いくつかの国際線チャーター便も運航していた。

アエロスヴィートは、独立ウクライナ最初の航空会社のひとつである。会社は、共同資本により1994年3月25日に創立され、同年4月より運航を開始した。当初の就航路線はキエフ・ボルィースピリからテルアビブオデッサテッサロニキアテネラルナカで、ウクライナ航空との共同運航であった。10月からはボーイング社からボーイング737-200のドライ・リースが開始され、モスクワなどへも路線を延ばすようになった。

アエロスヴィートはウクライナ国内での保有率が62 %に達しているが、オランダのGilward Investmentsも38 %を保有している。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [1]

2012年12月、資金繰り悪化が表面化し、各国での空港利用料の不払い累積から、多くの定期路線を運休し、ウクライナ国際航空に路線を移管した。

2012年7~8月において、東京(成田空港)-キエフ(ボリースピリ国際空港)間の定期チャーター便を週一便で運航を行ったことがある。

保有機材[編集]

アエロスヴィート航空のすべてのボーイング社製機材は以下の航空機で構成されていた(2009年5月13日現在)[2]が、2013年の運航停止後は多くがウクライナ国際航空へ移管された。

ボーイング737-400

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]