スイス インターナショナル エアラインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スイス インターナショナル エアラインズ
(スイス)
Swiss International Air Lines
Swiss International Air Lines Logo 2011.svg
IATA
LX
ICAO
SWR
コールサイン
SWISS
法人番号 1700150000562 ウィキデータを編集
設立 2002年
ハブ空港 チューリッヒ空港
焦点空港 ジュネーヴ空港
ユーロエアポート・バーゼル=ミュールーズ空港
マイレージサービス Miles & More
会員ラウンジ SWISS Lounge
航空連合 スターアライアンス
親会社 ルフトハンザグループ
子会社 スイスグローバルエアラインズ
エーデルワイス航空
保有機材数 89機(28機発注中)
就航地 49か国105都市[1]
本拠地 スイスの旗 スイス バーゼル
代表者 Dr. Harry Hohmeister CEO
外部リンク swiss.com
テンプレートを表示
スイス インターナショナル エアラインズの本部
東京事務所(山王パークタワーアネックス)
冬のチューリッヒ空港に集まるスイスインターナショナルエアラインズ

スイス インターナショナル エアラインズドイツ語: Swiss International Air Lines AG日本語では「スイス」「スイス国際航空」とも)は、スイス航空会社。通称「SWISS[2]

スイス航空 (Swissair)及びその関連会社を傘下に収めていた持株会社「SAirグループ」の傘下で近距離の欧州域内路線を主に運航していたクロスエア (Crossair) が、2001年のスイス航空及びSAirグループの経営破綻後、スイス航空の路線網と機材を継承し発足した航空会社で、現在はルフトハンザドイツ航空の子会社である。スイスのチューリッヒ空港をベースにし、ヨーロッパ各国をはじめ世界各国に路線網を持つ。IATA航空会社コードは旧クロスエアのコードのLX、ICAO航空会社コードは旧スイスエアのSWRを引き継いでいる。スターアライアンスに加盟している。日本における事業所は東京都千代田区山王パークタワーアネックスにある。

概要[編集]

旧ロゴ

2002年3月31日にクロスエアが名称を変更して運航を開始。当初は巨額の赤字を計上する苦しい出発だったが、経営の合理化を図り年々赤字額を縮小、2006年には初の営業利益を計上するまでに回復した。

当初から他の大手航空会社との提携の可能性を探り、イギリスブリティッシュ・エアウェイズと提携しワンワールドへ加盟準備をしていたが交渉が決裂、2004年6月3日にはマイレージサービスの統合に同意できないとして提携を行わないことを発表した。その後ドイツルフトハンザドイツ航空と提携、2005年3月22日にはルフトハンザが同社を買収する意向を発表し、2007年7月1日に完全にルフトハンザの子会社となった。この間、2006年4月にスターアライアンスに加盟した。

マイレージプログラムは旧スイス航空時代の「クオリフライヤー(Qualiflyer)」から、経営がクロスエアに移行すると「スイストラベルクラブ(Swiss Travel Club)」と名称変更し、ルフトハンザドイツ航空による買収に伴うスターアライアンス加盟を機にルフトハンザのプログラムである「Miles & More」(読み:マイルズアンドモア)に統合された。

2008年2月8日にはスイスの旅行会社Kuoni Travelよりエーデルワイス航空の営業権の譲渡を受けて、同社を子会社とした。

2015年3月12日に、B777‐300ERを3機、追加購入する意向を表明した。これらの機材更新により一層のブランドイメージ向上を目指すとしている。

保有機材[編集]

運航機材[編集]

2021年9月現在、スイス インターナショナル エアラインズの機材は以下の通りである。

スイス インターナショナル エアラインズ 運航機材一覧[3]
機材 保有数 発注数 座席数 備考
F C Y Total
エアバスA220‐100 10 - 16 109 125 ローンチカスタマー

うち1機は「スイス・ロマンド」特別塗装機

エアバスA220-300 20 30 115 145
エアバスA320-200 19 - 30 150 180 うち3機はスターアライアンス特別塗装機
エアバスA320neo 2 15 No Data
エアバスA321-100 9 - 48 171 219
エアバスA321-200 3 -
エアバスA321neo 2 6 No Data
エアバスA330-300 14 - 8 45 183 236
エアバスA340-300 5 - 8 47 168 223 2024~2025年に退役予定
ボーイング777-300ER 12 - 8 62 270 340
総計 93 21

2016年にボーイング777-300ER(初号機:HB-JNA)を受領した際、旧スイス航空のボーイング社顧客番記号(カスタマーコード)57でなく、新たにDEが代わりに割り振られ777-3DEERという型式になった。1982年の旧スイス航空の747-357以来のスイス向けボーイング製旅客機となり、その間アメリカ製の旅客機はマクドネル・ダグラス製のMD-11のみであった。機種によって、子会社のエーデルワイス航空とお互いの機材でやり繰りすることがある。

退役済機材[編集]

ギャラリー[編集]

塗装の変化[編集]

スイス インターナショナル エアラインズは、過去に3回塗装が変化しており、初代塗装ではエンジンにもロゴが書かれていたが、2代目以降はこれが省略され、さらに3代目塗装では、「SWISS」の文字が明らかに大きくなり、その横に書かれていた小さい文字もなくなった。

路線[編集]

スイス インターナショナル エアラインズの就航国

スイス国内[編集]

アフリカ[編集]

アジア[編集]

ヨーロッパ[編集]

北アメリカ[編集]

南アメリカ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Facts and figures”. Swiss.com. 2015年9月30日閲覧。
  2. ^ 利用規約と法律上の注意事項”. Swiss International Air Lines. 2015年10月5日閲覧。
  3. ^ 保有機材 | 私たちがお勧めする理由| SWISS” (日本語). www.swiss.com. 2019年10月7日閲覧。
  4. ^ a b https://swiss.newsmarket.com/english/press-releases/new-destinations/s/199b3551-eb9b-4f94-b6bb-9f0bf8ff265c

外部リンク[編集]