モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港
Aéroport International Pierre-Elliott-Trudeau de Montréal
Montréal-Pierre Elliott Trudeau International Airport
YUL.U.S. Departures.Sector.Control.Tower.jpg
IATA: YUL - ICAO: CYUL
概要
国・地域 カナダの旗 カナダ
所在地 ケベック州ドーバル市
種類 公共
標高 36 m (118 ft)
座標 北緯45度28分05秒 西経73度44分29秒 / 北緯45.46806度 西経73.74139度 / 45.46806; -73.74139座標: 北緯45度28分05秒 西経73度44分29秒 / 北緯45.46806度 西経73.74139度 / 45.46806; -73.74139
公式サイト 公式サイト
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
06L/24R NO 3,353×61 舗装
06R/24L NO 2,926×61 舗装
10/28 NO 2,134×61 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港(モントリオール・ピエール・エリオット・トルドーこくさいくうこう、: Aéroport International Pierre-Elliott-Trudeau de Montréal: Montréal-Pierre Elliott Trudeau International Airport)は、カナダケベック州モントリオールにある国際空港。市街地中心から西南西20kmに位置する。エア・カナダの本拠地。

空港全体図
国際線ターミナル内部
新築された国際線ターミナル内部
2016年に新築された国際線ターミナル
空港内免税店

概要[ソースを編集]

当空港は「モントリオール・ドルバル国際空港」(Montréal – Dorval International Airport)として1941年9月にモントリオール島内に開港した。元は競馬場の敷地だった。

1975年モントリオール・ミラベル国際空港カナダの連邦政府のプロジェクトで開港し国際線を集約させた。これに伴い当空港はカナダ国内線およびアメリカ合衆国向け専用空港となった。

その後、連邦政府は方針を変更し、市街地に近い当空港へ国内および国際線の旅客業務を集約させることとした[1]2004年1月、これに合わせて当空港を地元出身のカナダ元首相ピエール・エリオット・トルドー(Pierre Elliott Trudeau)の名にちなみ「ピエール・エリオット・トルドー国際空港」と改名した。2000年以降は空港の集約化に合わせターミナルの増築や改築が行われれ、現在でも整備が進められている。

2018年6月2日よりエアカナダが初の日本との直行便を成田国際空港との間に就航予定である[2]

就航航空会社と就航都市[ソースを編集]

国内線[ソースを編集]

航空会社 就航地
カナダの旗エア・カナダ カルガリーエドモントンハリファックスオタワセントジョンズトロントバンクーバーウィニペグ
カナダの旗エア・カナダ・エクスプレス
ジャズ航空
ヴァゴヴィルベコモバサースト (ニューブランズウィック州)フレデリクトンシャーロットタウン
ハリファックス、ガスペ (ケベック州)マドレーヌ諸島 (カナダ)モンクトンモン・ジョリ、オタワ
ケベック・シティールーワン・ノランダセントジョン (ニューブランズウィック州)セティル
トロント(ピアソン)、トロント(シティ)ヴァルドール、ウィニペグ、ワブッシュ
カナダの旗クリーベック航空 シブガモー、ヴァルドール
カナダの旗エア・イヌイット クージュアラピククージュアクラグランド、ケベック・シティー
カナダの旗ファーストエアー クージュアク、イカルイト
カナダの旗ポーター航空 トロント(シティ)、ハリファックス、モントランブラン (ケベック州)
カナダの旗プロビンシャル・エアラインズ セティル、ケベック・シティー、ワブッシュ
カナダの旗ウエストジェット カルガリー、トロント(ピアソン)、ウィニペグ、バンクーバー、エドモントン
カナダの旗ウエストジェット・エンコア トロント(ピアソン)

米国線[ソースを編集]

航空会社 就航地
カナダの旗エア・カナダ フォートローダーデールロサンゼルスサンフランシスコフォートマイヤーズマイアミタンパウェストパームビーチ
カナダの旗エア・カナダ・エクスプレス
ジャズ航空
ボストンシカゴハートフォードニューヨーク(ラガーディア)ニューアークワシントン(レーガン)ヒューストン
カナダの旗エア・カナダ・ルージュ オーランドラスベガスフェニックス(2018年2月22日就航予定)
カナダの旗エア・トランザット フォートローダーデール 
カナダの旗サンウィング航空 フォートローダーデール、オーランド
カナダの旗ウエストジェット フォートローダーデール、オーランド、ラスベガス
アメリカ合衆国の旗アメリカン航空 マイアミ
アメリカ合衆国の旗アメリカン・イーグル航空 シカゴ、ニューヨーク(ラガーディア)、ニューヨーク(JFK)フィラデルフィアシャーロットダラス
アメリカ合衆国の旗デルタ航空 アトランタミネアポリス
アメリカ合衆国の旗デルタ・コネクション デトロイト、アトランタ、ミネアポリス、ニューヨーク(JFK)、ニューヨーク(ラガーディア)
アメリカ合衆国の旗ユナイテッド・エキスプレス ワシントン(ダレス)、シカゴ、ニューアーク

国際線[ソースを編集]

航空会社 就航地
カナダの旗エア・カナダ (ヨーロッパ)ブリュッセルジュネーヴロンドン(ヒースロー)パリ(シャルルドゴール)リヨンローマ

(カリブ) モンテゴベイポワンタピートルサマナセントジョンズバルバドスウィレムスタット(キュラソー)ナッソー
タークス・カイコス諸島サン・サルバドル島(バハマ)セントルシア

(中南米) プエルト・バジャルタイスタパ・シワタネホリベリア(コスタリカ)

(アジア) 上海東京(成田)(2018年6月2日就航予定)

(中近東) テルアビブ

カナダの旗エア・カナダ・ルージュ (ヨーロッパ)アテネバルセロナヴェネツィアニース、レイキャビク

(カリブ)カヨココバラデロサンタ・クララカヨ・ラルゴオルギンポルトープランスプエルト・プラタプンタ・カーナ

(中南米) メキシコシティカンクンコスメルリマ(2017年12月16日就航予定)

(アフリカ) カサブランカ、アルジェ

カナダの旗エア・トランザット (ヨーロッパ) マラガ、パリ(シャルルドゴール)、リヨンマルセイユトゥールーズナント、ニース、バルセロナ、マドリード、アテネ、ミュルーズ/バーゼル
ボルドー、ブリュッセル、ブダペストダブリンリスボンポルトロンドン(ガトウィック)プラハ、ローマ、ヴェネツィア

(カリブ)モンテゴベイ、ポルトープランス、ラ・ロマーナ (ドミニカ共和国)、プエルト・プラタ、プエルト・バジャルタ、シント・マールテン島、オルギン、バラデロ
カマグエイ、カヨココ、カヨ・ラルゴ、フォール=ド=フランス、ポワンタピートル、ロアタン、サマナ、サンタ・クララ、セントルシア

(中南米)アカプルコ、カンクン、コスメル、カルタヘナサンアンドレス島、パナマシティ、マナグアサンホセ (コスタリカ)、リベリア(コスタリカ)

(中近東) テルアビブ

カナダの旗サンウィング航空 カンクン、カマグエイ、カヨココ、バラデロ、オルギン、サンタ・クララ、モンテゴベイ、プンタ・カーナ、シント・マールテンラ・セイバアルバ、バルバドス
カヨ・ラルゴ、フリーポートワタルコ、イスタパ・シワタネホ、リベリア(コスタリカ)、マンサニヨ(キューバ)、パナマシティ、プエルト・プラタ、プエルト・バジャルタ
リオ・アトサン ホセ デル カボ、サンティアーゴ・デ・クーバ、セントルシア
カナダの旗ウエストジェット カンクン、プンタ・カーナ、バラデロ、モンテゴベイ、タークス・カイコス諸島、シント・マールテン
フランスの旗エールフランス パリ(シャルルドゴール)
フランスの旗コルセールフライ パリ(オルリー)
フランスの旗エール・サン=ピエール サンピエール島
アイスランドの旗アイスランド航空 レイキャビク
アイスランドの旗WOWエア レイキャビク
アルジェリアの旗アルジェリア航空 アルジェ
モロッコの旗ロイヤル・エア・モロッコ カサブランカ
チュニジアの旗チュニジア航空 チュニス
ヨルダンの旗ロイヤル・ヨルダン航空 アンマン
カタールの旗カタール航空 ドーハ
トルコの旗ターキッシュ エアラインズ イスタンブール
イギリスの旗ブリティッシュエアウェイズ ロンドン(ヒースロー)
ドイツの旗ルフトハンザドイツ航空 ミュンヘンフランクフルト
オランダの旗KLMオランダ航空 アムステルダム
スイスの旗スイスインターナショナルエアラインズ チューリッヒ
ポルトガルの旗アゾレス・エアラインズ リスボン、ポンタ・デルガダ
中華人民共和国の旗中国国際航空 北京ハバナ
メキシコの旗アエロメヒコ メキシコシティ
パナマの旗コパ航空 パナマシティ
キューバの旗クバーナ航空 ハバナ、カマグエイシエンフエーゴスサンティアーゴ・デ・クーバ、オルギン、サンタ・クララ、バラデロ

地域別就航先一覧[ソースを編集]

夜のメインターミナル
管制塔
エアカナダのB777-300ER
空港ターミナル到着ロビー
エア・カナダ(奥)旧塗装(手前)新塗装
  • 北アメリカ
カナダの旗トロントバンクーバーオタワカルガリーケベック・シティーウィニペグエドモントンハリファックスセントジョンセントジョンズモンクトンシャーロットタウンフレデリクトンバサーストベ・コモモン・ジョリイカルイトマドレーヌ諸島モントランブランヴァゴヴィルルーワン・ノランダヴァルドールシブガモークージュアラピクラ・グランドセティルクージュアク
フランスの旗サンピエール島
アメリカ合衆国の旗シカゴニューヨークマイアミオーランドフォートローダーデールフォートマイヤーズラスベガスロサンゼルスサンフランシスコタンパボストンハートフォードワシントンD.C.ヒューストンダラスクリーブランドアトランタミネアポリスデトロイトフィラデルフィアシャーロットフェニックス
  • 中南米
メキシコの旗メキシコシティカンクンアカプルココスメルプエルト・バジャルタイスタパ/シウアタネッホワタルコサン ホセ デル カボ
パナマの旗パナマシティ
エルサルバドルの旗サンサルバドル
コスタリカの旗サンホセ
ニカラグアの旗マナグア
コロンビアの旗カルタヘナサンアンドレス島
ホンジュラスの旗ロアタンラ・セイバ
ペルーの旗リマ(2017年12月~)
  • カリブ海
キューバの旗カヨ・ココカヨ・ラルゴサンタ・クララハバナサンティアーゴ・デ・クーバシエンフエーゴスカマグエイバラデロオルギン
マンサニヨ
フランスの旗フォール=ド=フランスポワンタピートル
バハマの旗ナッソーサン・サルバドル島グランド・バハマ島
ドミニカ共和国の旗サントドミンゴプエルト・プラタプンタ・カナラ・ロマーナサマナ
ハイチの旗ポルトープランス
タークス・カイコス諸島の旗プロビデンシアレス島英語版
ジャマイカの旗モンテゴベイ
バルバドスの旗バルバドス
セントルシアの旗セントルシア
アンティグア・バーブーダの旗アンティグア・バーブーダ
オランダの旗シント・マールテンアルバキュラソー島
  • ヨーロッパ
ドイツの旗フランクフルトミュンヘン
スイスの旗チューリッヒジュネーヴバーゼル
フランスの旗パリリヨンナントニースマルセイユボルドートゥールーズ
イタリアの旗ローマヴェネツィア
スペインの旗マドリードバルセロナマラガ
ポルトガルの旗リスボンポルトポンタ・デルガダ
オーストリアの旗ウィーン
オランダの旗アムステルダム
ギリシャの旗アテネ
ベルギーの旗ブリュッセル
アイルランドの旗ダブリン
イギリスの旗ロンドン
ハンガリーの旗ブダペスト
チェコの旗プラハ
アイスランドの旗レイキャビク
  • アフリカ
アルジェリアの旗アルジェ
モロッコの旗カサブランカ
チュニジアの旗チュニス
  • 中近東
ヨルダンの旗アンマン
トルコの旗イスタンブール
カタールの旗ドーハ
イスラエルの旗テルアビブ
  • アジア
中華人民共和国の旗北京上海
日本の旗東京(2018年6月~)

アクセス[ソースを編集]

路線バス[ソースを編集]

モントリオール交通局 (Société de transport de Montréal, STM) によりいくつかのバス路線が運行されている。

  • 747系統は空港から高速道路を通り市中心部と結び24時間運行している。終点はBerri通りバスターミナルで、ルネ・レヴェック通り沿いに8つの停留所がある。地下鉄へはLionel-Groulx駅Berri-UQAM駅で乗り換えることができる。モントリオール中央駅近くにも止まる。午前8:30から午後8:00までは10–12分間隔、午前5:30から午前8:30と午後8:00から午前1:00は30分間隔、午前2:00から午前5:00は1時間間隔である[3]。他の路線バスとは料金体系が異なり[4]、硬貨で$10払うと終点まで乗車できる。もしくは事前に購入したSTMの一日(24時間)乗車券($10)、3日、1週間、1ヶ月乗車券、週末券も有効である[5]。高速道路の渋滞により一時間近く時間がかかる事もあるため注意が必要である。
  • 209系統Des Sources。これもDorval駅に停車する。
  • 356系統Lachine /Montreal-Trudeau /Des Sources。西行きはDorval駅、東行きはMontreal市内、Atwater駅、Frontenac駅に停車する。深夜バスである。
  • 378系統Sauvé /Côte-Vertu /Montreal-Trudeau。東行きはCôte-Vertu駅、Montpellier駅、Sauvé駅に停車する。深夜バスである。

鉄道[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ これに伴い2004年10月よりモントリオール・ミラベル国際空港は貨物用及びチャーター機のみの利用となった。
  2. ^ エア・カナダ、18年6月から成田/モントリオール線、ツアーに期待 トラベルビジョン 2017年8月24日
  3. ^ Press releases”. Stm.info (2010年6月10日). 2011年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月19日閲覧。
  4. ^ 通常の路線では通常乗車券(2時間券)3ドルで乗車でき、車内でも購入できる。
  5. ^ これらの乗車券は薬局や地下鉄の駅で購入できるが、バス車内では購入できない。
  6. ^ CDPQ (2016年4月22日). “Réseau Électrique Métropolitain”. CDPQ. 2016年4月閲覧。

外部リンク[ソースを編集]