パームビーチ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パームビーチ国際空港
Palm Beach International Airport photo D Ramey Logan.jpg
IATA: PBIICAO: KPBI
概要
空港種別 公共
所有者 パームビーチ郡
運営者 パームビーチ郡空港局
供給都市 パームビーチ郡マイアミ都市圏
所在地 フロリダ州ウェストパームビーチ
標高 19 ft / 6 m
座標 北緯26度40分59秒 西経80度05分44秒 / 北緯26.68306度 西経80.09556度 / 26.68306; -80.09556座標: 北緯26度40分59秒 西経80度05分44秒 / 北緯26.68306度 西経80.09556度 / 26.68306; -80.09556
ウェブサイト www.pbia.org
地図
PBIの位置(フロリダ州内)
PBI
PBI
PBIの位置(アメリカ合衆国内)
PBI
PBI
滑走路
方向 全長 表面
ft m
10L/28R 10,001 3,048 アスファルト
10R/28L 3,214 980 アスファルト
14/32 6,926 2,111 アスファルト
統計 (2018)
発着数 140,383
拠点機数 171
乗客数 6,513,943
出典: 連邦航空局 www.pbia.org[1]

パームビーチ国際空港(IATA: PBIICAO: KPBI)は、フロリダ州パームビーチ郡ウェストパームビーチ西部にある公共の空港である。この空港は、ウェストパームビーチ、ボカラトンパームビーチ、およびこの周辺地域の主要空港であり、マイアミ都市圏の主要3空港の一つでもある。空港はパームビーチ郡の空港局が運営している。空港へは州間高速道路95号線、州道80号線、コングレス・アベニュー(州道807号線)が直接繋がっており、西側にはミリタリー・トレイル(州道809号線)が面している。

歴史[編集]

パームビーチ国際空港は1936年にモリソン・フィールドとして運営され始めた。この名は飛行場の計画と組織化に貢献したグレイス・K・モリソンを称えて名付けられたものである。最初のフライトは1936年、イースタン航空ダグラス DC-2によるニューヨークへのフライトだった。空港は1936年12月19日に開港した[2]

滑走路と管理施設しか持たなかった空港は、1937年にパームビーチ・エアロが南側の土地を借り、格納庫と最初のターミナルを建設したことで拡大した。そのターミナルはイースタン航空ターミナルと呼ばれるようになった[2]

第二次世界大戦中は、空港はアメリカ陸軍航空軍が使用した。真珠湾攻撃後、モリソン・フィールドは軍の訓練に用いられ、後のフランス侵攻の際にはノルマンディー上陸作戦に参加するためにイギリスへ向かう多くの航空機の中継基地として使われた[2]。また、ブラジルと西アフリカを経由してインドへ向かう航空機の中継地点でも会った[3]

1947年、新しく作られたアメリカ空軍はモリソン・フィールドをパームビーチ郡に返還した。そして1948年、空港名はパームビーチ国際空港に変更された[3]

1951年、空港は米軍航空輸送部隊英語版(MATS)の指揮下で再度アメリカ空軍が用いることになり、パームビーチ空軍基地と改名された。空軍の作戦には敷地の北半分が使われ、民間業務と航空会社のターミナルには南半分が使われた。MATSはこの基地を管理部隊の第1707航空団と第1740重輸送訓練部隊の訓練に用いた。第1707航空団は「MATSの大学」として知られ、重輸送機の飛行やサポートに関わる全人員を訓練する空軍の重要部隊となった。これには、C-124 グローブマスター、C-118 リフトマスター、C-97 ストラトフレイターC-54 スカイマスターのパイロットやメンテナンスの訓練があった。朝鮮戦争中には約23,000人がここで訓練をうけた[2]

航空気象部(Air Weather Service)もパームビーチ空軍基地をハリケーン研究の本部として使っており、ハリケーン・ハンターと呼ばれた最初のWB-50 スーパーフォートレスを1956年に飛行させた。

パームビーチ郡がウェストパームビーチへの空軍駐留について何年も争った結果、空軍はここでの任務を縮小し始めた。第1707航空団は1959年6月30日に活動を終了し、オクラホマ州ティンカー空軍基地英語版に移動した。航空団が去ったことにより、パームビーチ郡は空港の運営を取り戻した。その後、パームビーチ空軍基地には、ハリケーンや気象の研究を行う第9気象群という小規模な部隊の駐留が継続され、これがこの基地の主要な活動となった。また空撮作図部(Air Photographic and Charting Service)は、その第1370写真作図団(Photo-Mapping Wing)をパームビーチ空軍基地に移した。これは測地調査のためのフライトを行う部隊だった。最終的にパームビーチ空軍基地は1962年に閉鎖され、全ての施設はパームビーチ国際空港に譲渡された。

定期便はデルタ航空が1959年に、キャピタル航空英語版が1960年に運航し始めた。最初のターボプロップ機はイースタン航空ロッキード L-188だった。また、イースタン航空は1960年にDC-8を用いてアイドルワイルド空港(現JFK空港)へのノンストップ便を始めた。

1960年代初頭にジョン・F・ケネディが大統領だった頃、エアフォースワンが頻繁にパームビーチ国際空港に来ていた。その当時、地元の有権者は空港を移転させる案を拒否し、既存の設備を拡張させることを選んだ。1966年10月、8カ所のゲートを持つメインターミナルが空港の北東部に開業した。そして1974年、デルタ航空はこの空港で初めてとなる搭乗橋を持つターミナルを使い始めた[2]。またこの頃、連邦航空局は新しい管制塔を敷地南側に建設した。

1970年代中頃までには、ここの主要な航空会社はデルタ航空イースタン航空ナショナル航空になっていた。イースタンは当時のこの空港にワイドボディ機を就航させていた唯一の会社であり、ニューヨークのJFKニューアークL-1011を毎日飛ばしていた[4]

1979年にはナショナル航空はJFK、ラガーディア空港マイアミ空港へ、DC-10を毎日飛ばしていた。また、イースタンはL-1011をアトランタ空港へ、デルタはL-1011をタンパ空港へ飛ばしていた[5]。1985年にはパームビーチ・ニューヨーク間に毎日8機のワイドボディ機が飛んでいた[6]

1988年、25基のゲートを持つデイビット・マキャンベル・ターミナルが開業した。このターミナル名は、第二次世界大戦当時の海軍のエースパイロット名に由来する[7]。2003年、このターミナルはコンデナスト・トラベラー誌の読者投票で国内最良に選ばれた。同年、サザン・ブルーバード(国道98号線)の交通量を減らすために州間高速道路95号線のインターチェンジが新しく作り直され、ターネイジ・ブルーバード(空港敷地内の道路)へ繋げられた。

1990年代になると、急速に拡張するフォートローダーデール空港との競争によって、この空港の成長は抑えられてしまった。また2001年の景気後退と9.11テロがさらに抑制したが、2002年以降の南フロリダの開発によって乗客数の急増がもたらされた。その後さらに、ジェットブルー航空サウスウエスト航空のような低価格の航空会社がパームビーチへの就航を始めた。2006年、パームビーチ郡は7階建ての駐車場の起工と、コンコースCへの3カ所のゲートの追加を皮切りに、暫定的な拡張計画を開始した。広範囲な拡張計画には、コンコースBへのゲート追加と、現ターミナルの東側に14カ所のゲートを持つ新コンコースDを建設することが含まれる。

2016年の選挙ドナルド・トランプ大統領に選ばれたことにより、エアフォースワンがまた頻繁に訪れるようになった。トランプが空港近くのマー・ア・ラゴを訪れている間、エアフォースワンはサザン・ブルーバードに近い空港南部に駐機していることが多い。2017年まで、機体と見学者の間にはスクールバスの車列が一時的な盾として並べられていた。パームビーチ郡は2017年中頃には恒久的な障壁を建設するとしていたが、11月時点ではまだスクールバスが用いられている[8][9]

設備[編集]

サザン・ブルーバード沿いの「第391爆撃隊」というレストラン跡地から見たパームビーチ国際空港

パームビーチ国際空港は面積が約7.6km2あり、滑走路を3本備えている[1]

  • 10L-28R: 3,048 x 46 m アスファルト
  • 10R-28L: 980 x 23 m アスファルト
  • 14–32: 2,111 x 46 m アスファルト

滑走路番号はFAAの現行方式に合うように2009年12月17日に変更された。それまでは、9L-27R、9R-27L、13–31とされていた[10]

2018年時点で各コンコースは以下の航空会社が利用している。

管制塔[編集]

高さ73mの新しい管制塔が敷地北側(コンコースAの西、ベルヴェディア・ロードの南)で運用されている[11]。古い管制塔は敷地南側に残っている。

ヘリコプター[編集]

  • ヘリコプターの運用は主に10R/28L滑走路かその平行誘導路で行う。もしくは税関やギャラクシー・アビエーションの駐機場へ直接進入することもある。
  • パームビーチ郡保安官事務所英語版には航空部門があり、空港の南西角に格納庫を持っている。
  • パームビーチ郡のヘルスケア部門は郡消防局と共にトラウマホークと呼ばれる救急ヘリを運用しており、空港南西部の保安官事務所の隣に格納庫がある。

その他の格納庫[編集]

消防救急[編集]

パームビーチ郡消防局英語版の航空隊が滑走路間にあり、空港中心に位置する消防署には13機の消防機器がある[12]

消防機器には以下のものがある。

トラウマホーク[編集]

パームビーチ国際空港にある格納庫前でのトラウマホーク1

トラウマホークの基地は空港南西角にあり、パームビーチ郡消防局が2機のシコルスキー S-76を運用している[17]。消防局は「トラウマホーク航空医療計画」を実行するため、郡のヘルスケア部門と連携している[18]。トラウマホーク計画は1990年11月に成立し、重症患者を病院に救急搬送する際に郡保安局のヘリを使わずに済むようにするためのものだった[18]。2機の救急ヘリは同じ機器を備え、それぞれ2人の患者と最大4人の医療スタッフが搭乗できる[17]。各ヘリコプターはパイロット1人、看護師1人、パラメディック1人で運用している。看護師とパラメディックは郡消防局に雇われており、パイロットは郡のヘルスケア部門に雇われている[18]

航空会社と就航地[編集]

旅客便[編集]

航空会社就航地
エア・カナダ 季節運航: モントリオール=トルドートロント=ピアソン
アメリカン航空 シャーロットシカゴ=オヘアダラス・フォートワースフィラデルフィアワシントン=ナショナル
エンヴォイ・エア
(旧アメリカン・イーグル)
季節運航: ニューヨーク=ラガーディア
バハマスエア マーシュハーバー英語版
デルタ航空 アトランタデトロイトニューヨーク=JFKニューヨーク=ラガーディア
季節運航: ボストン
フロンティア航空 ロングアイランドトレントン英語版
季節運航: クリーブランド (2018年11月15日から)、コロンバス=グレンフィラデルフィアピッツバーグローリー・ダーラムセントルイス
ジェットブルー航空 ボストンハートフォードニューアークニューヨーク=JFKニューヨーク=ラガーディアプロビデンス (2019年2月14日から)、ワシントン=ナショナルホワイト・プレインズ英語版
シルバー・エアウェイズ キーウェストマーシュハーバー英語版ナッソーサウス・ビミニ英語版
サザン・エアウェイズ・エクスプレス英語版 キーウェストタンパ
サウスウエスト航空 アトランタボルチモアダラス=ラブ (2019年3月10日から)[19]ロングアイランドニューヨーク=ラガーディア
季節運航: シカゴ=ミッドウェーハートフォードピッツバーグプロビデンスセントルイス
スピリット航空 季節運航: アトランティック・シティ英語版ボストンシカゴ=オヘアデトロイト[20]
サン・カントリー航空英語版 季節運航: ミネアポリス・セントポール
ユナイテッド航空 デンバー (2019年3月9日から)、ニューアーク
季節運航: ヒューストン

貨物便[編集]

航空会社就航地
フェデックス・エクスプレス メンフィス
UPS航空 シャーロットコロンビア (SC)英語版ルイビルマイアミオーランド

統計[編集]

サウスウエスト航空:ボーイング 737@PBI
デルタ航空 マクドネル・ダグラス MD-90@PBI
ジェットブルー航空 エアバス A320@PBI
アメリカン航空 エアバス A320@PBI
ユナイテッド航空 ボーイング 737@PBI

就航地別[編集]

就航地ごとの旅客数 (2017年10月~2018年9月)[21]
順位 都市 旅客数 航空会社
1 アトランタ 626,520 サウスウエスト、デルタ
2 ニューアーク 419,900 ジェットブルー、ユナイテッド
3 ニューヨーク=ラガーディア 298,520 アメリカン、ジェットブルー、デルタ
4 ボストン 246,620 ジェットブルー、スピリット、デルタ
5 シャーロット 245,000 アメリカン
6 ニューヨーク=JFK 242,490 ジェットブルー
7 フィラデルフィア 162,840 アメリカン、サウスウエスト
8 ボルチモア 139,450 サウスウエスト
9 ホワイト・プレインズ英語版 135,310 ジェットブルー
10 ロングアイランド 126,110 サウスウエスト、フロンティア

航空会社の市場シェア[編集]

(2017年10月~2018年9月)[22]
順位 航空会社 乗客数 シェア
1 ジェットブルー航空 1,806,000 28.51%
2 デルタ航空 1,665,000 26.28%
3 アメリカン航空 1,236,000 19.51%
4 サウスウエスト航空 620,000 9.78%
5 ユナイテッド航空 597,000 9.43%

年間旅客数[編集]

暦年(1月~12月)ごとの旅客数(到着数+出発数)[23]
旅客数 旅客数 旅客数
1989 5,115,700 1999 5,742,634 2009 5,994,606
1990 5,691,410 2000 5,842,594 2010 5,887,723
1991 5,077,573 2001 5,939,404 2011 5,769,583
1992 5,023,693 2002 5,483,662 2012 5,609,168
1993 5,074,132 2003 6,014,186 2013 5,691,747
1994 5,588,434 2004 6,537,263 2014 5,886,384
1995 5,418,831 2005 7,014,237 2015 6,265,530
1996 5,680,913 2006 6,824,789 2016 6,264,397
1997 5,813,361 2007 6,936,449 2017 6,322,452
1998 5,899,482 2008 6,476,303 2018 6,513,943

公共交通機関[編集]

鉄道[編集]

パームビーチ国際空港の最寄り駅はウェストパームビーチ駅で、アムトラック、都市間鉄道、トリレール英語版が乗り入れている。

バス[編集]

パーム・トラン英語版の40番、44番が空港に乗り入れている。いずれもウェストパームビーチ駅で、トリレールとアムトラック、グレイハウンドに接続している。

論争[編集]

FAA(連邦航空局)は、パームビーチ国際空港に新しい管制塔を建設するのに合わせて、空港の周囲5~40マイル(8~64km)を担当する航空管制官全員をマイアミ国際空港に移転させる予定だった。周囲5マイル以下を担当する進入管制官と地上管制官はパームビーチに留まる予定だった。FAAはこの移転はコスト削減に必要な措置だと主張したが、反対者たちはマイアミの施設がもしハリケーンやテロ攻撃で被害を受けたら南フロリダの航空がリスクにさらされると主張した。全米航空管制官連盟英語版もこの移転に反対した。マイアミ国際空港の設備は、マイアミとフォートローダーデール空港の管制のために用いられている。

ドナルド・トランプは2010年、滑走路の拡張を阻止する訴訟を起こした[24]。また、2015年、彼は自己が保有するマー・ア・ラゴの上空を通過する航空路に関する訴訟を始めた[25]

事故・インシデント[編集]

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b FAA Airport Master Record for PBI (Form 5010 PDF), effective December 17, 2009
  2. ^ a b c d e History - Palm Beach International Airport”. www.pbia.org. 2018年11月7日閲覧。
  3. ^ a b U. S. Military in West Palm Beach”. Palm Beach County History Online. 2018年11月7日閲覧。
  4. ^ To Palm Beach International Airport Effective April 15, 1975”. www.departedflights.com. 2018年11月6日閲覧。
  5. ^ To West Palm Beach Effective November 15, 1979”. www.departedflights.com. 2018年11月6日閲覧。
  6. ^ To West Palm Beach Effective February 15, 1985”. www.departedflights.com. 2018年11月6日閲覧。
  7. ^ DiPaola, Jim (1988年10月24日). “Thousands Get Terminal Fever Magicians, Dancers, Musicians Create Festive Pbia Opening”. Sun-Sentinel. http://articles.sun-sentinel.com/1988-10-24/news/8803020709_1_new-terminal-first-terminal-airport-visitors 2018年10月10日閲覧。 
  8. ^ Webb, Kristina. “NEW: Trump finally gets wall — to shield Air Force One at PBIA” (英語). The Palm Beach Post. https://www.palmbeachpost.com/news/local/new-trump-finally-gets-wall-shield-air-force-one-pbia/rJJaNv4tZltm6Y8TnrmdzH/ 2018年11月7日閲覧。 
  9. ^ “Wall of buses ready at Palm Beach airport in anticipation of Trump visit for Thanksgiving”. Washington Examiner. (2017年11月19日). https://www.washingtonexaminer.com/wall-of-buses-ready-at-palm-beach-airport-in-anticipation-of-trump-visit-for-thanksgiving 2018年11月7日閲覧。 
  10. ^ FAASTeam Notice – NOTC2052: Palm Beach International Airport (PBI) Runway Designation Change, effective December 17, 2009”. Federal Aviation Administration. 2009年12月16日閲覧。
  11. ^ Archived copy”. 2011年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月10日閲覧。
  12. ^ Station 81”. Palm Beach County Fire Rescue. 2015年2月25日閲覧。
  13. ^ Air Stair 1”. Palm Beach County Fire Rescue. 2015年2月25日閲覧。
  14. ^ Dragon 1”. Palm Beach County Fire Rescue. 2015年2月25日閲覧。
  15. ^ Foam 81”. Palm Beach County Fire Rescue. 2015年2月25日閲覧。
  16. ^ Support 81”. Palm Beach County Fire Rescue. 2015年2月25日閲覧。
  17. ^ a b Station Trauma Hawk”. Palm Beach County Fire Rescue. 2015年2月25日閲覧。
  18. ^ a b c Trauma Hawk”. Palm Beach County Fire Rescue. 2015年2月25日閲覧。
  19. ^ Spring Forward: Southwest Airlines Gets Ready For Spring Break with More Nonstop Routes”. Southwest Airlines Newsroom. 2018年12月13日閲覧。
  20. ^ More Go, Coming Right Up! Spirit Airlines Extends Schedule through February 2019 with Seven New Routes”. GlobeNewswire News Room (2018年6月7日). 2018年12月13日閲覧。
  21. ^ Statistics”. transtats.bts.gov. 2011年10月3日閲覧。
  22. ^ RITA | BTS | Transtats”. Transtats.bts.gov. 2018年12月30日閲覧。
  23. ^ Palm Beach International Airport - Palm Beach County Florida”. www.pbia.org. 2018年3月25日閲覧。
  24. ^ Playford, Adam. Trump sues to prevent runway expansion, The Palm Beach Post, palmbeachpost.com, July 19, 2010
  25. ^ Matt Sedensky (2015年1月13日). “Trump sues for $100M, says air traffic targets him”. USA Today. 2015年2月23日閲覧。
  26. ^ AA flight makes emergency landing in West Palm Beach: Travel Weekly”. www.travelweekly.com (2008年1月31日). 2018年12月12日閲覧。
  27. ^ Ranter, Harro (2016年12月21日). “Incident Boeing 757-223 N624AA, 30 Jan 2008”. aviation-safety.net. 2018年12月13日閲覧。
  28. ^ Plane crash investigation moves forward as victims are identified”. 2018年3月25日閲覧。
  29. ^ Archived copy”. 2014年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月20日閲覧。 "Spirit Airlines emergency landing at Palm Beach International Airport"
  30. ^ Archived copy”. 2014年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月26日閲覧。 "Delta Flight 2014 from Atlanta to West Palm Beach lands safely after declaring emergency"
  31. ^ Sutton, Joe (2016年7月21日). “Passengers evacuate American Airlines flight after report of leak”. CNN. 2018年12月12日閲覧。

外部リンク[編集]