ポワンタピートル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポワンタピートル
Blason ville fr Pointe-à-Pitre (Guadeloupe).svg
Pointe-à-Pitre.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) グアドループ
(département) グアドループ
(arrondissement) ポワンタピートル郡
(郡庁所在地)
小郡 (canton)

3小郡の小郡庁所在地

Pointe-à-Pitre-1, Pointe-à-Pitre-2, Pointe-à-Pitre-3
INSEEコード 97120
郵便番号 97110
市長任期 Jacques BANGOU
(2008年-2014年)
自治体間連合 (fr) oui
人口動態
人口 17541人
(2006年)
人口密度 人/km²
住民の呼称 Pointois / Pointoises
地理
標高 最低:0
最高:26
面積 2.66km²
公式サイト Ville-pointeapitre.fr
テンプレートを表示

ポワンタピートル(Pointe-à-Pitre)は、小アンティル諸島にあるフランス海外県グアドループにあるコミューンである。グランド・テール島西部に位置する。同県最大の都市であり、またポワンタピートル郡の郡庁所在地となっている。

同県の主要国際空港であるポワンタピートル国際空港はポワンタピートル市街地より3km北に離れたレ=ザビーム(Les Abymes)にある。

歴史[編集]

グアドループの主島があるバス・テール島グランド・テール島の接合点という理想的な位置にあり、フランスの植民当局はポワンタピートルに都市を建設しようとしたが、1713年から1730年にかけて行われた幾つかの試みは、健康的に良くない湿地の土壌のために潰えた。

イギリスによるグアドループ侵攻 (1759年)英語版期に湿地を見渡す高台に建設された入植地が唯一のものである。1763年にグアドループがフランスに返還された後、ガブリエル・ド・クリュー長官の元で1764年に王勅令によって都市ポワンタピートルが正式に創立され、現在ポワンタピートルのダウンタウンがある湿地は排水された。こうしてポワンタピートルは都市的発展を遂げることが可能となった。

ポワンタピートルの都市的発展はフランスの海賊船英語版によるところも少なくない。不幸にも1780年に大火がポワンタピートル全域を覆った。63年後の1843年には今度は地震によって壊滅的被害を受けた。ポワンタピートルの歴史には幾多もの災害が爪痕を残している。1850年、1871年、1931年の火事、1851年、1897年の地震、1865年、1928年のハリケーンである。コレラが蔓延したことも何度かある。それにもかかわらずポワンタピートルがグアドループの最大都市となり、経済的発展を遂げたのは地理的好条件と避難港の存在のためである。

姉妹都市[編集]

ポワンタピートルの位置