ラ・セイバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
La Ceiba
La Ceiba Municipality in 2007
La Ceiba Municipality in 2007
La Ceibaの公式印章
印章
愛称: 
La novia de Honduras (Honduras' girlfriend/bride)
La Ceibaの位置(ホンジュラス内)
La Ceiba
La Ceiba
座標:北緯15度46分 西経86度50分 / 北緯15.767度 西経86.833度 / 15.767; -86.833
ホンジュラスの旗 ホンジュラス
Atlántida
Founded 1877年8月23日(141年前) (1877-08-23
行政
 • Mayor Jerry Sabio
面積
 • 都市 640km2
 • 都市圏
25km2
標高
3m
人口
(2015)[1]
 • 都市 204,140人
 • 密度 320/km2
等時帯 UTC-6 (Central America)
気候 Af
ウェブサイト municipalidadlaceiba.com

ラ・セイバLa Ceiba)は、ホンジュラス北部の都市。人口18万人(2008年)。アトランティダ県の県都であり、ホンジュラス第3の都市である。カリブ海に面し、プエルトコルテスに次ぐホンジュラス第2の港湾都市でもある。

1877年8月23日に建設される。バナナ生産の大企業、スタンダード・フルーツ社の敷設した鉄道はラ・セイバを起点としており、19世紀末、バナナの生産がホンジュラスで急拡大するにつれて、その輸出港として発展していった。

現在は観光に力を入れており、スキューバダイビングで人気のイスラス・デ・ラ・バイア県への玄関口ともなっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Honduras: metropolitan areas”. World Gazeteer. 2012年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月24日閲覧。