ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港
Ronald Reagan Washington National Airport
DCA airport map.PNG
連邦航空局・空港図
衛星写真
衛星写真
IATA: DCA - ICAO: KDCA
概要
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 バージニア州アーリントン
母都市 ワシントンD.C.
種類 公共
所有者 Metropolitan Washington Airports Authority(都立ワシントン空港公社)
標高 5 m (15 ft)
座標 北緯38度51分08秒 西経077度02分16秒 / 北緯38.85222度 西経77.03778度 / 38.85222; -77.03778座標: 北緯38度51分08秒 西経077度02分16秒 / 北緯38.85222度 西経77.03778度 / 38.85222; -77.03778
公式サイト 公式ウェブサイト
地図
空港の位置
空港の位置
DCA
空港の位置
空港の位置
DCA
空港の位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
01/19 2,185×46 アスファルト
04/22 1,524×46 アスファルト
15/33 1,586×46 アスファルト
統計(2019年)
旅客数 2395万人
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港(ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナルくうこう、: Ronald Reagan Washington National Airport)は、アメリカ合衆国バージニア州アーリントンにある空港

概要[編集]

ワシントンD.C.の中心部・ホワイトハウスから南へおよそ5kmのポトマック川河畔に位置する空港であり、地下鉄が直結している。空港所在地はバージニア州だが、西部を除いた空港周囲がワシントンD.C.との州境となっている。

1941年に開港。1998年に元大統領ロナルド・レーガンに因んで現在の名称になるまでは、ワシントン・ナショナル空港 (Washington National Airport) だった[3]。ただし地元では今も昔も単に「ナショナル空港」と呼んでいる。

敷地面積は348ha。3本の滑走路を有するが、全てが相互に交差しているため同時離着陸が困難なことと、最長の滑走路でも 2,185 メートルと短いため、短中距離便の運航がほとんどとなっている。国際線には主にボルチモア・ワシントン国際空港ワシントン・ダレス国際空港が用いられる。

主な航空会社[編集]

アメリカン航空の旅客が多く、約3割を占める。

主な就航路線[編集]

アトランタシカゴ/オヘアシカゴ/ミッドウェーカンザスシティミルウォーキーオマハデトロイトインディアナポリスメンフィスミネアポリスニューアークシンシナティNY/JFKNYラガーディアソルトレイクシティニューオーリンズバーミングハム(AL)、ボストンチャールストン(SC)、デンバーロサンゼルスシアトルダラス/フォートワースマイアミセントルイスラスベガスフェニックスフィラデルフィアピッツバーグバッファローマンチェスター(NH)、ナッシュビルジャクソン(MS)、オーランドローリー/ダーラムモントリオールトロント

脚注[編集]

  1. ^ FAA Airport Form 5010 for DCA (PDF)
  2. ^ Reagan Air Traffic Statistics”. Metropolitan Washington Airports Authority. 2022年1月7日閲覧。
  3. ^ Kellman, Laurie (1998年2月5日). “Clinton to sign bill renaming National Airport for Reagan”. The Day. Associated Press (New London, Connecticut): p. A3. オリジナルの2016年5月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160521134530/https://news.google.com/newspapers?id=15VGAAAAIBAJ&sjid=YvgMAAAAIBAJ&pg=2645,677640 2021年5月12日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]