ミネアポリス・セントポール国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミネアポリス・セントポール国際空港
Minneapolis-Saint Paul International Airport
連邦航空局・空港図
連邦航空局・空港図
航空写真
航空写真
IATA: MSP - ICAO: KMSP
概要
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 ミネソタ州ミネアポリスセントポール
種類 公共
所有者 MAC
拠点航空会社
標高 256 m (841 ft)
座標 北緯44度52分55秒 西経093度13分18秒 / 北緯44.88194度 西経93.22167度 / 44.88194; -93.22167
ウェブサイト 公式ウェブサイト
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
04/22 3,354×46 コンクリート
12R/30L 3,048×61 コンクリート[1]
12L/30R 2,499×46 コンクリート[1]
17/35 2,438×46 コンクリート
統計 (2008年)
旅客数 34,056,443人
発着回数 450,044
出典:空港公式サイト[2]より
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ミネアポリス・セントポール国際空港(ミネアポリス・セントポールこうさいくうこう、: Minneapolis-Saint Paul International Airport)は、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス市セントポール市の南側にまたがるように位置する国際空港である。

ミネソタ州最大かつ最も離着陸が多い。かつては旧ノースウエスト航空(現デルタ航空)の本部があり、また現在もサン・カントリー航空(Sun Country Airlines)の本部があるため、両社の主要なハブ空港となっている。空港コードMSP(IATA)/KMSP(ICAO)。

歴史[編集]

ツインシティ・スピードウェイというレース場が倒産し、地元団体が共同で運営する「スピードウェイ飛行場(Speedway Field)」という飛行場を開港。その後すぐ1921年には、第一次世界大戦で活躍したパイロットにちなんで、ウォルド・チェンバーレン飛行場に改名。1944年には、「ミネアポリス・セントポール都市空港・ウォルド・チェンバーレン飛行場」に改称し、さらに4年後には「ミネアポリス・セントポール国際空港・ウォルド・チェンバーレン飛行場」となった。飛行家チャールズ・リンドバーグにちなんで名付けられたチャールズ・リンドバーグ・ターミナル(現ターミナル1)は1962年に建てられ、ミネソタ州選出の副大統領ヒューバート・H・ハンフリーにちなんで名付けられたヒューバート・H・ハンフリー・ターミナル(現ターミナル2)は2001年に建てられた。

ターミナル及び就航航空会社[編集]

ターミナル1(リンドバーグ・ターミナル)[編集]

コンコースA[編集]

コンコースB[編集]

コンコースC[編集]

コンコースD[編集]

コンコースE[編集]

コンコースF[編集]

コンコースG[編集]

ターミナル2(ハンフリー・ターミナル)[編集]

コンコースH[編集]

新交通システム[編集]

当空港では、ターミナル1(旧・リンドバーグ・ターミナル)とハブ・ビルを結ぶ新交通システムハブ・トラム」、およびコンコースC間を結ぶ新交通システム「Cコンコース・ピープル・ムーバー」が運行されている。

交通アクセス[編集]

日本への飛行[編集]

デルタ航空が成田経由のシンガポール行きがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b アスファルトとの混在舗装(KMSPの空港情報 - World Aero Data (2006年10月時点のデータ) より)
  2. ^ Passenger and traffic statistics for 2008

関連項目[編集]

外部リンク[編集]