シカゴ・オヘア国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オヘア国際空港から転送)
シカゴ・オヘア国際空港
Chicago O'Hare International Airport
FAA O'Hare Diagram.svg
連邦航空局・空港図
航空写真
航空写真
IATA: ORD - ICAO: KORD
概要
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 イリノイ州の旗 イリノイ州
Flag of Chicago, Illinois.svg シカゴ
種類 公共
所有者 シカゴ市
運営者 シカゴ市航空局
拠点航空会社
敷地面積 3087 ha
標高 204 m (668 ft)
座標 北緯41度58分43秒 西経087度54分17秒 / 北緯41.97861度 西経87.90472度 / 41.97861; -87.90472座標: 北緯41度58分43秒 西経087度54分17秒 / 北緯41.97861度 西経87.90472度 / 41.97861; -87.90472
公式サイト flychicago.com/Ohare/...
地図
シカゴ・オヘア国際空港の位置
シカゴ・オヘア国際空港の位置
ORD
シカゴ・オヘア国際空港の位置
シカゴ・オヘア国際空港の位置
ORD
シカゴ・オヘア国際空港の位置
シカゴ・オヘア国際空港の位置
ORD
シカゴ・オヘア国際空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
4L/22R 2,286×46 アスファルト
4R/22L 2,461×46 アスファルト
9L/27R 2,286×46 コンクリート
09C/27C 3,427×61 コンクリート
9R/27L 3,432×61 アスファルト/コンクリート
10L/28R 3,962×46 アスファルト/コンクリート
10C/28C 3,292×46 コンクリート
10R/28L 2,286×46 コンクリート
ヘリパッド
番号 長さ (m) 表面
H1 61 コンクリート
統計(2018年)
旅客数 83,245,472人
出典:連邦航空局[1]と空港公式サイト[2]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

シカゴ・オヘア国際空港(シカゴ・オヘアこくさいくうこう、: Chicago O'Hare International Airport) (IATA: ORD, ICAO: KORD, FAA LID: ORD) は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴにある空港。シカゴ中心部の23km北西に立地している。

概要[編集]

シカゴ郊外にある8本の滑走路を持つ巨大空港で、ユナイテッド航空の本部(ハブ空港)、アメリカン航空ハブ空港である。2019年の利用者数はアメリカの空港ではアトランタ国際空港ロサンゼルス国際空港に続いて3位だった。2005年までは離着陸回数が世界一の空港であり、かつてはギネスブックにおいて、「最も混雑する空港」として認定されていたことがある(1995年度、発着回数90万0209回、乗降客6725万3358人)[3]

ターミナル 1
ターミナル 1のコンコース B & C 間をつなぐ連絡地下通路
就航都市

歴史[編集]

飛行場の建設は第二次世界大戦中の1942年に行われた。これは、ダグラスC-54輸送機の製造工場用の飛行場であった。工場の位置の選定にあたっては、シカゴから適当な距離があり、広い敷地が得られることが条件となった。1945年、ダグラス社は西海岸へ移動し、空軍が独占的に飛行場を使用することになった。当地の名称はオーチャード (Orchard) 飛行場で、空港コードORDは現在も使われている。1949年に第二次世界大戦のエースパイロットであるエドワード・ブッチ・オヘア英語版を記念し、オヘア空港に名称変更された。1955年には民間の定期便が就航し、空軍は段階的に空港を退去した。

施設[編集]

ターミナル(左から順に 1・2・3・5)

オヘア国際空港は現在4つの旅客ターミナル(1・2・3・5)を持っている[4]。各旅客ターミナルの間は無人鉄道 (ATS) で結ばれている[5]。ターミナル1・2・3はセキュリティエリア内の歩行通路によっても繋がっている[6]

国際線到着は全てターミナル5に到着する[7]。ただしカナダからの便はその航空会社が用いているターミナル1・2・3に到着する[8]。国際線出発は、アメリカ系航空会社の大多数の便(および日本系[9])がその航空会社が用いているターミナル1・2・3から出発する。

敷地の南西側には大きな航空貨物建屋がある[10]。敷地の西側にターミナルを集約し大規模なターミナル集合体を建設する計画もある[11]

就航路線[編集]

航空会社就航地
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド航空オールバニアルバカーキアンカレッジアトランタボルチモアボイシボストンバッファローバーリントンシャーロットシンシナティクリーブランドコロンバス(OH)、コスメルダラスデンバーデモインデトロイトフォートマイヤーズグランドラピッズグリーンズボロハリスバーグハートフォードホノルルヒューストン/インターコンチネンタルインディアナポリスカフルイカンザスシティコナロサンゼルス/LAXロサンゼルス/サンタアナマンチェスター(NH)、マイアミミネアポリス=セントポールニューアークニューオーリンズニューヨーク/LGAオークランドオクラホマシティオマハオーランドフィラデルフィアフェニックスピッツバーグポートランド(OR)、プロビデンスプエルトバヤルタリッチモンドロチェスターサクラメントセントルイスセントトーマスソルトレークシティサンアントニオサンディエゴサンフランシスコサンノゼ(CA)、サンファン(PR)、サンパウロシアトルスポケーンツーソンワシントン/ダレスワシントン/ナショナルウェストパームビーチフォートローダーデールラスベガスマイアミオーランドフェニックスタンパ
  • カナダ線

カルガリーエドモントントロントバンクーバーウィニペグ

  • 国際線

アムステルダムベリーズシティーブリュッセルバミューダ北京/首都ブエノスアイレス/エセイサコスメルフランクフルトグランドケイマン香港イスタパ=シワタネホリベリアロンドン/LHRメキシコシティモンテゴベイモンテレイミュンヘンナッソーアルバプロビデンシアレスプエルトバヤルタプンタカナミュンヘンパリ/CDGサン・ホセ・デル・カボサンホセサンパウロ上海セントルシアセントマーチンソウルシンガポールシドニー台北東京/羽田

アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・エクスプレスアトランタアップルトンボイシカルガリーシャーロットコロラドスプリングスコロンビア(SC)、デイトナビーチグランドラピッズグリーンビルサバナアルバカーキバッファローダラス/フォートワースフォートマイヤーズハートフォードカンザスシティミネアポリス=セントポールモントリオールマートルビーチニューオーリンズオタワアクロンアレンタウンオースティンバーミングハムバーリントンシーダー・ラピッズチャールストン(WV)、シンシナティクリーブランドコロンバス(OH)、デイトンデモインフェイエットビル(AR)、フォートウェインヒューストン/インターコンチネンタルインディアナポリスカラマズーノックスビルランシングレキシントンリンカーンルイビルメンフィスミルウォーキーナッシュビルノーフォークオマハピオリアプロビデンスロアノークサギノーソルトレイクシティサンアントニオスーフォールズスプリングフィールドシラキューストラバースシティーウォーソーウィチタウィルクスバール/スクラントンオールバニブルーミントンハリスバーグマディソンマンチェスター(NH)、モーリンポートランド(ME)、ローリー/ダーラムリッチモンドサウスベンドホワイトプレインズフィラデルフィアピッツバーグロチェスタージャクソンビルセントルイスタルサワシントン/ナショナル   
アメリカ合衆国の旗 アメリカン航空アルバカーキアトランタオースティンボチモアボストンコロンバス(OH)、シャーロットダラス/フォートワースデンバーデトロイトエルパソフェイエットビル(AR)、フラッグスタッフフォートローダーデールフォートマイヤーズハートフォードホノルルヒューストン/インターコンチネンタルインディアナポリスジャクソンホールカンザスシティラスベガスロサンゼルス/LAXロサンゼルス/サンタアナマウイマイアミミネアポリス=セントポールナッシュビルニューオーリンズニューアークニューヨーク/LGAオーランドピッツバーグパームスプリングスフィラデルフィアフェニックスポートランド(OR)、プロビデンスローリー/ダーラムリノセントルイスソルトレークシティサンアントニオサンディエゴサンフランシスコサンファン(PR)、サンノゼ(CA)、シアトルタンパトロントツーソンベイルワシントン/ナショナルパームビーチホワイトプレインズ
  • カナダ線

カルガリーモントリオールバンクーバー

  • 国際線

アカプルコ北京/首都ブリュッセルカンクンコスメルデリーダブリンフランクフルトグラスゴーグランドケイマングアテマラシティロンドン/LHRマンチェスター(イギリス)メキシコシティモンテゴベイナッソーアルバパリ/CDGプロビデンシアレスプエルトバヤルタプンタカナローマサン・ホセ・デル・カボセントルシア上海

アメリカ合衆国の旗 エンヴォイ・エア オールバニサンディエゴアトランタブルーミントンバッファローシーダー・ラピッズアーバナ=シャンペーンシャーロットチャタヌーガシンシナティクリーブランドコロラドスプリングスコロンバス(OH)、デイトンデモインエバンズビルフェイエットビル(AR)、フリントフォートウェイングランドラピッズグリーンベイグリーンビルハリスバーグハンツビルインディアナポリスジャクソンビルカラマズーノックスビルラクロスラスベガスリトルロックルイビルマディソンマーケットメンフィスミルウォーキーミネアポリス=セントポールモーリンナッシュビルナッソーニューヨーク/JFKノーフォークオクラホマシティオマハオタワペンサコーラピオリアフェニックスピッツバーグリッチモンドロチェスタースーフォールズサバナスプリングフィールド(MO)、シラキューストリードトラバースシティータルサワシントン/ダレスホワイトプレインズウィチタ
アメリカ合衆国の旗 スピリット航空アトランタオースティンボルチモアダラスデンバーフォートローダーデールヒューストン/インターコンチネンタルラスベガスロサンゼルス/LAXマイアミニューオーリンズニューヨーク/LGAオーランドサンディエゴタンパカンクン
アメリカ合衆国の旗 フロンティア航空アトランタデンバーラスベガスマイアミニューアークオンタリオオーランドフィラデルフィアフェニックスタンパカンクンプンタカナサンファン
アメリカ合衆国の旗 デルタ航空アトランタニューヨーク/JFKソルトレークシティデトロイトメンフィスミネアポリス=セントポール
アメリカ合衆国の旗 デルタ・コネクションボストンシンシナティデトロイトニューヨーク/JFK
アメリカ合衆国の旗 サウスウエスト航空オースティンボルチモアダラス/ラブデンバーフォートローダーデールラスベガスナッシュビルオーランドフェニックスタンパカンクン
アメリカ合衆国の旗 ジェットブルー航空 ニューヨーク/JFK
アメリカ合衆国の旗 アラスカ航空アンカレッジシアトル
アメリカ合衆国の旗 サンカントリー航空ミネアポリス=セントポール   
カナダの旗 エア・カナダ モントリオールトロント
カナダの旗 エアカナダ・エクスプレス モントリオールトロントバンクーバー
メキシコの旗 アエロメヒコグアダラハラメキシコシティ
メキシコの旗 ボラリスグアダラハラメキシコシティ
メキシコの旗 ビバアエロブスモンテレイメキシコシティ
パナマの旗 コパ航空パナマシティ
イギリスの旗 ブリティッシュ・エアウェイズ               ロンドン/LHR
ドイツの旗 ルフトハンザドイツ航空フランクフルト
オランダの旗 KLMオランダ航空 アムステルダム
フィンランドの旗 フィンエアー ヘルシンキ
デンマークの旗スウェーデンの旗ノルウェーの旗 スカンジナビア航空 コペンハーゲンストックホルム
アイスランドの旗 アイスランド航空 レイキャビク
スイスの旗 スイス国際航空 チューリッヒ
オーストリアの旗 オーストリア航空 ウィーン
フランスの旗 エールフランスパリ/CDG
イタリアの旗 ITAエアウェイズ ミラノ
スペインの旗 イベリア航空 マドリッド
ポルトガルの旗 TAPポルトガル航空 リスボン
アイルランドの旗 エアリンガス ダブリン
ポーランドの旗 LOTポーランド航空 ワルシャワクラクフ
エチオピアの旗 エチオピア航空 アジスアベバ
日本の旗 全日本空輸 東京/羽田東京/成田
日本の旗 日本航空 東京/羽田
大韓民国の旗 大韓航空 ソウル/仁川
大韓民国の旗 アシアナ航空 ソウル/仁川
台湾の旗 エバー航空 台北/桃園
香港の旗 キャセイパシフィック航空 香港
中華人民共和国の旗 中国東方航空 上海/浦東
中華人民共和国の旗 海南航空 北京/首都
インドの旗 エア・インディア アフマダーバードロンドン/LHRフランクフルト経由)、ムンバイロンドン/LHRフランクフルト経由)
トルコの旗 ターキッシュ エアラインズ イスタンブール
アラブ首長国連邦の旗 エミレーツ航空 ドバイ 
アラブ首長国連邦の旗 エティハド航空 アブダビ
イスラエルの旗 エル・アル航空 テルアビブ
ヨルダンの旗 ロイヤルヨルダン航空 アムステルダム
ニュージーランドの旗 ニュージーランド航空 オークランド 

       

貨物航空会社[編集]

アクセス[編集]

事故[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FAA Airport Form 5010 for ORD (PDF) , effective March 15, 2007.
  2. ^ Archived copy”. 2021年12月22日閲覧。
  3. ^ イアン・カステロ=コルテス, ed (1996). ギネスブック'97. マイケル・フェルドマン. 騎虎書房. p. 211. ISBN 4-88693-605-9 
  4. ^ さらにターミナル・ビルが2つ以上追加される計画もある。
  5. ^ 2019年以降休止し、システム更新および O'Hare Multi-Modal Facility (O'Hare Transfer station 駅) まで延長中で、各ターミナル間はシャトルバスが運行している。それまではVAL256が使われた。
  6. ^ 各ターミナル間は約400m。
  7. ^ 入国管理施設はターミナル5にある。
  8. ^ 例えばエアカナダはターミナル2を用いている。
  9. ^ ANAはターミナル1から、JALはターミナル3から日本へ出発する。
  10. ^ 貨物建屋は以前はターミナル5の位置に建っていたが、移設により1984年に新建屋がオープンした。
  11. ^ 建設には滑走路の再配置が必要。このターミナル計画では州間高速道路I-90 ないしは Elgin-O'Hare 高速道路からアクセスする。
  12. ^ a b c シカゴ交通局. “Rapid Transit Trains from Chicago O'Hare and Midway airports”. シカゴ交通局公式ウェブサイト. 2020年9月28日閲覧。
  13. ^ ASN Aircraft accident Lockheed L-188C Electra N137US Chicago–O'Hare International Airport, IL (ORD)”. Aviation Safety Network. 2012年7月15日閲覧。
  14. ^ ASN Aircraft accident Boeing 727–22 N7036U Lake Michigan, MI”. Aviation Safety Network. 2012年7月15日閲覧。
  15. ^ ASN Aircraft Accident Boeing 727–22 Chicago–O'Hare International Airport”. Aviation Safety Network. 2012年7月15日閲覧。
  16. ^ ASN Aircraft accident Convair CV-580 N2045 Chicago–O'Hare International Airport, IL (ORD)”. Aviation Safety Network. 2010年11月3日閲覧。
  17. ^ ASN Aircraft accident McDonnell Douglas DC-9-31 N954N Chicago–O'Hare International Airport, IL (ORD)”. Aviation Safety Network (1972年12月20日). 2010年11月3日閲覧。
  18. ^ ASN Aircraft accident McDonnell Douglas DC-10-10 N110AA Chicago – O'Hare International Airport, IL (ORD)”. Aviation Safety Network. 2010年11月3日閲覧。
  19. ^ Franklin, Cory (2015年5月24日). “Commentary: American Airlines Flight 191 still haunts”. Chicago Tribune. http://www.chicagotribune.com/news/opinion/commentary/ct-american-airlines-ohare-crash-flight-191-hospital-perspec-0525-jm-20150522-story.html 2015年9月1日閲覧。 
  20. ^ ASN Aircraft accident Boeing KC-135A-BN Stratotanker 58-0031 Greenwood, IL”. Aviation Safety Network. 2010年11月3日閲覧。
  21. ^ ASN Aircraft accident Boeing 727 N845AA Chicago–O'Hare International Airport, IL (ORD)”. Aviation Safety Network. 2010年11月3日閲覧。
  22. ^ Uncontained Engine Failure and Subsequent Fire American Airlines Flight 383 Boeing 767–323, N345AN”. ntsb.gov. National Transportation Safety Board. 2018年4月4日閲覧。
  23. ^ 米シカゴの地下鉄事故、列車がエスカレーターを駆け上がる瞬間”. レスポンス (2014年3月27日). 2021年2月24日閲覧。
  24. ^ 新型コロナが怖くて空港に3カ月隠れ住む、男を逮捕 米シカゴ”. CNN (2021年1月19日). 2021年1月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]