グラスゴー国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グラスゴー空港
Glasgow Airport
Port-adhair Eadar-nàiseanta Ghlaschu
GlasgowAirportFromAir.jpg
IATA: GLA[1] - ICAO: EGPF
概要
国・地域 イギリスの旗 イギリス
所在地 スコットランドペイズリー
母都市 グラスゴー
種類 公共
所有者 AGS空港
運営者 グラスゴー国際空港有限会社
標高 8 m
座標 北緯55度52分19秒 西経4度25分59秒 / 北緯55.87194度 西経4.43306度 / 55.87194; -4.43306座標: 北緯55度52分19秒 西経4度25分59秒 / 北緯55.87194度 西経4.43306度 / 55.87194; -4.43306
公式サイト glasgowairport.com
地図
レンフルーシャーの空港位置
レンフルーシャーの空港位置
EGPF
レンフルーシャーの空港位置
滑走路
方向 長さ (m) 表面
05/23 2,665 溝付アスファルト
統計 (2015年)
旅客数 8,714,307
発着回数 90,870
出典:イギリスNATS社の航空路誌[2]
統計:イギリス民間航空局(以下、CAA)[[3]
位置情報:グラスゴー国際空港[4]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

グラスゴー空港(グラスゴーくうこう、スコットランド・ゲール語:Port-adhair Eadar-nàiseanta Ghlaschu, 英語: Glasgow Airport,旧:Abbotsinch Airport)は、スコットランドのグラスゴー中心部から約11km西[2]にある国際空港である。スコットランド内ではエディンバラ空港の次に最も発着便数が多く、乗客数は国内8位で、2015年には870万人以上の乗客を扱った。スコットランド西部の飛行や大西洋横断、長距離直行便を担う主要な空港である。

ヒースロー・エアポート・ホールディングス(前:英国空港運営公団、以下BAA)[5]による経営及び運営が、 アバディーン空港サウサンプトン空港を所有するAGS空港有限会社へと移った。 空港内テナントの最大利用社は、ブリティッシュ・エアウェイズと、ローガンエアー有限会社(現在Flybeをフランチャイズ展開中)で、後者はハブ空港として利用している。 その他の主要な航空会社としては、イージージェットJet2.comライアンエアートーマス・クック航空TUIエアウェイズなど。

1966年に開業し、当初はイギリスやヨーロッパ圏内の運行のみであった。1975年にBAAが経営を開始し同社が1980年代に民営化された頃に、圏外便を提供し始めた。それ以前に圏外便を管轄してたグラスゴー・プレストウィック空港は都市内の第二空港へと降格し、格安航空会社や貨物事業者、チャーター事業者を扱った。

就航路線[編集]

旅客便[編集]

航空会社 目的地
アイルランドの旗 エアリンガス・リージョナル コークダブリン
カナダの旗 エア・カナダ・ルージュ 季節運航:トロント/ピアソン
カナダの旗 エア・トランザット トロント/ピアソン
季節運航:バンクーバー
アメリカ合衆国の旗 アメリカン航空 季節運航:フィラデルフィア
ブルガリアの旗 BHエア 季節チャーター便:ブルガス
ルーマニアの旗 ブルーエア ブカレスト
イギリスの旗 ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン/シティロンドン/ガトウィックロンドン/ヒースロー
季節チャーター便:バルセロナファロマラガメノルカミラノ/マルペンサパルマ・デ・マヨルカレウスザルツブルクヴェネツィア
アメリカ合衆国の旗 デルタ航空 季節運航:ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ
イギリスの旗 イージージェット アリカンテアムステルダムベルファスト/インターナショナルベルリン/シェーネフェルトブリストル、ファロ、ジャージー、ロンドン/ガトウィック、ロンドン/ルートンロンドン/スタンステッド、マラガ、ミラノ/マルペンサ、パリ/シャルル・ド・ゴール
季節運航:ボルドージュネーヴコスマルセイユ、パルマ・デ・マヨルカ、スプリット
アラブ首長国連邦の旗 エミレーツ航空 ドバイ
ドイツの旗 ユーロウイングス デュッセルドルフ
イギリスの旗 Flybe ベルファスト/シティバーミンガムカーディフレスターシャーエクセターマンロンドン/サウスエンドマンチェスターサウサンプトンストーノーウェイ(2018年3月4日まで運航)
季節運航:ジャージー、コーンウォール
アイスランドの旗 アイスランド航空 レイキャヴィーク/ケプラヴィーク
イギリスの旗 ジェット・ツー アリカンテフエルテベントゥラグランカナリアランサローテマデイラテネリフェ・スール
季節運航:アンタルヤバルセロナボドルム(2018年5月3日より再開予定)、コルフダラマンドゥブロヴニクファロジローナグルノーブル、マラガ、イラクリオンイビサケファロニア島(2018年5月9日より運航開始)、ラルナカマルタメノルカ、パルマ・デ・マヨルカ、パフォスプラハレウスロードスローマ/フィウミチーノテッサロニキ(2018年5月29日より運航開始)、ザキントス
オランダの旗 KLMオランダ航空 アムステルダム
イギリスの旗 ローガンエアー バラ島ベンベキュラ島キャンベルタウン (スコットランド)バンベッグ(2018年3月25日より再開)、アイラ島メインランド島 (オークニー諸島)、ストーノーウェイ、サンボロータイリー島
季節運航:ベルゲン(2018年5月27日より再開)、ガンジー(2018年5月26日より運航開始)
ドイツの旗 ルフトハンザドイツ航空 フランクフルト(2018年3月26日より運航再開)、ミュンヘン
アイルランドの旗 ライアンエアー アリカンテ(2018年10月25日まで運航)、ベルリン/シェーネフェルト(2018年10月27日まで運航)、シャルルロワ(2018年10月27日まで運航)、ロンドンデリー(2018年10月27日まで運航)、ダブリン、フランクフルト(2018年10月27日まで運航)、クラクフリスボン(2018年10月25日まで運航)、ランサローテ(2018年10月27日まで運航)マドリード(2018年10月27日まで運航)、マラガ(2018年10月27日まで運航)、リガ(2018年10月24日まで運航)、ソフィア(2018年10月24日まで運航)、バレンシア(2018年10月26日まで運航)、ワルシャワ/モドリン(2018年10月26日まで運航)、ヴロツワフ
季節運航:グラン・カナリア島 (2018年3月26日から2018年10月22日まで運航)、ロンドン/スタンステッド(2018年3月25日から2018年10月27日まで運航)、ブィドゴシュチュ(2018年10月26日まで運航)、カルカソンヌ(2018年10月27日まで運航)、ハニア(2018年10月24日まで運航)、パランガ(2018年10月25日まで運航)
イギリスの旗 トーマスクック航空 アンタルヤフエルテベントゥラランサローテテネリフェ
季節運航:アリカンテ、ブルガスカンクンコルフダラマンハンマメット(2018年5月1日運航開始)、グラン・カナリア島、イラクリオンフルガダイビサコス(2018年5月7日運航再開)、ラルナカラスベガス、メノルカ、オーランド、パルマ・デ・マヨルカ、レウス、ロドス、ザキントス
イギリスの旗 TUIエアウェイズ アリカンテ、、ランサローテ、サル、テネリフェ
季節運航:ブルガス、カンクン、コルフ、ダラマン、ドゥブロヴニク、グラン・カナリア島、イラクリオン、イビサ、ラルナカ、マラガ、メノルカ、ナポリオーランド/サンフォード、パルマ・デ・マヨルカ、パフォス、レウス、ロドス、ヴェローナ、ザキントス
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド航空 季節運航:ニューアーク
イギリスの旗 ヴァージン・アトランティック航空 季節運航:オーランド
カナダの旗 ウエストジェット航空 季節運航:ハリファックス、トロント/ピアソン
ハンガリーの旗ウィズエアー ブダペストカトヴィツェ

貨物便[編集]

航空会社 目的地
アメリカ合衆国の旗 フェデックス・フィーダー ロンドン/スタンステッド、ニューカッスル、パリ/シャルル・ド・ゴール

計画[編集]

2005年にBAAは空港発展の諮問書[6]を公開し、既存05/23滑走路を用いた北西航路や第二平行滑走路新設、 第二ターミナルに直接接続する東桟橋の(低コスト工法)拡張再開発、既存国際埠頭西側の拡張などを提示した。 また新たな鉄道ターミナル計画は、空港の旅客ターミナルや立体駐車場と密接に関連していた。 2006年11月29日にスコットランド議会は、グラスゴー中央駅-グラスゴー空港間をつなぐ2011年完成予定の新駅建設を承認したが、 コスト高騰により009年9月17日にスコットランド政府[7]が中止した。

空港を通過した770万人の乗客の現在の姿が期待されている2030年までに空港を通過し、年間旅客数の予測3倍に応じて来る、今後25年間にいくつかの£2.9億の費用がかかることが予想される BAAの計画では、2030年までに約2億9000万£の費用、また年間旅客数の3倍増が予想された。

空港に市内中心部をつなぐトラムトレイン路線構築が確認されている。[8]

統計[編集]

年間運行数[編集]

旅客数は2006年に頂点に達し8800万人が利用した。2010年まで減少し、転じて上昇し続け2015年には8700万人に増加した。[3]

1997–2014年総乗客数(100万人)
2016年4月5日更新[3]
Flybe Embraer ERJ 175
Jet2.com Boeing 737-800
US Airways Boeing 757-200 taxiing
乗客数[note 1] 離着陸数[note 2] 貨物
(トン)[note 1]
1997 6,117,006 98,204 10,574
1998 6,566,927 100,942 8,517
1999 6,813,955 101,608 8,972
2000 6,965,500 104,929 8,545
2001 7,292,327 110,408 5,928
2002 7,803,627 104,393 5,041
2003 8,129,713 105,597 4,927
2004 8,575,039 107,885 8,122
2005 8,792,915 110,581 8,733
2006 8,848,755 110,034 6,289
2007 8,795,653 108,305 4,276
2008 8,178,891 100,087 3,546
2009 7,225,021 85,281 2,334
2010 6,548,865 77,755 2,914
2011 6,880,217 78,111 2,430
2012 7,157,859 80,472 9,497
2013 7,363,764 79,520 11,837
2014 7,715,988 84,000 15,411
2015 8,714,307 90,870 13,193
参照元:CAA[3]

最繁忙航路[編集]

国内繁忙航路(2015)
順位 空港 乗客数 増減%
2014/15
1 ロンドン・ヒースロー空港 907,873 増加 4
2 ロンドン・ガトウィック空港 612,497 減少 1
3 ロンドン・スタンステッド空港 533,327 増加75
4 ロンドン・ルートン空港 215,052 減少 20
5 ブリストル空港 267,162 増加 9
6 ベルファスト国際空港 266 275 増加 10
7 バーミンガム空港 226 704 減少 1
8 ロンドン・シティ空港 238,413 増加 15
9 サウサンプトン空港 158 310 減少 8
10 ジョージ・ベスト・ベルファスト・シティ空港 155 157 増加 9
参照元:CAA[3]
国際繁忙航路(2015)
順位 空港 乗客数 増減%
2014/15
1 ダブリン空港 448,820 増加 111
2 ドバイ国際空港 429,602 増加 1
3 アムステルダム・スキポール空港 425,444 増加 3
4 テネリフェ・スール空港 243,759 減少 2
5 パルマ・デ・マヨルカ空港 214,190 減少 1
6 アリカンテ=エルチェ空港 190,522 減少 3
7 マラガ=コスタ・デル・ソル空港 165,154 減少 2
8 ダラマン空港 131,455 増加 5
9 ランサローテ空港 119,395 減少 3
10 パリ=シャルル・ド・ゴール空港 110,833 増加 12
11 ニューアーク・リバティー国際空港 105,588 増加 2
12 トロント・ピアソン国際空港 96,959 増加 54
13 ファロ空港 96,754 減少 4
14 ベルリン・シェーネフェルト空港 88,061 増加 23
15 アンタルヤ空港 81,890 増加 35
16 イビサ空港 81,065 増加 10
17 オーランド国際空港 80,669 増加 11
18 ケプラヴィーク国際空港 74,772 増加15
19 グラン・カナリア空港 70,146 増加 4
20 フエルテベントゥーラ空港 64,566 増加 7
参照元:CAA[3]

陸上輸送[編集]

ファーストグラスゴー社と空港の契約による2011年に開始した、グラスゴーシャトルバスサービス500のグラスゴーシティセンターへの24時間営業の接続便が現在利用できる。 マクギルバスサービス社は、ペイズリー・ギルモア・ストリート駅、ペイズリー中心部、アースキンとクライドバンクなどと空港を結ぶ757系統を運行しており、ナショナル・レール乗車券が使用可能である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ IATA Airport Search (GLA)”. International Air Transport Association. 2013年8月17日閲覧。
  2. ^ a b Glasgow – EGPF”. UK Integrated Aeronautical Information Package. National Air Traffic Services. 2016年3月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Aircraft and passenger traffic data from UK airports”. UK Civil Aviation Authority (2016年3月25日). 2016年4月3日閲覧。
  4. ^ Contact us”. Glasgow Airport. 2014年4月1日閲覧。 “Our address: Glasgow Airport Limited, Paisley, Renfrewshire, Scotland, PA3 2SW”
  5. ^ Who we are”. Heathrow Airport Holdings (2013年). 2013年1月28日閲覧。
  6. ^ Glasgow Airport outline Master Plan – Draft for Consultation (PDF)”. Glasgow Airport (2005年7月). 2006年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2005年7月閲覧。
  7. ^ [1] [リンク切れ]
  8. ^ http://www.bbc.co.uk/news/uk-scotland-glasgow-west-34931594
注記
  1. ^ a b 国内、国際、乗継を含む乗客数。
  2. ^ 各年度の総航空機の離着陸数

外部リンク[編集]