ロンドン・ルートン空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロンドン・ルートン空港
London Luton Airport
ターミナルビル
ターミナルビル
タラップによる乗り降り。この空港では搭乗橋を設置していない。
タラップによる乗り降り。この空港では搭乗橋を設置していない。
IATA: LTN - ICAO: EGGW
概要
国・地域 イギリスの旗 イギリス
所在地 ベッドフォードシャー州ルートン
母都市 ロンドン
種類 公共
所有者 Luton Borough Council
運営者 London Luton Airport Operations Ltd
拠点航空会社
標高 160 m (526 ft)
座標 北緯51度52分29秒 西経000度22分06秒 / 北緯51.87472度 西経0.36833度 / 51.87472; -0.36833座標: 北緯51度52分29秒 西経000度22分06秒 / 北緯51.87472度 西経0.36833度 / 51.87472; -0.36833
公式サイト 公式サイト
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
08/26×2,160 46
アスファルト ? ?
統計 (2008年)
旅客数 10,180,734人
発着回数 117,859回
出典: UK AIP at NATS[1]
Statistics from the UK Civil Aviation Authority[2]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ロンドン・ルートン空港英語London Luton Airport)は、イギリスベッドフォードシャー州ルートンにある空港である。

ロンドン市街地の北方約50キロの場所にある。

もともとはロンドン郊外の小さい空港だったが、現在では数多くの格安航空会社が就航している。

また、同国の格安航空会社であるイージージェットモナーク航空の本拠地でもある。

就航路線[編集]

ダブリンリバプールロンドン(ガトウィック)マンチェスターグラスゴーエディンバラジャージー、ベルファストシティ、ブラックプールバーミンガムニューカッスルベルファストマンアムステルダムアテネバルセロナジュネーヴブダペストイスタンブールマドリードパリ(ド・ゴール)ワルシャワローマ(チャンピーノ)シャノンミュールーズ

就航会社と就航地[編集]

航空会社就航地
トルコの旗 アトラスグローバル イスタンブール・アタテュルク etc.
ルーマニアの旗 Blue Air ブカレスト
イギリスの旗 イージージェット アバディーン, アリカンテ, アムステルダム, バルセロナ・エル・プラット, ベルファスト, ベルリン・シェーネフェルト, ボルドー, カターニャ, ドルトムント, エディンバラ, ファロ, ジュネーヴ・コアントラン, グラスゴー, ハンブルク, インバネス, リスボン, マドリード, マラガ, ミラノ・マルペンサ, ニース, パフォス, パリ・シャルル・ド・ゴール, レイキャヴィーク, シャルム・エル・シェイク, テルアビブ, ヴェネツィア・テッセラ, チューリッヒ
イスラエルの旗 エル・アル航空 テルアビブ
イギリスの旗 モナーク航空 アリカンテ etc.
アイルランドの旗 ライアンエアー ベジエ・カップ・ダグド, ブラチスラヴァ, ダブリン, カウナス, ケリー, クノック, ランサローテ, マルタ, マラケシュ, ニーム, ジェシュフ
ルーマニアの旗 タロム航空 ヤシ
イギリスの旗 TUIエアウェイズ グラン・カナリア etc.
ハンガリーの旗 ウィズエアー ベオグラード, ブルガス, ブルノ, ブカレスト, ブダペスト, クルジュ=ナポカ, クラヨーヴァ, デブレツェン, グダニスク, カトヴィツェ, コシツェ, キエフ・ジュリャーヌィ, リュブリャナ, ルブリン, ポズナン, プラハ, リガ, シビウ, スコピエ, ソフィア, トゥルグ・ムレシュ, ティミショアラ, ヴァルナ, ヴィリニュス, ワルシャワ, ヴロツワフ

交通[編集]

鉄道[編集]

当空港へのアクセスとして、ミッドランド・メイン・ライン英語版ルートン・エアポート・パークウェイ駅英語版1999年に開業した。ロンドン・セント・パンクラス駅からはイースト・ミッドランズ・トレインズ英語版を利用して約22分程度でアクセス可能である。

ルートン・エアポート・パークウェイ駅からベッドフォード英語版セント・オールバンズ英語版、ロンドン、ウィンブルドン, サットン英語版ガトウィック空港およびブライトン英語版までをテムズリンク英語版が主に運行している。列車は毎時運行されており、北方面はベッドフォード、ウェリンボロー英語版ケタリング英語版コービー英語版マーケット・ハーボロー英語版レスター英語版ラフバラー英語版ビーストン英語版およびノッティンガム英語版まで、南方面は直接ロンドン・セント・パンクラス駅まで運行されている。

ルートン・エアポート・パークウェイ駅からはシャトルバスが1マイル以上離れた当空港まで運行されている。当空港までの切符には運賃が含まれているが、切符を持っていない場合には現金を支払う必要がある。

各形態の鉄道連絡線とシャトルバスの置き換え計画が幾つかの方法で提案され、2007年分離式軌道化輸送機関システムとともにシャトルバスの置き換え計画が発表された[3]。ロンドン中心部から当空港までの移動時間を20分短縮し、利用者数を大幅に増加させることを目的として、 2015年にミッドランド・メイン・ラインから当空港までの新たな直通鉄道連絡線を建設する意欲的な計画が発表された[4]。当空港所有者であるLLAL(ルートンBC)による2016年の計画では、2億ポンドの経費でルートン・エアポート・パークウェイ駅から当空港までを延長1.4マイル (2.3 km)のライトレール連絡線とするルートンDARTを建設することが発表された。計画申請は2016年秋に提出され、2017年6月に受理された。この連絡線は2020年末までに旅客サービスに入る予定である[5][6]

2016年に当空港事業者はルートン・エアポート・パークウェイ駅までの便利な鉄道連絡線向けのキャンペーンに対して、CBI、easyJet、中小企業連合 (FSB) 、ベッドフォードシャー商工会議所およびハートフォードシャー商工会議所の支援を受けた。彼らはロンドン中心部から毎時4本の高速列車を導入することを新しいイースト・ミッドランドのフランチャイズ所有者の要件とするため、政府に要請している[7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]