エンフィダ=ハンマメット国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エンフィダ=ハンマメット国際空港
مطار النفيضة حمامات الدولي
Aéroport international d'Enfidha-Hammamet
Tunisie Aéroport Enfidha.jpg
IATA: NBE - ICAO: DTNH
概要
国・地域 チュニジアの旗 チュニジア
所在地 エンフィダ英語版
種類 民間用
所有者 チュニジア空港庁
運営者 TAVエアポーツ・ホールディング
座標 北緯36度4分33秒 東経10度26分19秒 / 北緯36.07583度 東経10.43861度 / 36.07583; 10.43861座標: 北緯36度4分33秒 東経10度26分19秒 / 北緯36.07583度 東経10.43861度 / 36.07583; 10.43861
公式サイト www.tavtunisie.com
地図
チュニジアでの位置
チュニジアでの位置
NBE
チュニジアでの位置
滑走路
方向 長さ (m) 表面
09/27 3,300 アスファルト
統計 (2012年)
旅客数 2,100,000人[1]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

エンフィダ=ハンマメット国際空港(エンフィダ=ハンマメットこくさいくうこう、Enfidha-Hammamet International Airport、アンフィダ=アマメ国際空港などとも)は、チュニジアハンマメットから約40km南西にあるエンフィダ英語版にある国際空港。2011年1月15日までの空港の名称はチュニジア元大統領のザイン・アル=アービディーン・ベン・アリーからとったものだったが、ジャスミン革命によって彼が国外へ逃亡した後、空港から彼の名前と写真は排除された。チュニジアの観光地へ訪れるヨーロッパからの旅客の扱いが多い。

空港の建設工事は2007年に始まり、2009年12月に開港した。空港への初飛行は2009年12月4日のことだった。建設費は4.36億ユーロ[要出典]


歴史[編集]

2004年に空港建設計画をトルコのTAVエアポーツ・ホールディングに打診し、2007年7月から空港建設が始まった。空港の運用は2009年11月に始まり、商業初飛行は2012年12月4日に行われた。

就航路線[編集]

航空会社 就航地
エア・ベルリン デュッセルドルフ, ニュルンベルク
季節運航: ベルリン/テーゲル, ケルン/ボン, フランクフルト, ライプツィヒ/ハレ, ミュンヘン
アークフライ アムステルダム
ベルエア英語版 季節運航: バーゼル/ミュールーズ
ブルーパノラマ航空 季節運航: ボローニャ
エンターエア英語版 チャーター:: グダニスク, クラクフ, カトヴィツェ英語版, Poznan英語版, Rzeszow英語版, ワルシャワ, Wroclaw英語版
ゲルマニア 季節運航: ブレーメン
コレンドン・ダッチ航空英語版 アムステルダム
Jet2.com East Midlands英語版 (2015/5/27就航), グラスゴー/国際 (2015/5/24就航) , Leeds/Bradford英語版 (2015/5/27就航), マンチェスター (2015/5/24就航), ニューカッスル (2015/5/27就航)
ジェットエアフライ ブリュッセル, シャルルロワ, リエージュ
季節運航: Ostend-Bruges英語版
ルクスエア ルクセンブルク
モナーク航空 ロンドン/ガトウィック,[3] マンチェスター[3]
ノーベルエア英語版 チャーター: アムステルダム, ベオグラード, ベルリン/テーゲル, ビルン, ブリュッセル, ブィドゴシュチュ, ジェルバ, ドレスデン, デュッセルドルフ, Erfurt英語版, フランクフルト, グダニスク, ハンブルク, ハノーファー, ヘルシンキ, Humberside英語版, カトヴィツェ英語版, キエフ/ボルィースピリ, Košice英語版, ライプツィヒ/ハレ, リュブリャナ, Lodź英語版, ロンドン/ガトウィック, ロンドン/スタンステッド, マンチェスター, モスクワ/ドモジェドヴォ, ミュンヘン, ナント, ニュルンベルク, Poznań英語版, プラハ, ザルツブルク, サンクトペテルブルク, ストックホルム/アーランダ, シュトゥットガルト, Szczecin英語版, テヘラン/エマーム・ホメイニー, ウィーン, ワルシャワ, Wroclow英語版, ザグレブ, チューリッヒ
プリメーラ・エア英語版 ビルン
スカンジナビア航空 チャーター: ビルン, コペンハーゲン/カストルップ, Gothenburg-Landvetter英語版, オスロ/ガーデモエン, ストックホルム/アーランダ
サンエクスプレス・ドイチェラント英語版 季節運航: ミュンヘン
スファックス航空英語版 グラスゴー/国際, ロンドン/ガトウィック, ニューカッスル[4]
トーマス・クック航空 ベルファスト/国際, バーミンガム, ブリストル英語版, Cardiff英語版, East Midlands英語版, グラスゴー/国際, ロンドン/ガトウィック, ロンドン/スタンステッド, マンチェスター, ニューカッスル
季節運航: アバディーン, Norwich英語版
トーマス・クック航空ベルギー英語版 ブリュッセル, リエージュ, Ostend/Bruges英語版
トムソン航空 季節運航: バーミンガム, Bournemouth英語版, ブリストル英語版, Doncaster/Sheffield英語版, East Midlands英語版, エディンバラ, Exeter英語版, グラスゴー/国際, Leeds/Bradford英語版, ロンドン/ガトウィック, ロンドン/ルートン, ロンドン/スタンステッド, マンチェスター, ニューカッスル
トランスアエロ航空 季節運航: モスクワ/シェレメーチエヴォ, モスクワ/ドモジェドヴォ, サンクトペテルブルク
トランサヴィア アムステルダム
トラベルサービス航空英語版 Brno英語版, Ostrava英語版, プラハ
チュニスエア ベオグラード, ベルリン/シェーネフェルト, ブリュッセル (2014/10/28就航), ブダペスト, ブィドゴシュチュ, ドレスデン, デュッセルドルフ, フランクフルト, ハンブルク, ハノーファー, カトヴィツェ英語版, ライプツィヒ/ハレ, リュブリャナ, マンチェスター, モスクワ/ドモジェドヴォ, ミュンヘン, ポルト, Rostov-on-Don英語版, トリノ, シュトゥットガルト, チューリッヒ
季節運航: サンクトペテルブルク, Zweibrücken英語版
ホワイト・エアウェイズ 季節運航: ブィドゴシュチュ
XL航空 (フランス) リール, パリ/シャルル・ド・ゴール

参考文献[編集]

外部リンク[編集]