クリーブランド・ホプキンス国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリーブランド・ホプキンス国際空港
Cleveland Hopkins International Airport
CLE-AirportDiagram.png
連邦航空局・空港図
Cleveland-airport-plane-sculptures.jpg
IATA: CLEICAO: KCLEFAA: CLE
概要
空港種別 公共
所有者 クリーブランド市
供給都市 オハイオ州クリーブランド
拠点航空会社 ユナイテッド航空
標高 791 ft / 241 m
座標 北緯41度24分42秒 西経081度50分59秒 / 北緯41.41167度 西経81.84972度 / 41.41167; -81.84972座標: 北緯41度24分42秒 西経081度50分59秒 / 北緯41.41167度 西経81.84972度 / 41.41167; -81.84972
ウェブサイト 公式ウェブサイト
滑走路
方向 全長 表面
ft m
06C/24C
CLOSED
7,096 2,163×46 舗装
06R/24L 9,955 3,034×46 舗装
06L/24R 9,000 2,743×46 舗装
10/28 6,017 1,834×46 舗装[1]
統計 (2007年)
離発着数 244,717
Based aircraft 47
出典:連邦航空局[2]

クリーブランド・ホプキンス国際空港: Cleveland Hopkins International Airport)は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランドにある国際空港ユナイテッド航空ハブ空港の1つである。IATAのコードはCLE、ICAOのコードはKCLEとなっている。

歴史[編集]

空港はクリーブランド市のマネージャー、ウィリアム・R・ホプキンにちなんで1925年に設立された。同空港は全米最初の市営空港となった。1930年に空港照明装置と管制施設が設けられた。その後、アメリカ合衆国の主要都市として、さまざまな航空会社が乗り入れ、ユナイテッド航空のハブ空港となる。2005年の記録では、11,460,002人の利用が記録され、開港から80周年を記念して、正式ロゴマークと、これからの整備計画が公表された。

ターミナルビル[編集]

ターミナルビルは、A、B、C、Dの4つのコンコースがある。

コンコースA[編集]

コンコースB[編集]

コンコースC[編集]

コンコースD[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ コンクリートとアスファルトの混在舗装(World Aero Dataによる 空港情報 (KCLE)より)
  2. ^ FAA Airport Master Record for CLE (Form 5010 PDF), effective 2007-07-05

関連項目[編集]

外部リンク[編集]