オーストリア航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オーストリア航空
Austrian Airlines
IATA
OS
ICAO
AUA
コールサイン
Austrian
設立 1957年
ハブ空港 ウィーン国際空港
焦点空港 インスブルック空港
グラーツ空港
ザルツブルク空港
マイレージサービス Miles & More
会員ラウンジ HON Circle, Senator Lounge, Business Lounge
航空連合 スターアライアンス
保有機材数 79機
就航地 130都市
親会社 Deutsche Lufthansa AG
本拠地 オーストリアの旗 オーストリア共和国
ニーダーエスターライヒ州
シュベヒャート
代表者 Jaan Albrecht (CEO)
外部リンク http://www.austrian.com
テンプレートを表示
オーストリア航空の本部

オーストリア航空(オーストリアこうくう、Austrian Airlines AG)は、オーストリア共和国の国際航空会社

概要[編集]

ウィーン国際空港ハブ空港としている。オーストリアのいわゆる「フラッグ・キャリア」であるが、資本関係としてはルフトハンザドイツ航空の傘下にある。オーストリアの公用語・ドイツ語でのオーストリアの国名は"Österreich"(2レターコードはドイツ語国名を元にしている)であるが、社名は英語名を使用している。

マイレージプログラムは旧スイス航空が運営していた「クオリフライヤー」に加盟していたが脱退した。その後、スターアライアンス加盟を機にルフトハンザ航空のプログラムである「Miles & More」に統合された。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [1] [2]

2016年9月まで日本へは成田国際空港に乗り入れ、日本人クルーも乗務していた。営業事務所は東京都港区にあった。

歴史[編集]

  • 1957年9月30日:エア・オーストリアとオーストリアン・エアウェイズの合併で誕生。翌年にロンドン及びチューリッヒ線を開設する。
  • 1989年7月16日:3社(アエロフロート全日本空輸)共同運航で、ウィーン - モスクワ - 成田線を開設する。A310で運航する。
  • 1994年:ウィーン - 関西線を開設する。
  • 1997年:ラウダ航空を傘下に収める[3]
  • 2000年航空連合スターアライアンスに加盟する。
  • 2008年12月:ルフトハンザドイツ航空がオーストリア航空グループの株式41.56パーセントを取得し、ルフトハンザ・グループに入る事が明らかになった[4]
  • 2009年9月3日:ルフトハンザドイツ航空が株式の90%以上を取得し、オーストリア航空を買収した[5][6]
  • 2012年ラウダ航空を統合する[7]
  • 2015年
    • 4月1日チロリアン航空を統合し、新ブランド・アイデンティティを発表する。新戦略で欧州域内運賃もサービスに対する追加料金を課金するモデルへ刷新する[8]
    • 6月3日:2016年3月頃から開始していた中距離路線の機材更新検討を、フォッカー製の機材からエンブラエルへの切り替えを取締役会で決定する。導入するエンブラエル機はいずれもルフトハンザ・シティーラインで運用されているERJ-195で、2009年から2012年に製造されたもので、機齢平均4年の機体となる。
    • 11月25日:エンブラエル機導入で余剰機となるフォッカー機を、オーストラリアのアライアンス・エアラインに売却する事を決定する。この売却費用の550万ドル分はアライアンス・エアラインの株式での取引となり、オーストリア航空はアライアンス・アビエーションの株主となった。
  • 2016年
    • 4月6日:日本経済の停滞と円安による価格競争の激化により、不採算路線となったウィーン - 東京線の廃止を発表する。最終便はウィーン発2016年9月3日と東京発翌4日となる。[9][10]
    • 9月4日:東京/成田発をもって、日本発着路線の運行を終了。

保有機材[編集]

エアバスA320(復刻塗装)
ボーイング767-300ER
ボーイング777-200ER

運用機材(2016年現在)[編集]

[11]

機材 保有数 発注数 座席数 備考
C Y
エアバスA319-100 7 - 138 138
エアバスA320-200 16 - 168 168
エアバスA321-100 3 - 200 200
エアバスA321-200 3 - 200 200
エンブラエルERJ190-200LR 8 9 120 120 順次ルフトハンザ・シティーラインから受領中
フォッカー機の代替
ボーイング767-300ER 6 - 36
26
178
199
214
225
ボーイング777-200ER 5 - 48 260 308
ボンバルディア DHC-8-Q400 18 - 76 76
フォッカー 70 5 - 75 75 順次豪アライアンス・エアラインへ売却退役中
エンブラエル機へ切換 
フォッカー 100 11 - 100 100 順次豪アライアンス・エアラインへ売却退役中
エンブラエル機へ切換 
82 9
フォッカー 70
  • フォッカー機からエンブラエル機への機材更新に伴い、2016年夏の一部便は同社の1,000名超のパイロットのうち、約10%が機材移行訓練に従事するため、夏期スケジュールで7,8月分オーストリア航空の運航便23,000便超のうち、およそ300便がキャンセルすると発表(一部便は他社からの乗員と機材をリースする,ウッェトリース契約のうえ運航)。

引退機材[編集]

就航路線[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 日本発着路線をもつアルテア利用航空会社 (2015年6月現在)” (日本語). 2015年9月26日閲覧。
  2. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。
  3. ^ 1957~1997 「こだわりのエアラインガイド改訂版」イカロス出版
  4. ^ Austrian Airlines takes off into new future with Lufthansa”. ルフトハンザドイツ航空 (2008年12月5日). 2009年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月6日閲覧。
  5. ^ ルフトハンザ、オーストリア航空を月内グループ傘下に[リンク切れ] - 日本経済新聞
  6. ^ ルフトハンザが欧州最大に オーストリア航空を買収”. 共同通信 (2009年9月3日). 2015年5月6日閲覧。
  7. ^ オーストリア航空、737の退役完了 中距離機材はA320ファミリーに統一” (2013年4月3日). 2015年5月6日閲覧。
  8. ^ オーストリア航空、新ブランド発表 「myAustrian」に塗装を変更” (2015年4月2日). 2015年5月6日閲覧。
  9. ^ オーストリア航空、日本撤退を発表” (2016年4月6日). 2016年4月6日閲覧。
  10. ^ オーストリア航空、9月に日本から撤退 Travel vision, 2016年4月7日9月に日本から撤退
  11. ^ Austrian Airlines Fleet Details

関連項目[編集]

  • ニキ・ラウダ - ラウダ航空設立者。
  • ニキ航空 - ニキ・ラウダが、ラウダ航空をオーストリア航空へ譲渡後に立ち上げた航空会社。
  • スロバキア航空 - スロバキア政府100%出資のフラッグ・キャリア。民営化にともない2005年にオーストリア航空傘下に入ったが、簿外債務の発覚で2007年経営破綻した。

外部リンク[編集]