アドリア航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アドリア航空
Adria Airways
IATA
JP
ICAO
ADR
コールサイン
Adria Airways d.d.
設立 1961年
ハブ空港 リュブリャナ空港
マイレージサービス Miles & More
会員ラウンジ Senator Lounge
航空連合 スターアライアンス
保有機材数 14機
就航地 43都市
本拠地 スロベニア共和国リュブリャナ
代表者 Tadej Tufek
外部リンク http://www.adria-airways.com
テンプレートを表示
アドリア航空のボンバルディアCRJ-200 LR

アドリア航空(アドリアこうくう、英語:Adria Airways)は、スロベニア国営の航空会社である。

概要[編集]

主にヨーロッパを中心に運行している。スロベニアリュブリャナに本部があり、スターアライアンスに加盟している。航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している[1]

歴史[編集]

アドリア航空は1961年Adria Avioprometとして設立され、当初KLMから購入したDC-6Bを2機を使用し初フライトを実施。その後チャーター便のみを運航していた。欧州各地や北米からの旅行客をアドリア海沿岸へ運ぶ航路を主要業務としていた。1964年に本拠地をザグレブから開港したリュブリャナ空港に移転。その後、財政危機に陥り、1968年に倒産。アドリア航空は当時のスロベニア商工会議所会頭の努力により運営を継続した。1968年末にはセルビアベオグラードのInterExportと合併し、Inex-Adria Avioprometと改名。1970年代にはユーゴスラビア国内線にも参入。

その後MD80で定期便の運航を開始した。1984年末にはリュブリャナ - ベオグラード - キプロスラルナカ航路に就航し国際線の運航を開始。1986年にはInexグループから独立しAdria Avioprometに再改名。国際航空運送協会(IATA)にも加盟した。

1990年にユーゴスラビアからスロベニアの独立が住民投票で可決されたが、1991年独立宣言後の十日間戦争ユーゴスラビア連邦軍空軍がアドリア航空のハンガーを爆撃、旅客機4機に損害を与えた。その後、アドリア航空はスロベニアの「フラッグ・キャリア」となり、チャーター便より定期航路の運営を中心とする経営合理化策を開始。1996年2月からスロベニア政府100%所有の国有企業となった。また同年、ルフトハンザ航空との提携も開始。1997年からはCRJ200LRを追加し小型機での運営を増加した。

1990年代後半にはリュブリャナ空港をハブとしてサラエボスコピエオフリドティラナプリシュティナなどバルカン半島各地を西欧と結ぶ路線に就航。

2004年11月18日に地域会員としてスターアライアンスに加盟、2009年9月頃からは通常の会員へ昇格した。2000年代後半より継続した赤字経営により累積赤字が大きな負担となっていたが、2011年にスロベニア政府などから約7,000万ユーロの公的融資を得て企業再建策に合意。

アドリア航空は、他の航空会社のために自社の格納庫において保守サービスを提供していることから、同社の整備施設はボンバルディア・エアロスペースにより、CRJの重整備保守施設の1つとなっている。

保有機材[編集]

保有機材は以下の通りである(2015年4月現在)。

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。

外部リンク[編集]