航空連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

航空連合(こうくうれんごう、: airline alliance)とは、航空会社間の連合組織のこと。同一連合内においては、コードシェア便マイレージサービスの相互乗り入れなど、旅客の利便性を図り、集客の向上を目指すことになっている。航空便には長距離便や国際線も多いことから、航空連合も国際的な組織であり、各国の航空会社が合従連衡を行い、構成されている。

概要[編集]

航空業界では1990年代から、個別に一部航空会社間で、コードシェア便やマイレージサービスの相互乗り入れなどの業務提携が行われ始めていたが、航空業界における国際的な規制緩和の流れと競争の激化により、世界的な規模で結成されるようになった。

2012年現在、世界的な航空連合は3つある。スターアライアンスワンワールドスカイチームである。かつては、ウイングス・アライアンスクオリフライヤーグループも存在していたが、ウイングス・アライアンスは2004年にスカイチームに吸収された形で消滅してしまい、クオリフライヤーグループも、連合の中心となっていたスイス航空が2002年に倒産したことで解散した。貨物を対象とした航空連合のWOWスカイチーム・カーゴもある。

連合内における各航空会社は前述したコード・シェアなどによる旅客の誘導のほか、機体や事務所、整備拠点の提携による運航経費の削減も目指している。例えばスターアライアンスでは、事故時には事故が起きた地点に最も近い加盟会社が救助にあたることになっているなど、非常時の対応などでも提携を結んでいる。

近年では、需要の増加が予測されるBRICsの航空会社が、それぞれの航空連合から加盟交渉を受けている。

また、エティハド航空パートナーズバリューアライアンスなど、独自の方針をとる航空連合も結成されている。

国際的な組織一覧[編集]

スターアライアンス[1] スカイチーム[2] ワンワールド[3]
設立日時 1997年5月14日 2000年6月22日 1999年2月1日
加盟航空会社数 28社 20社 17社
年間旅客数 6億4,110万名 6億6,540万名 5億5,740万名
就航国数 192ヶ国 177ヶ国 161ヶ国
就航空港数 1,330空港 1,062空港 1,016空港
保有機材数 4,657機 3,937機 3,560機
加盟航空会社
外部リンク Star Alliance SkyTeam oneworld

備考[編集]

成田国際空港においては、航空連合別にターミナルを利用するように再整備された。第1ターミナル北ウイングはスカイチーム(デルタ航空・大韓航空など)、第1ターミナル南ウイングはスターアライアンス(全日本空輸・ユナイテッド航空など)、第2ターミナルはワンワールド(日本航空・アメリカン航空など)である。この結果、共同運航便を利用した場合の乗り継ぎにターミナル間の移動が減るなどの効果が出ている。チェックイン・システム、ラウンジ等の共通化も進められている。

世界一周航空券[編集]

各アライアンスでは、世界一周に相応する航空券のセット(RTW)を加盟航空会社同士の提携で販売している。詳しくは世界一周航空券を参照のこと。

脚注[編集]

  1. ^ FACTS & FIGURES - StarAlliance 2015年7月
  2. ^ FACTSHEET- Skyteam.com 2016 Summer
  3. ^ onewoldu at a grance - oneworld 2016年6月

外部リンク[編集]