インボランタリー・アップグレード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

インボランタリー・アップグレード英語: involuntary upgrade)またはオペレーショナル・アップグレード英語: operational upgrade)とは、航空便の過剰予約(オーバーブッキング)など航空会社側の都合によって、座席がエコノミークラスからビジネスクラスなど、より上位のクラスに変更されること。略してインボラともいう。2クラス以上の機材でエコノミークラスを予約した乗客しかいない場合にシートだけビジネスクラスが選べる、いわゆる「ビジネスクラス開放」とは異なる。

通常のアップグレードの場合は乗客側が希望し、航空運賃の差額を現金で支払ったりマイルを使用したりして上位クラスに変更するが、インボランタリー・アップグレードの場合は、航空会社側からの申し出によるものであるため、乗客側の負担はない。

どの乗客をアップグレードさせるかは、多くの場合航空会社の現場による判断に委ねられるが、「割引なしの運賃もしくはより上位の運賃クラス」「自社や同じ航空連合のマイレージサービス上級会員」「早期に搭乗手続きを完了した」「こぎれいな服装」などの乗客が優先される[1]。航空会社によって対応は異なるが、ビジネスクラスの乗客であれば、本来利用できる空港ラウンジを使用できない、機内食はエコノミークラスと同等などの制約がある場合がある。また、アップグレードの申し出があるタイミングはチェックイン時、ラウンジ利用時、実際に旅客機へ搭乗する間際など、様々である。

アップグレードさせても定員オーバーの場合は、希望者を募り補償金を払った上で、別の航空便に振り替えることになるが、非常に稀なケースである。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]