厦門航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
廈門航空
Xiamen Airlines
IATA
MF
ICAO
CXA
コールサイン
Xiamen Air
設立 1984年7月25日
ハブ空港 廈門高崎国際空港
福州長楽国際空港
杭州蕭山国際空港
マイレージサービス 白鷺里程奨励
会員ラウンジ First Class Lounge
航空連合 スカイチーム
保有機材数 117機
就航地 60都市
本拠地 中国福建省廈門市
代表者 洪  荻生(会長)
厦門航空
各種表記
繁体字 廈門航空
簡体字 厦门航空
拼音 Xiàmén Hángkōng
発音: シャアメン ハンコン
英文 Xiamen Airlines
テンプレートを表示

廈門航空アモイこうくう[要出典]英語: XIAMEN AIR)は、中華人民共和国航空会社である。福建省廈門市(アモイ)を本拠地としている。中国南方航空の傘下にある。

概要[編集]

民航総局・福建省・廈門市の共同出資で設立された後、民航総局の保有株式は中国南方航空に譲渡されている。マイレージサービスは独自の「白鷺カード(イーグレットカード)」である。 2012年11月21日航空連合スカイチームの「アフィリエイトメンバー」として正式加盟[1]。同時にスカイチーム特別塗装機となったB737-800のお披露目(機体番号:B-5159)も併せて行なわれた。2014年より河北航空を傘下に持つ。

コードデータ[編集]

中国語コールサインは2004年までは廈航(Xiahang)

定期路線[編集]

  • 国内線
廈門高崎国際空港福州長楽国際空港杭州蕭山国際空港を拠点に43都市に就航
  • 国際線
東京/成田(2015年8月6日より)[2] 大阪/関西(2015年3月29日より)[3] ソウル/仁川バンコククアラルンプールペナンクチンシンガポールジャカルタアムステルダムシドニー[4]

保有機材[編集]

(2015年5月現在)

平均的な機材年齢は2014年2月現在で5.3年である。同社は、数少ないボーイング製旅客機のみ運航しているオペレーターの1つ。

なお、同社が自社発注したボーイング製旅客機の顧客番号(カスタマーコード)は5Cで、航空機の形式名は737-85C、757-25Cなどとなる。

航空事故[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Xiamen Airlines confirms plans to join SkyTeam - ATWOnline(英語)
  2. ^ [1]
  3. ^ http://flyteam.jp/news/article/47290 厦門航空、3月29日から関西/厦門線に就航 約6年ぶり
  4. ^ [[厦門航空、福州と厦門発着ジャカルタ線を就航 FlyTeam 2013年9月28日付

外部リンク[編集]