中国南方航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中国南方航空
中国南方航空
B-6136 - A380-841 - China Southern Airlines - HKG (9738813669).jpg
IATA
CZ
ICAO
CSN
コールサイン
CHINA SOUTHERN
設立 1991年
ハブ空港 北京首都国際空港
広州白雲国際空港
ウルムチ地窩堡国際空港
重慶江北国際空港
焦点空港 上海瀋陽厦門ウルムチ長春深圳武漢鄭州大連
マイレージサービス 南航明珠俱楽部(Sky Pearl Club)
会員ラウンジ Sky Pearl Lounge
航空連合 未加盟(元スカイチーム
保有機材数 616機(147機発注中)
就航地 193都市
本拠地 中国広東省広州市
テンプレートを表示
中国南方航空股份有限公司
China Southern Airlines Co. Ltd.
本社ビル
本社ビル
種類 株式会社
市場情報
略称 南方航空
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国
広東省広州市白雲区機場路278号
設立 1992年12月20日
業種 空運業
事業内容 航空運送事業
旅行事業
代表者 王昌順 (会長)
資本金 27億94百万人民元
売上高 872億52百万人民元
総資産 1,294億12百万人民元(2011年12月期)
決算期 12月末日
主要株主 China Southern Air Holding Company42.27%
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示
中国南方航空
簡体字 中国南方航空
繁体字 中國南方航空
発音記号
標準中国語
漢語拼音Zhōngguó Nánfāng Hángkōng
粤語
粤拼zung1gwok3 naam4fong1 hong4hung1
China Southern Airlines Company Limited
簡体字 中国南方航空股份有限公司
繁体字 中國南方航空股份有限公司
発音記号
標準中国語
漢語拼音Zhōngguó Nánfāng Hángkōng Gǔfènyǒuxiàngōngsī
粤語
粤拼zung1gwok3 naam4fong1 hong4hung1 gu2fan6*2 jau5haan6 gung1si1
第二別名
中国語 南方航空
文字通りの意味Southern Airlines
発音記号
標準中国語
漢語拼音Nánfāng Hángkōng
粤語
粤拼naam4fong1 hong4hung1
第三別名
中国語
発音記号
標準中国語
漢語拼音Nánháng
粤語
粤拼naam4 hong4

中国南方航空(ちゅうごくなんぽうこうくう、簡体字: 中国南方航空英語: China Southern Airlines, SEHK1055SSE: 600029NYSEZNH)は、中国航空会社。中国およびアジア地域で最大規模の航空会社である。赤いロゴマークは、東南アジアに植生するカポックの木をモチーフにしている。

概要[編集]

1991年に、旧・中国民用航空総局 (CAAC)の広州管理局を引き継いで広州を拠点に設立。中華人民共和国における国際線及び主要国内線を運航し、旧民航系航空会社の中でも最大規模で、旅客数・便数・飛行時間・売上高・定期便旅客キロ数等でフラッグキャリア中国国際航空を上回り、中国およびアジア最大を誇っている[1][2]

2007年11月15日にスカイチームに加盟したが、2018年12月31日をもって脱退した[3]。この脱退はカタール航空が手引きしていた可能性が高いとする意見もある[4]

2017年にアメリカン航空から、2019年にカタール航空からとワンワールド加盟会社の出資を受けたことから「ワンワールド」に加わるとの見方も出ている。脱退後もスカイチーム加盟会社の多くとは個別に提携を継続する一方で、ワンワールド加盟会社等とも提携を拡大する。2020年1月2日より、ブリティッシュ・エアウェイズとの共同事業を開始。

中国南方航空グループ傘下に、廈門航空汕頭航空中国語版広西航空珠海航空などがある。日本には1995年9月より乗り入れを開始し、JASとコードシェアを開始したが、2003年3月30日よりJALとのコードシェアに変更となった[5]

来歴[編集]

  • 1991年1988年に分割解体された旧・中国民用航空総局 (CAAC)の広州管理局を引き継いで設立される。
  • 2002年10月:旧民航系の航空会社の集約政策により、中国北方航空新疆航空を併合する。
  • 2004年8月:航空連合スカイチーム」に加盟することを発表。
  • 2005年1月:エアバスA380型機を5機発注、北京支社に配属。
  • 2007年11月15日:航空連合「スカイチーム」に加盟[6]
  • 2011年10月18日:エアバスA380型機が中国の航空会社として初めて運航(北京/首都-広州線)。世界で初めて国内線でエアバスA380型機を運用。
  • 2016年
  • 2017年3月28日アメリカン航空との戦略的提携に合意したと発表[9]。提携にあたり、アメリカン航空が中国南方航空に2億ドル(日本円で約222億円)出資。提携は2017年後半から、コードシェア提携とインターライン契約を開始し、中国、または北米や南米のネットワークを相互の顧客に提供する。コードシェアを実施する路線ではマイレージの獲得やスルーバゲージなどのサービスを提供することになる見込み。
  • 2018年
    • 11月15日:100%子会社の「中国南方航空雄安航空」を設立[3]北京大興国際空港を拠点にエアバスA320を用いて国内線を運行予定。2レターコードは親会社と同じCZを使用予定。
    • 12月31日:スカイチームを脱退することを発表。移行期間として正式脱退への準備を進める[3][6][10]
  • 2019年
    • 1月2日:カタール航空が中国南方航空の株を5%取得[4]
    • 12月31日:スカイチームを正式に脱退。2018年12月31日にスカイチームを脱退したものの、同社やスカイチーム加盟航空会社のマイレージプログラムの会員は、マイル積算や特典航空券、上級会員向けサービスの利用が相互に可能な状態が続いていたが、これら各種特典もサービスを終了。脱退後もスカイチーム加盟会社の多くとは個別に提携を継続する一方で、ワンワールド加盟会社等とも提携を拡大する[10][11][12]
  • 2020年1月2日:この日より、ブリティッシュ・エアウェイズとの共同事業を開始予定。2019年12月7日に調印した。両社の中英路線及び8つの国内線においてコードシェアを実施予定[13][14]

保有機材[編集]

リスト[編集]

2022年3月現在、中国南方航空の機材は以下の通りである。

中国南方航空 運航機材一覧[15]
機材 運用機数 発注機数 座席数 備考
F C PY Y Total
エアバスA319-100 9 8 30 90 128 うち1機はカンボジア空軍にリース中
エアバスA319neo 4 - 4 24 108 136 ローンチカスタマー
エアバスA320-200 106 8 24 120 152 うち2機はスカイチーム特別塗装機

うち1機は三菱・アウトランダー特別塗装機

4 18 138 160
4 24 138 166
エアバスA320neo 39 4 24 138 166
エアバスA321-200 99 12 24 143 179 うち1機はスカイチーム特別塗装機
4 18 167 189
4 24 167 195
エアバスA321neo 53 4 24 167 195
12 18 170 200
エアバスA330-200 14 18 244 262
12 24 242 278
エアバスA330-300 26 30 253 283
28 258 286
エアバスA350-900 12 8 28 24 262 314 2020年までに全機納入予定。
エアバスA380-800 3 8 70 428 506 世界で唯一、自国の国内線で使用されている。2022年度中に退役予定。[16]
ボーイング737-700 26 4 18 106 128
4 24 106 134
ボーイング737‐800 163 8 24 132 164 うち1機はモナ・リザロゴ特別塗装機

うち2機はスカイチーム特別塗装機

うち2機は貴州省ロゴ特別塗装機

4 18 147 169
4 18 150 172
4 24 150 178
ボーイング737 MAX8 24 25 4 24 150 178 現在、運用停止中
ボーイング777-300ER 15 1 28 28 305 361 うち1機はスカイチーム特別塗装機
ボーイング787‐8 10 18 248 266
ボーイング787‐9 17 3 28 28 220 276 2020年までに全機納入予定

うち1機は納入787機目記念特別塗装機

28 269 297
COMAC ARJ21 7 90 90
コマックC919 20 No Data
ボーイング747‐400F 1 貨物
ボーイング777F 14 貨物 B777-300ERからの発注変更分あり
Total 616 147

画像[編集]

退役機材[編集]

サービス[編集]

座席など[編集]

主に長距離路線で運航されているA330A380B787の3機種はファーストクラス(「デラックスファーストクラス」)・ビジネスクラスエコノミークラスの3クラス制で、A330とB777-300ERはプレミアムエコノミークラスを加えた4クラス制で構成されている。B777の一部と近距離・中距離国際線に使用されている機材では、ビジネスクラス「ファーストクラス」・プレミアムエコノミークラス・エコノミークラスの3クラスで構成されている。

A380のファーストクラスは、完全個室タイプの「プラチナプライベートスイート」を8席搭載。またA380のビジネスクラスは180度フルフラットになる1-2-1配列のスタッガードタイプで、B787では180度フルフラットになる座席を2-2-2配列で搭載されている。

2014年にB777-300ERの初号機(B-2099)を受領した際、機内エンターテイメントシステムはタレス社製の「TopSeries AVANT」を搭載している[18]

機内食[編集]

中距離・長距離路線を中心に本場の中国料理や西洋料理の機内食が提供され、一部路線のエコノミークラスでは、日本式のそばも提供される[19]。このうちユダヤ教徒のためのものは広州・北京発欧米長距離路線とオーストラリア行きに限って搭乗便の48時間前に、それ以外は搭乗便の24時間前にコールセンターへ電話申し込みを行なう必要がある。

客室乗務員[編集]

2008年、日本人客室乗務員33人を採用し、主に広州―成田・関西、大連―成田・関西間などの日本路線に乗務している[20]

明珠倶楽部 (スカイパールクラブ)[編集]

2018年にスカイチームから脱退したが、引き続きスカイチーム加盟各社との提携は維持している。さらに下記の航空会社と提携している。

就航都市[編集]

中国南方航空 就航都市(2016年8月 現在)
都市 空港 備考
東アジア
中華人民共和国の旗 中国 広州 広州白雲国際空港 メインハブ空港
北京 北京首都国際空港 ハブ空港
成都 成都双流国際空港
杭州 杭州蕭山国際空港 焦点都市
天津 天津浜海国際空港
重慶 重慶江北国際空港
上海 上海浦東国際空港
上海虹橋国際空港
長沙 長沙黄花国際空港
大連 大連周水子国際空港
済南 済南遥墻国際空港
昆明 昆明長水国際空港
牡丹江 牡丹江海浪空港
青島 青島流亭国際空港
三亜 三亜鳳凰国際空港
瀋陽 瀋陽桃仙国際空港
深圳 深圳宝安国際空港
ウルムチ ウルムチ地窩堡国際空港
張家界 張家界荷花国際空港
威海 威海大水泊空港
武漢 武漢天河国際空港
廈門 廈門高崎国際空港
西安 西安咸陽国際空港
延吉 延吉朝陽川空港
煙台 煙台蓬萊国際空港
鄭州 鄭州新鄭国際空港
ラサ ラサ・クンガ空港
日本の旗 日本 東京 成田国際空港
東京国際空港
大阪 関西国際空港
名古屋 中部国際空港
札幌 新千歳空港[21][22] [23]
新潟 新潟空港
富山 富山空港
大韓民国の旗 韓国 ソウル 仁川国際空港
金浦国際空港
釜山 金海国際空港
済州 済州国際空港
大邱 大邱国際空港
中華民国の旗 台湾 台北 台湾桃園国際空港
台北松山空港
高雄 高雄国際空港
香港の旗 香港 香港 香港国際空港
モンゴルの旗 モンゴル ウランバートル チンギスハーン国際空港
中央アジア
カザフスタンの旗 カザフスタン アルマトイ アルマトイ国際空港
キルギスの旗 キルギス ビシュケク マナス国際空港
タジキスタンの旗 タジキスタン ドゥシャンベ ドゥシャンベ空港
トルクメニスタンの旗 トルクメニスタン アシガバート アシガバート空港
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン タシュケント タシュケント国際空港
南アジア
バングラデシュの旗 バングラデシュ ダッカ シャージャラル国際空港
インドの旗 インド デリー インディラ・ガンディー国際空港
モルディブの旗 モルディブ マレ イブラヒム・ナシル国際空港
ネパールの旗 ネパール カトマンズ トリブバン国際空港
パキスタンの旗 パキスタン カラチ ジンナー国際空港
東南アジア
ミャンマーの旗 ミャンマー ヤンゴン ヤンゴン国際空港
カンボジアの旗 カンボジア プノンペン プノンペン国際空港
シェムリアップ シェムリアップ国際空港
インドネシアの旗 インドネシア ジャカルタ スカルノハッタ国際空港
ラオスの旗 ラオス ヴィエンチャン ワットタイ国際空港
マレーシアの旗 マレーシア クアラルンプール クアラルンプール国際空港
コタキナバル コタキナバル国際空港
ペナン ペナン国際空港
クチン クチン国際空港
ランカウイ ランカウイ国際空港
フィリピンの旗 フィリピン マニラ ニノイ・アキノ国際空港
セブ島 マクタン・セブ国際空港
シンガポールの旗 シンガポール シンガポール チャンギ国際空港
タイ王国の旗 タイ バンコク スワンナプーム国際空港
プーケット プーケット国際空港
チェンマイ チェンマイ国際空港
 ベトナム ハノイ ノイバイ国際空港
ホーチミンシティ タンソンニャット国際空港
西アジア
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン バクー ヘイダル・アリエフ国際空港
イランの旗 イラン テヘラン エマーム・ホメイニー国際空港
アラブ首長国連邦の旗 UAE ドバイ ドバイ国際空港
ヨーロッパ
イギリスの旗 イギリス ロンドン ロンドン・ヒースロー空港
フランスの旗 フランス パリ シャルル・ド・ゴール国際空港
ドイツの旗 ドイツ フランクフルト フランクフルト空港 貨物便のみ
オランダの旗 オランダ アムステルダム アムステルダム・スキポール空港
イタリアの旗 イタリア ローマ フィウミチーノ空港 [24]
トルコの旗 トルコ イスタンブール アタテュルク国際空港
ロシアの旗 ロシア モスクワ シェレメーチエヴォ国際空港
イルクーツク イルクーツク国際空港
ウラジオストク ウラジオストク空港
北アメリカ
カナダの旗 カナダ バンクーバー バンクーバー国際空港
トロント トロント・ピアソン国際空港 [25]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アンカレッジ テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港 貨物便のみ
シカゴ シカゴ・オヘア国際空港
ニューヨーク ジョン・F・ケネディ国際空港 [26]
ロサンゼルス ロサンゼルス国際空港
サンフランシスコ サンフランシスコ国際空港 [27][28]
南アメリカ
メキシコの旗 メキシコ メキシコシティ メキシコシティ国際空港 [29]
オセアニア
オーストラリアの旗 オーストラリア シドニー シドニー国際空港
メルボルン メルボルン空港
パース パース空港
ブリスベン ブリスベン空港
アデレード アデレード空港 [30]
ケアンズ ケアンズ国際空港 [31]
ニュージーランドの旗 ニュージーランド オークランド オークランド国際空港
クライストチャーチ クライストチャーチ国際空港 [32]
北マリアナ諸島の旗 北マリアナ諸島 サイパン サイパン国際空港
アフリカ
 ケニア ナイロビ ジョモ・ケニヤッタ国際空港 [33]
休・廃止路線
日本の旗 日本 仙台 仙台空港 運休中 再開日未定
茨城 茨城空港[34][35]
静岡 静岡空港
広島 広島空港
北九州 北九州空港
福岡 福岡空港

事故・インシデント[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 世界最大の航空会社、トップ202019年10月4日閲覧。
  2. ^ 日本のポジションがわかる航空業界いろいろランキング&キーワード/ガチンコ!航空業界2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b c 中国南方航空、北京新空港拠点の新会社設立”. Aviation Write. 2019年10月4日閲覧。
  4. ^ a b カタール航空、中国南方航空の株式を5%取得 協力関係を強化へ2019年10月4日閲覧。
  5. ^ JAL、中国南方航空と提携!2019年10月4日閲覧。
  6. ^ a b 中国南方航空、スカイチーム脱退へ”. Aviation Write. 2019年10月4日閲覧。
  7. ^ 中国 南沙諸島・永暑礁の新空港での試験飛行に成功
  8. ^ South China Sea airports: Flight-tests check routes to Nansha airfields CCTV(2016年7月13日)
  9. ^ アメリカン航空と中国南方航空、戦略的提携で合意 コードシェアなどを実施へ2019年10月4日閲覧。
  10. ^ a b 南方航空、スカイチームから正式脱退”. アジア経済ニュース. 2019年12月27日閲覧。
  11. ^ 中国南方航空、12月末に航空連合「スカイチーム」脱退”. 日本経済新聞. 2019年12月27日閲覧。
  12. ^ 中国南方航空、スカイチームの特典やマイル積算を12月31日に終了”. traicy. 2019年12月27日閲覧。
  13. ^ ブリティッシュ・エアウェイズと中国南方航空、1月から共同事業を開始”. FlyTeam. 2019年12月27日閲覧。
  14. ^ 中英の航空会社、北京大興空港で初の業務提携”. AFP. 2019年12月27日閲覧。
  15. ^ https://global.csair.com/US/JP/fly-service/fleet/cabin-layout/boeing-73n”. global.csair.com. 2019年10月2日閲覧。
  16. ^ 中国南方航空A380、年内に完全退役 退役機の解体はじまる | FlyTeam ニュース” (日本語). FlyTeam(フライチーム). 2022年3月10日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g 日本発着国際線 旅客機アルバム(2010-2011). イカロス出版. (2010). p. 170 
  18. ^ China Southern first to fly the most advanced Thales in-flight entertainment and connectivity system Tue, 25/02/2014
  19. ^ 機内食 中国南方航空ホームページ 2020年2月15日閲覧
  20. ^ 日本人客室乗務員33人、南方航空にまもなくデビュー 人民網日本語版 2008年10月24日
  21. ^ 中国南方航空、札幌/千歳〜広州線からわずか2ヶ月で撤退! Traicy 2014年3月23日付
  22. ^ 中国南方航空、新千歳/広州線を運休へ FlyTeam 2014年3月22日付
  23. ^ 中国南方航空、4月から新千歳/大連線を再開 A320で週3便 FlyTeam 2019年3月12日付
  24. ^ 中国南方航空、広州発着ローマ、ドバイ、クライストチャーチ線を開設 FlyTeam 2015年9月3日付
  25. ^ 中国南方航空、12月から広州発着でトロント、アデレード線に就航へ FlyTeam 2016年10月19日付
  26. ^ 中国南方航空、広州/ニューヨーク・JFK線に直行便で新規就航 FlyTeam 2014年8月12日付
  27. ^ 中国南方航空、12月から787で広州/武漢/サンフランシスコ線に就航 FlyTeam 2014年10月4日付
  28. ^ 中国南方航空、広州/サンフランシスコ線で直行便の運航を開始 週4便 FlyTeam 2015年6月29日付
  29. ^ 中国南方航空、バンクーバー経由の広州/メキシコシティ線に就航 週3便 FlyTeam 2017年4月11日付
  30. ^ 中国南方航空、12月から広州/アデレード線に週3便で就航へ FlyTeam 2016年8月1日付
  31. ^ 中国南方航空、12月に広州/ケアンズ線を開設へ A330で週3便 FlyTeam 2017年7月25日付
  32. ^ 中国南方航空、広州発着ローマ、ドバイ、クライストチャーチ線を開設 FlyTeam 2015年9月3日付
  33. ^ 中国南方航空、広州/ナイロビ線を週3便で開設 FlyTeam 2015年8月6日付
  34. ^ 茨城‐深圳線の運休について|茨城空港 茨城空港公式サイト 2016年8月25日付
  35. ^ 中国南方航空、茨城/深圳線を運休 8月27日から FlyTeam 2016年8月25日付

外部リンク[編集]