ケニア航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケニア航空
Kenya Airways
Kenya Airways Logo.svg
IATA
KQ
ICAO
KQA
コールサイン
KENYA
設立 1977年
ハブ空港 ジョモ・ケニヤッタ国際空港
焦点空港 モイ国際空港
マイレージサービス Flying Blue
会員ラウンジ Domestic Business Class Lounge
Pride Lounge
Simba Lounge
航空連合 スカイチーム
子会社 ジャンボジェット
保有機材数 37機
就航地 65都市
本拠地  ケニア ナイロビ
代表者 Sebastian Mikosz(CEO)
外部リンク http://www.kenya-airways.com
テンプレートを表示

ケニア航空(ケニヤこうくう、英語:Kenya Airways) は、ケニア航空会社で、同国のフラッグ・キャリアである。

概要[編集]

設立以降は長らくケニア政府の管轄下にあったが、1996年民営化後にはアフリカ初のフラッグキャリアとなった。 ケニア国内およびアフリカ大陸内の国際線を中心に就航している。2007年9月にスカイチームにアソシエート・メンバーとして加盟、2010年6月にフルメンバーとなった。2000年代に入り新塗装が導入され、機体に「The Pride of Africa」と書かれている。

アフリカ大陸外にも豊富な国際線網を持っており、アジアでは、広州バンコクムンバイドバイなどへ、ヨーロッパではロンドン/ヒースローパリ/CDGアムステルダムに就航している。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している [1]

就航都市[編集]

※2019年現在[2]

アフリカ[編集]

アジア[編集]

ヨーロッパ[編集]

保有機材[編集]

ボーイング787-8
ボーイング777-200ER(退役済)

2019年現在[3]

退役済

航空事故[編集]

オーバーランしたB707(1989年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。
  2. ^ https://www.kenya-airways.com/plan-and-book/destinations/en/
  3. ^ https://www.kenya-airways.com/plan-and-book/kq-fleet/en/
  4. ^ ケニア航空、787初号機を受領 2015年末までに9機導入 FlyTeam 2014年4月5日付
  5. ^ 5Y-BBKのIncident詳細 - Aviation Safety Network. 2011年7月15日閲覧。
  6. ^ “Commercial Flight Safety – Non-fatal accidents/incidents: scheduled passenger flights”. Flight International: 46. (17–23 January 1990). オリジナルの14 June 2014時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140614012010/http://www.flightglobal.com/pdfarchive/view/1990/1990%20-%200104.html. 

外部リンク[編集]