チャトラパティ・シヴァージー国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャトラパティ・シヴァージー国際空港
छ्त्रपती शिवाजी अंतरराष्ट्रीय विमानतळ
Chhatrapati Shivaji International Airport
Bombay.jpg

IATA: BOM - ICAO: VABB

BOM/VABBの位置(インド内)
BOM/VABB
BOM/VABB
空港の位置(インド)
概要
国・地域 インドの旗 インド共和国
所在地 マハーラーシュトラ州ムンバイ
種類 民間
運営者 Mumbai International Airport Limited (MIAL)
標高 11 m (37 ft)
座標 北緯19度5分19秒 東経72度52分5秒 / 北緯19.08861度 東経72.86806度 / 19.08861; 72.86806座標: 北緯19度5分19秒 東経72度52分5秒 / 北緯19.08861度 東経72.86806度 / 19.08861; 72.86806
ウェブサイト 公式ウェブサイト (英語)
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
09/27 YES 3,445×45 舗装
14/32 YES 2,925×46 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

チャトラパティ・シヴァージー国際空港(チャトラパティ・シヴァージーこくさいくうこう、(マラーティー語::छ्त्रपती शिवाजी अंतरराष्ट्रीय विमानतळ、: Chhatrapati Shivaji International Airport)は、インドマハーラーシュトラ州の州都ムンバイにある国際空港ジェットエアウェイズハブ空港。市内から34km北側にある。空港の名称はマハーラーシュトラ州で英雄視されている17世紀マラーター王国チャトラパティ・シヴァージーに由来している(ちなみに、同様の改名がムンバイーの中央駅であるヴィクトリア・ターミナス(チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅)に対しても行われた)。

旧名は「サンタクルズ国際空港」。ここから新国際線ターミナルが隣接地に分離するかたちで新空港が造られた。国内線ターミナルは今日でも「サンタクルズ空港」(Santacruz Airport)と呼ばれる。両港は離着陸に使用する滑走路を共有している。空港間の移動は、航空券を提示すれば無料のシャトルバスが利用できる。

1932年開港。

エア・インディアBlue Dart AviationGoAirIndiGoジェットエアウェイズジェットライトスパイスジェットハブ空港として運航している。

施設[編集]

ターミナル[編集]

  • 国内線(サンタクルズ)
    • 1-A
    • 1-B
  • 国際線(アンデーリー)
    • 2-A
    • 2-C

就航航空会社と就航都市[編集]

ターミナル1A[編集]

2015年10月1日現在、GoAirの到着専用として利用されている。尚、2015年9月30日までエアインディアが国内線の発着ターミナルとして利用していたが、2015年10月1日からターミナル2へ移転した。

ターミナル1B[編集]

航空会社 就航地
インドの旗 GoAir アフマダーバード空港(アフマダーバード)、バグドグラ空港英語版バグドグラ)、ベンガルール国際空港(バンガロール)、チャンディーガル、インディラ・ガンディー国際空港(デリー)、ダーボーリム空港(ゴア)、ジャイプル、ジャンムー空港英語版ジャンムー)、コーチン国際空港(コーチ)、レー・クショック・バクラ・リンポチェ空港英語版レー)、ラクナウ、ナーグプル、ナーンデード空港英語版ナーンデード)、ロク・ナヤック・ジャヤプラカシュ空港英語版パトナ)、シュリーナガル空港英語版シュリーナガル
インドの旗 IndiGo アフマダーバード空港(アフマダーバード)、ベンガルール国際空港(バンガロール)、ブヴァネーシュヴァル、チェンナイ国際空港(チェンナイ)、インディラ・ガンディー国際空港(デリー)、ダーボーリム空港(ゴア)、グワーハーティー国際空港グワーハーティー)、ラジーヴ・ガンディー国際空港(ハイデラバード)、ジャイプル、ジャンムー [1]、コーチン国際空港(コーチ)、ネータージー・スバース・チャンドラ・ボース国際空港(コルカタ)、ラクナウ、ナーグプル、ロク・ナヤック・ジャヤプラカシュ空港(パトナ)、ヴァドーダラー空港英語版ヴァドーダラー
インドの旗 ジャグソン航空英語版 シルビ
インドの旗 ジェットエアウェイズ アフマダーバード空港(アフマダーバード)、アウランガーバード、ベンガルール国際空港(バンガロール)、バーヴナガル英語版、ボーパール、プージュ英語版、チャンディーガル、チェンナイ国際空港(チェンナイ)、インディラ・ガンディー国際空港(デリー)、ディーウ空港英語版ディーウ)、ダーボーリム空港(ゴア)、グワーハーティー、ラジーヴ・ガンディー国際空港(ハイデラバード)、インドール、ジャイプル、ジョードプル、コーチン国際空港(コーチ)、ネータージー・スバース・チャンドラ・ボース国際空港(コルカタ)、ラクナウ、マンガロール、ナーグプル、ポルバンダル英語版、プネー、ティルヴァナンタプラム、ウダイプル空港(ウダイプル)、ヴァドーダラー空港(ヴァドーダラー)、ヴィシャーカパトナム空港(ヴィシャーカパトナム)
インドの旗 ジェットコネクト アフマダーバード空港(アフマダーバード)、ベンガルール国際空港(バンガロール)、チェンナイ国際空港(チェンナイ)、インディラ・ガンディー国際空港(デリー)、ダーボーリム空港(ゴア)、インドール、ジャンムー、カリカット、ネータージー・スバース・チャンドラ・ボース国際空港(コルカタ)、ラクナウ、ナーグプル、ラーイプル、ラージコート空港(ラージコート)、シュリーナガル空港(シュリーナガル)
インドの旗 スパイスジェット アガルタラ空港英語版アガルタラ)、アフマダーバード空港(アフマダーバード)、ベンガルール国際空港(バンガロール)、チェンナイ国際空港(チェンナイ)、インディラ・ガンディー国際空港(デリー)、ダーボーリム空港(ゴア)、グワーハーティー、ラジーヴ・ガンディー国際空港(ハイデラバード)、ジャイプル、ジャンムー、コーチン国際空港(コーチ)、ネータージー・スバース・チャンドラ・ボース国際空港(コルカタ)、マドゥライ、シュリーナガル、ワーラーナシー空港(ワーラーナシー)、ヴィシャーカパトナム空港(ヴィシャーカパトナム)

ターミナル2[編集]

航空会社 就航地
インドの旗 エア・インディア (国内線) アフマダーバード空港アフマダーバード)、チカルサーナ空港アウランガーバード)、ベンガルール国際空港バンガロール)、ボーパール英語版ブバネーシュワル英語版チャンディーガル英語版チェンナイ国際空港チェンナイ)、インディラ・ガンディー国際空港デリー)、ダーボーリム空港英語版ゴア)、ラジーヴ・ガンディー国際空港ハイデラバード)、インドール英語版ジャイプル英語版ジャームナガル英語版ジョードプル英語版コーチン国際空港コーチ)、ネータージー・スバース・チャンドラ・ボース国際空港コルカタ)、カリカット国際空港カリカット)、ラクナウ英語版マドゥライマンガロール空港英語版マンガロール)、ナーグプル英語版ラーイプル英語版ラージコート空港英語版ラージコート)、ラーンチー英語版ティルヴァナンタプラム英語版ウダイプル空港英語版ウダイプル)、ワーラーナシー空港ワーラーナシー)、ヴィシャーカパトナム空港英語版ヴィシャーカパトナム
インドの旗 エア・インディア (国際線) アフマダーバード、ドバイ国際空港ドバイ)、マスカット国際空港マスカット)、キング・ファハド国際空港ダンマーム)、インディラ・ガンディー国際空港デリー)、ラジーヴ・ガンディー国際空港ハイデラバード)、キング・アブドゥルアズィーズ国際空港ジェッダ)、ロンドン・ヒースロー空港ロンドン)、ジョン・F・ケネディ国際空港ニューヨーク)、ニューアーク・リバティー国際空港(ニューヨーク)、キング・ハーリド国際空港リヤド)、上海浦東国際空港上海市)、アブダビ国際空港アブダビ)、スワンナプーム国際空港バンコク)、シンガポール・チャンギ国際空港シンガポール
インドの旗 エア・インディア・エクスプレス チェンナイ、デリー、ドバイ国際空港(ドバイ)、コーチン国際空港コーチン)、カリカット国際空港カリカット)、マンガロール空港(マンガロール)、プネー英語版ティルッチラーッパッリ英語版トリヴァンドラム国際空港英語版(ティルヴァナンタプラム)
インドの旗 ジェットエアウェイズ アブダビ国際空港(アブダビ)、バーレーン国際空港バーレーン)、スワンナプーム国際空港(バンコク)、ブリュッセル国際空港ブリュッセル)、バンダラナイケ国際空港コロンボ)、ダッカ国際空港ダッカ)、ドーハ国際空港ドーハ)、ドバイ国際空港(ドバイ)、香港国際空港香港)、キング・アブドゥルアズィーズ国際空港(ジェッダ)、O・R・タンボ国際空港ヨハネスブルグ)、トリブバン国際空港カトマンズ)、クウェート国際空港クウェート)、ロンドン・ヒースロー空港(ロンドン)、マスカット国際空港(マスカット)、ニューアーク・リバティー国際空港(ニューヨーク)、キング・ハーリド国際空港(リヤド)、シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
スリランカの旗 スリランカ航空 バンダラナイケ国際空港(コロンボ)
タイ王国の旗 タイ国際航空 スワンナプーム国際空港(バンコク)
タイ王国の旗 バンコク・エアウェイズ スワンナプーム国際空港(バンコク)
マレーシアの旗 マレーシア航空 クアラルンプール国際空港クアラルンプール
マレーシアの旗 エアアジアX クアラルンプール国際空港(クアラルンプール)
シンガポールの旗 シンガポール航空 シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
日本の旗 全日本空輸 成田国際空港千葉県
中華人民共和国の旗 中国国際航空 成都双流国際空港成都市)、上海浦東国際空港(上海市)
香港の旗 キャセイパシフィック航空 香港国際空港(香港)
大韓民国の旗 大韓航空 仁川国際空港仁川広域市
パキスタンの旗 パキスタン国際航空 ジンナー国際空港カラチ
トルコの旗 ターキッシュ エアラインズ アタテュルク国際空港イスタンブール
イエメンの旗 イエメニア アデン国際空港アデン)、サヌア国際空港サヌア
イスラエルの旗 エル・アル航空 ベン・グリオン国際空港テルアビブ
アラブ首長国連邦の旗 エミレーツ航空 ドバイ国際空港(ドバイ)
アラブ首長国連邦の旗 エア・アラビア シャールジャ国際空港シャールジャ
アラブ首長国連邦の旗 エティハド航空 アブダビ国際空港(アブダビ)
バーレーンの旗 バーレーン航空英語版 バーレーン国際空港(バーレーン)
バーレーンの旗 ガルフ・エア バーレーン国際空港(バーレーン)
イランの旗 イラン航空 エマーム・ホメイニー国際空港テヘラン
クウェートの旗 クウェート航空 クウェート国際空港(クウェート)
オマーンの旗 オマーン・エア マスカット国際空港(マスカット)
カタールの旗 カタール航空 ドーハ国際空港(ドーハ)
ヨルダンの旗 ロイヤルヨルダン航空 クィーンアリア国際空港アンマン
サウジアラビアの旗 サウディア キング・ファハド国際空港(ダンマーム)、キング・アブドゥルアズィーズ国際空港(ジェッダ)、キング・ハーリド国際空港(リヤド)
サウジアラビアの旗 フライナス キング・アブドゥルアズィーズ国際空港(ジェッダ)、キング・ハーリド国際空港(リヤド)
モーリシャスの旗 モーリシャス航空 サー・シウサガル・ラングーラム国際空港ポートルイス
エジプトの旗 エジプト航空 カイロ国際空港カイロ
ケニアの旗 ケニア航空 ジョモ・ケニヤッタ国際空港ナイロビ
エチオピアの旗 エチオピア航空 ボレ国際空港アディスアベバ
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ航空 O・R・タンボ国際空港(ヨハネスブルグ)
オーストラリアの旗 カンタス航空 ブリスベン空港ブリスベン)、シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
イギリスの旗 ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン・ヒースロー空港(ロンドン)
フランスの旗 エールフランス パリ=シャルル・ド・ゴール空港パリ
ドイツの旗 ルフトハンザドイツ航空 フランクフルト空港フランクフルト)、ミュンヘン空港ミュンヘン
オーストリアの旗 オーストリア航空 ウィーン国際空港ウィーン
スイスの旗 スイス インターナショナル エアラインズ チューリッヒ空港チューリッヒ
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド航空 ニューアーク・リバティー国際空港(ニューヨーク)
アメリカ合衆国の旗 デルタ航空 アムステルダム・スキポール空港アムステルダム)、ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港アトランタ、季節運航便)、ジョン・F・ケネディ国際空港(ニューヨーク、季節運航便)

市内までのアクセス[編集]

  • プリペイドタクシー Rs200 - Rs405 別途荷物代、サービス料が必要
  • 鉄道
    • 国際線ターミナル ターミナルビルからアンデーリー(Andheri Railway Station)駅までタクシー、オートリクシャー、バスで移動する。そこから市中心部のCST駅(Chatrapathi Shivaji Railway Terminus)やチャーチゲート駅(Church Gate Railway Station)まで近郊電車が頻発している。
    • 国内線ターミナル ターミナルビルからヴィレ・パルレ駅(Vile Parle Railway Station)駅まで真西に徒歩15分ほど。そこから市中心部のCST駅(Chatrapathi Shivaji Railway Terminus)やチャーチゲート駅(Church Gate Railway Station)まで近郊電車が頻発している。

2008-2009年統計[編集]

出典:DAFIF[2]

利用者数 貨物取扱量
24,300,000[3] 530,278

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]