ブジュンブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブジュンブラ
Bujumbura
2006年に撮影されたブジュンブラ。
2006年に撮影されたブジュンブラ。
位置
ブルンジ共和国内のブジュンブラの位置。 図内のBUJUMBURAと書かれている場所。の位置図
ブルンジ共和国内のブジュンブラの位置。
図内のBUJUMBURAと書かれている場所。
座標 : 南緯3度23分0秒 東経29度22分0秒 / 南緯3.38333度 東経29.36667度 / -3.38333; 29.36667
歴史
建設 1871年
改名 1962年
旧名 ウスンブラ(Usumbura)
行政
ブルンジの旗 ブルンジ
  ブジュンブラ・メリー県
 市 ブジュンブラ
地理
面積  
  市域 86.54 km2
標高 774 m
人口
人口 (2010年現在)
  市域 521,316人
    人口密度   6024人/km2
  備考 推計
その他
等時帯 中央アフリカ時間 (UTC+2)
夏時間 なし
公式ウェブサイト : http://www.mairiebujumbura.gov.bi/

ブジュンブラBujumbura)は、タンガニーカ湖の北東岸に面したブルンジの都市。

都市の規模[編集]

ブジュンブラの市街地。
バスターミナルの様子。

ブルンジの独立以降、ブジュンブラは長らく首都であったが、2019年1月16日にギテガへ遷都された[1]。一方で、2019年2月4日に、ブルンジにおける「経済の首都」に定められた[2]。ブルンジ最大の都市で、人口は497,166人(2008年国勢調査)、521,316人(2010年推計)を数えた[3]。人口増加率が非常に高く、1990年に実施された前回の国勢調査と比較すると、2008年の国勢調査では年率+4.24パーセントの増加であり、国内では最も高かった[4]。今後も高い増加率を維持し続けるだろうと推定されており、2050年には1,251,636人に達すると予測されている[5]

産業[編集]

ブジュンブラ国際空港が開港され、また、タンガニーカ湖を利用した航路も開設されている。

ブジュンブラの主な工業製品は、セメント石鹸である。

ただブルンジ自体は、コーヒー豆と紅茶の輸出が主要産業である。

歴史[編集]

ドイツによる植民地化以前は小さな村だったが、ドイツ領東アフリカの軍事拠点となって以降、急速に発展した。

第一次世界大戦後は、ベルギールアンダ=ウルンディの首都とされた。ウスンブラという名称だったが、1962年ブルンジ王国が独立したのと同時に、市名がブジュンブラに変えられた。1966年には政治体制が共和制に変わった。しかし少数派のツチ族による、フツ族への支配に不満が噴出し、1972年には大規模なフツ族による反乱で、報復の連鎖に陥った。クーデターも繰り返されてきた。1993年にはフツ族出身の大統領を、ツチ族が殺害して内戦に陥った。1994年にも大統領が殺害され、さらにルワンダ内戦の影響で、北方のルワンダからフツ族の難民が流入し、さらに両者は対立していった。1996年に発生したツチ族によるクーデターで、ツチ族出身の軍人が大統領に就任した。ひとまず2000年に和平協定が結ばれ、2001年にツチ族とフツ族の暫定政府が発足した。ただブルンジでの内戦が終結したのは2006年であった。

2019年にブルンジでは遷都が実施され、ブジュンブラは首都ではなくなった[1]

地勢[編集]

ブジュンブラ付近は標高800 m近い場所だが、アフリカ大地溝帯の直上でもあり、時折、地震も発生する。

気候[編集]

ケッペンの気候区分でブジュンブラ付近の気候は、サバナ気候(Aw)に分類される。

ブジュンブラ(1961–1990年、極値1950–1990年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 34.6
(94.3)
35.0
(95)
34.0
(93.2)
35.0
(95)
32.0
(89.6)
32.0
(89.6)
33.0
(91.4)
33.0
(91.4)
33.8
(92.8)
34.3
(93.7)
33.8
(92.8)
34.8
(94.6)
35.0
(95)
平均最高気温 °C°F 29.1
(84.4)
29.7
(85.5)
29.3
(84.7)
29.2
(84.6)
29.9
(85.8)
29.9
(85.8)
29.2
(84.6)
30.0
(86)
30.9
(87.6)
30.1
(86.2)
29.1
(84.4)
28.9
(84)
29.6
(85.3)
日平均気温 °C°F 23.8
(74.8)
23.8
(74.8)
23.7
(74.7)
23.9
(75)
23.9
(75)
23.3
(73.9)
22.9
(73.2)
24.0
(75.2)
24.7
(76.5)
24.6
(76.3)
23.4
(74.1)
23.6
(74.5)
23.8
(74.8)
平均最低気温 °C°F 19.2
(66.6)
19.3
(66.7)
19.3
(66.7)
19.6
(67.3)
19.1
(66.4)
17.6
(63.7)
17.2
(63)
17.4
(63.3)
18.6
(65.5)
19.1
(66.4)
19.1
(66.4)
19.1
(66.4)
18.7
(65.7)
最低気温記録 °C°F 14.0
(57.2)
15.4
(59.7)
14.7
(58.5)
15.1
(59.2)
16.2
(61.2)
13.9
(57)
11.8
(53.2)
13.0
(55.4)
14.3
(57.7)
14.0
(57.2)
15.9
(60.6)
15.0
(59)
11.8
(53.2)
雨量 mm (inch) 100.3
(3.949)
85.7
(3.374)
117.5
(4.626)
111.9
(4.406)
56.6
(2.228)
8.9
(0.35)
2.7
(0.106)
13.4
(0.528)
33.0
(1.299)
59.0
(2.323)
97.1
(3.823)
99.6
(3.921)
785.7
(30.933)
平均降雨日数 (≥0.1 mm) 16 19 18 18 10 2 1 2 8 15 19 19 147
湿度 77 75 78 79 76 67 63 60 62 68 76 77 72
平均月間日照時間 167.4 158.2 176.7 165.0 210.8 255.0 272.8 251.1 213.0 189.1 150.0 164.3 2,373.4
平均日照時間 5.4 5.6 5.7 5.5 6.8 8.5 8.8 8.1 7.1 6.1 5.0 5.3 6.5
出典1:World Meteorological Organization[6]
出典2:Deutscher Wetterdienst (mean temperatures 1950–1990, humidity 1953–1990, and sun 1951–1990)[7]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “Burundi to change its capital city”. BBC World News. (2019年). https://www.bbc.com/news/topics/ce1qrvlel07t/burundi 2019年3月29日閲覧。 
  2. ^ Promulgation le 4 février 2019 de la loi – Gitega, Capital du Burundi”. Burundi AGnews (2019年2月5日). 2019年3月29日閲覧。
  3. ^ Burundi/Administrative units”. geohive. 2017年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月29日閲覧。
  4. ^ Republic of Burundi (html)”. Citypopulation.de (2018年8月6日). 2019年3月29日閲覧。
  5. ^ Projections Provinciales Reajustees (pdf)”. isteebu.bi. 2019年3月29日閲覧。
  6. ^ World Weather Information Service - Bujumbura (html)”. World Meteorological Organization. 2016年1月23日閲覧。
  7. ^ Klimatafel von Bujumbura (Usambara) / Burundi (pdf)” (German). Baseline climate means (1961-1990) from stations all over the world. Deutscher Wetterdienst (2010年8月). 2018年12月19日閲覧。